先日友人の娘さんが

結婚式をされました。

 

その披露宴で鏡開きをして

とても盛り上がった

というお話を聞き、

少し気になったのです。

 

我が家にも年頃の娘がいるので、

情報はいろいろ仕入れて

おかないといけません!

 

そこで、披露宴での

鏡開きについて調べてみました。

 

鏡開きを行うときの

タイミングや一通りの流れ、

費用などをわかりやすく説明しますね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

披露宴で鏡開き!乾杯前?お色直し後?いつが正解?

 

belle17kaori / Pixabay

 

鏡開きは、もともとは

「天下泰平」や「祈願成就」

などの意味がありました。

 

お酒は「栄える」という

言葉に繋がり縁起の良いもの

とされていたので、

 

お祝いごとにも

よく行われるようになり、

 

最近では、

鏡開きを行う披露宴も

少なくありません。

 

特に和装の披露宴では、

喜ばれているようです。

 

鏡開きをどのタイミングで行うかは、

決まっておりません。

 

たいていは、

乾杯の前・ケーキカットの代わり

・お色直し後の余興

というタイミングです。

 

乾杯の前なら、

乾杯の音頭を取っていただく方とは別に

 

鏡開きの音頭を取っていただく方

(司会者が多いです)を

決めておきましょう。

 

ケーキカットの代わりに

鏡割りをすることも多いようですが、

 

洋装から和装への

お色直しをされるなら、

 

お色直し後の余興として

鏡割りをすると

盛り上がるようです。

 

もちろん洋装でも

鏡割りはしますが、

和装のほうが

ぐっと引き立ちますね。

 

お色直し後の

キャンドルサービスの代わりに、

 

各テーブルにセットされた

ミニ樽を新郎新婦が割りながら

ごあいさつに回る

という演出もいいですよ!

 

このように披露宴の

衣装や進行の流れによって、

 

鏡割りを行う

タイミングは様々です。

 

どれが正解や間違いなどはありませんので、

列席者の方々が

喜んでくださる方法を

考えてみてください。

<p> </p>

 


スポンサーリンク


 

 

鏡開きをする時のポイント!

 

Sefgrt / Pixabay

 

鏡開きには、

決まった作法が

あるわけではありませんが、

 

一般的な方法は

以下のような流れになっています。

 

1.司会者の掛け声

(「せーの!」「おめでとうございます!」など)

 

に合わせて新郎新婦が

樽のフタを割ります。

 

樽を割る人数は

新郎新婦以外の列席者が

加わることもあります。

 

2.樽のお酒を新郎新婦が

一合升に注いで列席者に配ります

 

お酒を列席者に配るのには、

時間がかかりすぎてしまいますので、

 

スタッフにお願いしたり、

引き出物の中に

 

小さな樽酒や鏡開きに使用した

お酒と同じ銘柄の日本酒を

加えておいてもいいでしょう。

 

他に注意するポイントとして

いくつかあげておきましょう。

 

*新郎新婦以外に

樽を割る人がいるなら

あらかじめ決めておく

 

一緒に樽を割る人は、

両家の親族などになりますが、

 

あまり多いと

列席者に樽を割る場面が見えないので

 

新郎新婦を含めて

6人くらいまでにしましょう。

 

*樽のフタは

割れやすいように細工をしておく

鏡開きをするときには、

 

中身のお酒が

飛び散って衣装についても

大変ですので、

 

軽くフタを

叩くだけで開くように、

 

あらかじめ

割っておきましょう。

 

*樽の大きさは、

写真映えを考えて

2斗樽か4斗樽にする

 

人数があまり多くなくても

上げ底タイプのものにしておけば

中身のお酒の量は調節できます。

 

ちなみに、

2斗樽+お酒1升で5~6万円前後、

 

3斗樽+お酒1升で6~8万円前後が

目安です。

 

鏡開き全体の費用は、

10~15万円くらいが一般的です。

 

オプションで鏡開きを頼める式場なら、

いろいろなプランがある

と思いますので、

 

お二人で楽しく

検討してみてくださいね。

 

 

まとめ

 

Olessya / Pixabay

 

今回は披露宴の鏡開き

について紹介しました。

 

一般的に行われているものや

口コミで好評だった方法などを

参考にお話しましたが、

 

披露宴は結婚式と同様に

新郎新婦お二人を

お祝いするための宴です。

 

タイミングも鏡開きの行い方も

お二人が話し合って

やりたい方法で行えば

一番いいと私は思います。

 

実は、私の結婚式や披露宴のとき、

口うるさい親戚のおばさま方が

口を出してきて

 

日にちの変更をせざるをえない

という苦い思い出があります。

 

そのせいで私の友人が

2人も出席できなくなりました。

 

誰の結婚式?

と悲しくなりました・・・・。

 

なんだか愚痴っぽく

なっちゃいましたねm(__)m

 

結婚式も披露宴も主役のお二人が、

列席者の皆様に

お二人の晴れ姿を披露して

 

皆様に感謝の心を

伝えるためのものです。

 

皆さんに楽しんでいただく余興として

鏡開きの演出をお二人で考えたなら、

 

それはどんなタイミングでも

いいと思いますよ。

 

どうぞお二人の心が見えるお式と

披露宴にしてくださいね。


スポンサーリンク