会話力の本ってたくさん、ありますね!

 

ランキングはネットで検索したら
たくさん出てますね。

 

いったいどの本がいいんだろう?

で、選ぶなら、ランキングに
出ている本が一番!

というわけで今回は、ランキングに出ている本

(というのはありきたりなので) ランキングに出てないけど
すごく役だつ本を5冊紹介 しちゃいましょ。

 
 
スポンサーリンク

 

 

 

会話力を鍛える誰も教えてくれないランキングに出てこない最高に役だつ本たち

 

 

話し方の本ってすごくたくさん出ています。

 

有名なのは

誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール

という本。

 

みんなが読んでる本だからんでみたらどうでしょう。

 

そして、

今回はこういうベストセラーの紹介ではなくて

誰も紹介していない本を紹介していきましょう。

 

しかも、会話力を上げるための

最高に面白くて

最高に役にたって

おまけに健康にも最高にいい!!

 

という本を紹介していきますね。

 

たくさんありすぎてどれを読んだらいいのでしょう。

 

読んだとしても

似たり寄ったりで読んで満足して終わり。

会話力を鍛えるどころじゃないわー って

 

感じですよね~

 

なお、今回紹介する本は
アマゾンで買うのがおトクです。

 

こういう本は中古で十分だし
(中古本が気にならないという方向けですけど)

2000円以上買えば送料無料だし、

2000円以上にならなくても
250円前後の送料で購入できるのですから。

 

あとは、ブックオフとかで
探してみましょう。 あればラッキーですよね~

 

会話力を鍛える本

 

それでは早速紹介しますね。

 

なぜ占い師は信用されるのか

 

いきなり、すごいタイトルの本です。
これは、占い師が使うトークの技を伝授してくれる本です。

 

占いってよく当たりますよね。

でも、それにはトークの仕掛けがあったんです。

 

まさに読むだけでも面白いです。

あーそうだったのねー
なるほど当たるはずだわね。

(というか、当たるという表現が違うことに気がつく…

 

具体的に、例も使って、丁寧に教えてくれています。

 

いわゆるコールドリーディング
という心理学を使った会話の方法を図解で説明してくれています。

 

コールドリーディングを知らない人向きかもしれませんね。

もし、知らなかったらこの本に紹介されていることをどれか一つ身につけるだけでも 結構、会話力を鍛えることになるかもですよ。

 

ウケる!技術

この本は最高に面白いです。 著者は、水野啓也さんと他2名で
書いた本。

 

水野さんといえば、
夢をかなえるゾウ とか
LOVE理論 とか
ドラマにもなった スパルタ婚活塾 とか、

 

なかなか笑えるし

実際に役だつ?コンテンツが

山盛りの本

を出していらっしゃるという人

 

この品は何が面白いかって、
本の中にある
写真がすごく面白いんです。

 

シャレの聞いたシュールな笑いを誘いますよー(ここで紹介できないのが残念)

 

中身はというと、

これを実際身につけたら会話力が最高に高くなるだろうなぁあって思わせる本です。

 

しっかりとトレーニングする前提でも書かれていますし、

 

トーク例がまた、最高!!
(人によって好き嫌いがあるかも)
(だから中古の安い本で十分じゃないかと思います)

 

例えば

外人化のすすめ

 

いつもの自分ではなく、自分が日本語片言しかしゃべれない外国人になったつもりで
話してみるとかね。

 

会話力をあげる観点の発想がとっても素晴らしいと思います。

 

強運を呼び込むツキまくりの法則

 

 

本のタイトルからして、

会話力とは関係ないんじゃない? って感じ

 

でも、この本の中で紹介されているトーク例はなるほどと思えるものばかり。

著者は桑原正守という方。

 

セールスマンとして、いかにモノを売っていくかという点では、
すごい実力を持っている人。

 

桑原正守さん自身がセールスマンとして苦労していた時のエピソードを通して 怒涛のセールス会話トークを紹介した本です。

 

例えば、新聞購読の勧誘。

 

あれ、絶対断りますでしょ。

それをどうやってOKもらったかとか。

 

この本は具体的な会話のテクニック というよりは、

話の角度を変えるとこうも違うものか ということを教えてくれる本です。

 

そして、営業の仕事をしているのであれば
本当に役だつことが書いてあります。

 


スポンサーリンク


ウケる!発想術

 

中島孝志という人が書いた本です。

実は、ブックオフで見つけた本。

 

この本には発想するためのヒントがたくさん出ています。

 

会話といっても、相手の言葉にどう反応して、発展させるかが一つのコツともいえますよね。

 

その意味では 発想力 がとっても大事。

 

面白い発想をして話がひろがっていけば

それこそ

 

会話力がグーン
伸びますよね。

 

で、この本にはたくさんの発想術が紹介されています。

 

その中で私が気に入っているのが

 

オズボーンの9つのチェックリスト 発想するための9つのヒント。

 

  • ほかに使い道はないか
  • 真似できないか
  • 変えてみたら?
  • 大きくしたら?
  • 小さくしたら?
  • 他のもので代用できない?
  • チェンジしたらどう?
  • 逆にしたら?
  • 合わせたら?

 

というもの。

 

この項目だけじゃピントこないでしょう。

 

特に変えるとかチェンジとか代用とかって一緒の意味に聞こえるし。 だけど、

 

大きくしたら?

小さくしたら?

逆にしたら?

 

なんか使い道ないかなぁ

とかっていうのは、なかなか面白そうでしょ。

 

会話の中でも、 それって、逆に言えばねぇ…
なんてよくありますよね。

 

このオズボーンのチェックリストの中でできそうなものを
何か一つ決めて 普段からちょっとだけ練習してみる というのはどうですか~

 

番外編

 

あいうべ体操の本

 

実は、これ免疫を高めて健康になろうっていう本。

 

会話力とは直接関係ないんだけど絶対役にたつ! と思います。

 

会話に必要なのはもちろん、言葉。

でも、それ以上に大事なのは 表情

だって相手も表情みてますよね。

 

もっと大事なのは心だけどそれはちょっと置いといてと。

にこやかな表情で話をすれば会話はより弾みそう。

その \(^o^)/ にこやか表情を作るのに必要

 

なのが、 顔の表情筋を鍛える!こと。

 

よく口角を上げる!っていいますよね。

その運動に丁度いいのが、 あいうべ体操

おまけに、免疫力が高まっていろんな体の不調改善に役だつ可能性が高いってもの。

 

一石二鳥って言葉知ってます?

とにかく、 思いっきり口をあけて

 

あ~~~~
い~~~~
う~~~~
べぇ~~~~(ベロをべぇって出す!)

 

この体操を1日30回を2,3回3ヶ月やるんだそうです。

本を買うヒマがないって?
そしたら、こちらのサイト あいうべ体操のブログをみてね。

 

正しいやり方を勉強しましょ。

 

まとめ

 

そういうわけで、
今回は、会話力をアップするための

ランキングに出てないけど
ほんとにオススメ本の紹介でした。

 

会話力アップをネタにした本って
たくさんあって、 どれがいいのかホントにわからない
ですよね。

 

 

本って読んだだけなら何にもならないので

(特にこの手の実践解説ホンは)

 

何かひとつ

これやってみようって
ことでやってみるのが 一番!

 

私が特にオススメなのは あいうべ体操。

 

意外なたくさんの良いことが待っているみたいですよ。

 

それでは、会話力アップで
楽しい会話を楽しんでね。


スポンサーリンク