急な発熱や嘔吐下痢
会社を何日か休まないといけないことってありますよね。

 

インフルエンザなどのウイルス性の病気だと
感染する期間は自宅療養が基本なので1週間も休むことに

 

体調不良でやむを得ず休んでいるんです。

 

悪いことをしているでもないのに
休みすぎた後はとっても会社に行きづらい

 

ずる休みだと思われてないかなとか
つい余計な心配をして会社に行く足取りも重くなりがち

 

でも、病欠明けはあえて
いつもより早めに出社するほうがおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

仕事が忙しい時期!体調不良で休みすぎて行きづらいときの対処法

 

 

調不良でやむを得ず休んでいても
病欠明けの出社って気まずいですよね。

 

「忙しい時期だったのに迷惑かけただろうな」
「ずる休みとか思われてないかな」

 

いろいろ考えてしまうと
もう一日休んじゃおうかなと思うくらい

 

休んだ日数が長いほど増していく気まずさ
会社に行くのがすごく気が重いです。

 

そんな休みすぎて会社に行きづらいときの対処法

 

 

休みすぎたあとは、いつもより早めに出社する!

 

長く休むと仕事がたまってしまっていますね。
忙しい時期に休むとなおさらです。

 

なので、朝早めに行ってたまった仕事を片付けはじめましょう。

 

「長く休んでみんなに迷惑をかけてしまった」
「休んでいる間も仕事のことが気になって仕方なかった」

 

そんな気持ちを行動で伝えることができます。

 

あと、大事なのは感謝の言葉

 

出社してくる上司や同僚ひとりひとりに挨拶をします。

急に休んで迷惑をかけてしまった上司への「すみませんでした」
代わりに仕事を引き受けてくれた同僚への「ありがとうございました」

 

言葉にすることはとっても大切ですよね。

 

体調不良は誰にでも起こることなのでお互いさまです。

 

病欠明けもがんばって仕事をしようという
気持ちが伝えられたら嫌な印象をもつ上司や同僚はいないはず

 

病欠明けに気まずいなと思うのは
長くても昼休みくらいまでじゃないかな

 

それでも気まずくて気になる人は
お詫びのお菓子を差し入れするのもおすすめ

 

でも、持っていくのは後日にしましょう。
病欠している日に買い物に行くのは良くありませんから

 

 


スポンサーリンク


 

 

ずる休みだと思われたくない!休み癖の頻度ってどのくらい?

 

インフルエンザなどのウイルス性の病気でない場合
ずる休みと思われないかなって心配になることありませんか?

 

どれくらい休んだらずる休みって思われるのか
年に何日くらい休んでも大丈夫なのか、気になります。

 

では、休み癖の頻度ってどのくらいなんでしょう?

 

 

一般的には月に1回休むと多いと感じるようです。

 

有給休暇とか申請してお休みする場合は別として
私なら体調不良で休むのは年に1、2回くらいかな。

本当に体調が悪いのに
ずる休みって思われるのは嫌ですよね。

急な発熱や吐き気で休みたい

 

そんな、休みの連絡を会社にするときに使うと
ずる休みと思われるかもしれない言葉があります。

 

その言葉は、「ちょっと」です

 

「すみません。ちょっと熱があって休ませてください」

口癖になってしまっているとつい使ってしまう言葉ですよね。

 

この「ちょっと」が口癖になっている人には
本音を言いたくないって人が多いらしいです。

この本音を言いたくないっていう人には2つのタイプがあります。

 

人に気を遣って本音を言えないタイプと
本音を隠して上手く世渡りするタイプ

 

「ちょっと」って言葉をつけると柔らかい感じがします。

 

だから、人に気を遣ったり、
話すのが苦手だったりする人は使いがちになるみたい

 

でも、後者の本音を隠してるって印象になると
嘘をついてると思われてしまいます。

 

そんな不安をなくすためにも、休みの連絡を入れるときは
「ちょっと」は使わないようした方がいいですね。

 

 

普段からの上司や同僚との付き合い方や仕事への向きあい方

 

 

間関係ができていたら、使った言葉の影響は
気にすることもないような気がします。

 

でも、体調が悪くて気弱になっているときは
いろんなことが気になってしまうものです。

 

心配事はなくして、ゆっくり休む

 

早く体調が良くなって仕事に戻れるといいですね。

 

まとめ

 

 

調が悪いとなぜか考えることも
マイナス思考になりがちですよね

 

仕事がたまってみんなに迷惑かけてないかな
急に休んで上司や同僚が怒っていないかな

 

体調悪くて休んでいても頭の中でぐるぐる
全然気持ちが休まらないです。

 

でも、自分で思っているよりも周りの人は
休んだとこなんて何とも思っていないことが多いもの

 

普段のがんばりは伝わっているはず…

 

もっと自信をもって病欠明けも
気まずさに負けずにお仕事がんばりたいです。

 


スポンサーリンク