Skitterphoto / Pixabay

 

いよいよ彼との結婚が決まって、

彼の親への挨拶の日。

 

これから長いお付き合いになる

彼の親には、

好印象を持って

もらいたいですよね。

 

しかし好印象を

持ってもらうためには

どうしたらいいのか

 

戸惑ってしまう方も

いるでしょう。

 

そこでこの記事では、

彼の両親に結婚の挨拶に

伺う時のマナーや、

 

出来ればやめておいた方が

いい言葉遣いなども

合わせてご紹介していきたいと思います。

 

これを読めばきっと安心して、

彼の両親に

挨拶に行くことが出来るでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

結婚挨拶で失敗しない言葉と訪問時のマナー

 

kalhh / Pixabay

 

彼の両親の実家に

到着したらまず玄関で、

軽く自己紹介を

しておくのがベストです。

 

名前や年齢、職業、

出身地など本当に軽い

挨拶で大丈夫です。

 

このタイミングで

時間を作ってくれたことへの

感謝の意を述べると、

尚いいでしょう。

 

正直言うとここで女性への

第一印象が決まると

言っても過言ではありません。

 

かしこまって無理に

難しい言葉は使わなくても

構わないので、

 

「です」「ます」調をしっかり

言えていればいいかと思います。

 

また何度か

彼の両親に会っている場合で、

 

フランクな関係を築いていたとしても

結婚は一生に何度も

訪れる機会ではありません。

 

出来れば

お久しぶりです。

今日は改めて

よろしくお願いいたします。

 

くらいの言葉は

言えるようにした方がいいですね。

 

彼の親の目をしっかりと見て

笑顔ではきはきと

受け答えするように

心がけましょう。

 

家の中に入るときは必ず

「失礼します」もしくは

「お邪魔します」という

一言があると、

 

きちんとした子だなという印象を

持ってもらいやすいです。

 

全員が座って改めて

挨拶と自己紹介をします。

 

恐らく結婚の報告は

男性側から改めて両親に

切り出すかと思うので、

 

その際には女性も自分の

言葉で挨拶するといいでしょう。

 

そこに彼への気持ちだったり、

彼との将来、

どういう家庭を築いていきたいのかを

 

自分の言葉で

述べて真心を込めて

伝えるようにします。

 

緊張しちゃって

無理そうだなという方は、

 

事前に考えて当日に

スムーズに伝えられるよう

こっそり練習するのがおすすめです。

 

家庭によってはお酒を勧められたり、

話が盛り上がり

ついつい素の自分になってしまう

なんてこともあります。

 

もちろん素の自分を

理解してもらえる

優しい両親もいますが、

 

あくまでも結婚の挨拶なので

くれぐれも失礼な

態度や言葉遣いには

注意しましょう。

 

 


スポンサーリンク


 

 

結婚の報告や自己紹介などに知っておくべき文例20選!!

 

takazart / Pixabay

 

どんな結婚の報告や

自己紹介の仕方なら、

いい印象を持ってくれるのか。

 

20選調べてみたので、

困ったときは

是非使ってみて下さい。

 

まずは結婚の報告シーンからです。

 

・〇〇さんと

お付き合いさせていただいている

△△です。

 

本日は貴重なお時間を

ありがとうございます。

よろしくお願いいたします。

 

・〇〇さんと

お付き合いさせていただいています

△△です。

 

今日はあらためて

結婚のご挨拶でお伺いさせて

いただいていただきました。

 

よろしくお願いいたします。

 

・〇〇さんと

お付き合いをさせていただいている

△△と申します。

 

まだまだ未熟な私ではありますが、

〇〇さんと力を合わせて

温かな家庭を築いていけたらなと思って

おります。

 

・〇〇さんと結婚をしたら、

幸せな家庭を築けると思います。

 

どうか私たちの結婚を

認めていただきたく今日は

お伺いに参りました。

 

・〇〇さんと結婚を

前提にお付き合いをさせて

いただいていた△△です。

 

今日はあらためて

正式な結婚のご挨拶として、

参りました。

 

よろしくお願いいたします。

 

などが挙げられます。

 

続いて自己紹介編です。

 

・〇〇と申します。

~歳で~の仕事をしております。

 

毎日が忙しいですが、

〇〇さんといるととても

安らかな気持ちになり

落ち着きます。

 

・〇〇と申します。

△△さんとは~で出会い、

付き合って~年の

歳月が経ちました。

 

とても素敵な毎日で、

とても充実した~年を

過ごすことが出来ました。

 

・〇〇です。

地元は~です。

 

~と言ったら~が有名で、

是非今度遊びに

いらして下さい。

 

・緑が多くてとても

気持ちのいい場所ですね。

 

自然に囲まれて育った

△△さんがとても羨ましいです。

 

・いつも△△さんから

お二人のことを聞いていて、

今日はお会いできるのを

とても楽しみにしていました。

 

お会いできて本当に嬉しいです。

 

・△△さんはよく地元の話をされるので、

一度来てみたいなと

思っておりました。

今日は来れて嬉しいです。

 

・趣味は~で、

今でも~をしています。

 

趣味に没頭しすぎないように

気をつけます!

 

・彼の印象は最初~だったのですが、

話してみて

とてもお優しい方なのだと

思いました。

 

・私は彼の~というところに

強く惹かれました。

 

私もそういうところを

見習わなければなと思います。

 

・好きな食べ物やお酒は~です。

お酒とかは飲まれますか?

 

・△△さんのご両親は

~が好きだと伺っております。

私も好きなんですよ。

 

よろしかったらそのお話を

もっとお聞きしたいです。

 

・△△さんの小さい頃の

エピソードとか気になります。

教えていただけないでしょうか。

 

またもしかしたら妊娠を

されている場合も考えられます。

 

そういったケースは

こういう言い方をすると、

好印象を持ってくれますよ。

 

・驚かせてしまって

大変申し訳ございません。

 

ただ△△さんとは結婚を前提に

お付き合いさせていただいて

おりました。

 

・この度は結婚と同時に

新しい命を授かりました。

 

順番が逆になってしまい、

申し訳ないですが二人で力を

合わせて頑張って

育てていきたいので、

 

応援して

いただけると嬉しいです。

 

・この度は妊娠・結婚の

ご報告が重なってしまい、

とてもびっくりされましたよね。

 

しかし△△さんとは

たくさん話し合い、~な家庭を

築いていきたいという思いが

 

一致しているのでご心配

なさらないでください。

 

大事なのは自分のことを

あまり喋りすぎないことです。

 

もちろん彼の親から質問が

飛んで来たら、上手く

言葉のキャッチボールを

 

交わさなければなりませんが

彼の親への質問も

忘れないで下さい。

 

相手の親への興味を持つことも

大事ですし、彼を立てる

ことも必要です。

 

一歩引いた答えこそ、

彼の両親が好印象を持つ近道

なのかもしれませんね。

 

まとめ

 

Takmeomeo / Pixabay

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は彼の親への結婚の挨拶の

マナーや言葉遣い、

例文を20選紹介していきました。

 

いざその時になってみると

緊張してしまって上手く

離せないことも多いのですが、

 

どんな質問でも

答えられるようにあらかじめ

用意しておくといいかも

しれません。

 

また相手の親へ

失礼のないよう、

リサーチしておく

ことも大事です。

 

結婚の挨拶が

上手くいくことを

祈っております。

 

 


スポンサーリンク