毎年、暖かくなってくると出てくる辛い症状。

鼻水、くしゃみ、目のかゆみ…

花粉症をお持ちの方はマスクが手放せませんね。

 

メイクも崩れるし、

ずっとしているのもなんだか気が引ける。

 

マスク以外で花粉症対策をとれるなら試してみたい、

そんな方のために今回はマスク以外で効果的な

花粉症対策をまとめていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

花粉症対策にマスク以外で効果的なお役立ちグッズ5選

 

 

花粉症にかかっている人は年々増加しています。

そのため対策グッズも種類が増えてきています。

 

・花粉症対策メガネ

花粉症でつらいのが目のかゆみ。

目をごしごしこするのも目に悪い気がしますし、

ノーメイクで仕事に行くわけにもいかないですよね。

 

そこで、花粉症対策メガネの登場です。

ゴーグルのように目元の隙間をなくしているメガネです。

 

これで花粉が目に入ることを少なくできます。

普段あまり目に見えないだけで、花粉はかなり飛んでいます。

それを抑えることができて、

さらにUVカット効果のあるものもあります。

 

前から見ると普通のメガネとほとんど変わらなくて、

デザイン性もばっちりです。

 

今では色んなメーカーから出ているので、

仕事用、おしゃれ用など分けてもっていても

いいかもしれません。

 

・鼻洗浄

鼻をうがいするための商品です。

専用の洗浄液を鼻から入れて花粉や

アレルギーの原因を洗い流します。

 

 

専用の洗浄液は、体液に近い成分で

作られているため、水が鼻に入った時のようには

痛くないのだそうです。

 

すっきりできると口コミでは人気で、

アレルギー源の溜まりやすい鼻の上側まで

しっかり洗浄できます。

 

・ノーズマスクピット

鼻に直接フィルターのようなものを挿入するタイプです。

マスクだと息苦しい、表情が分かりづらいなどの欠点を

解消してくれるアイテムです。

 

二つのフィルターをつないでいる部分は透明で、

ほとんどわかりません。

また、挿入しても痛みもなく過ごせる鼻用のマスクです。

 

・塗るマスク

鼻の周りに塗り、イオンの力で花粉を寄せ付けない

というものです。

 

プラスの電気を帯びた膜を張り、

外からくるプラスのものははねのけ、

マイナスのものは吸着して鼻の中に入らないようにする

という仕組みです。

 

塗るだけなので簡単ですし、メイクもできる優れものです。

 

・花粉ブロックスプレー

花粉を衣服や肌につけないようにするスプレーです。

静電気が発生すると、その静電気に花粉はくっついてしまいます。

 

冬場は特に、ニットやコートなどで静電気が起きてしまいますよね。

この静電気を発生しにくくして、寄せ付けないようにするものです。

 

化粧品メーカーからは肌にスプレーできるものもでています。

 

 


スポンサーリンク


 

 

年明けから始める人も!花粉症対策は早め早めが肝心!

 

 

日本は細長い形をしているので、気候にも差があり、

花粉の飛ぶ時期は、地域によってばらつきがあります。

 

主な花粉症の原因の植物は、スギですが、

スギは関東以南では1月にも飛んでいます。

 

多くなってくるのは2月、

それ以降5月ごろまで花粉の影響が大きくなります。

 

本格的に花粉症の症状が出てくる前に、

対策をとっておきたいですよね。

 

日常的に取り入れられるものでは食事があります。

特に注目したいのがポリフェノールとヨーグルトです。

 

アレルギーを引き起こすヒスタミンという物質の分泌を抑える働きがある
のがポリフェノールです。

 

また、アレルギー反応で炎症が起きると、

活性酸素が発生します。

 

ポリフェノールにはこの活性酸素にも効く

抗酸化作用があり、花粉症の症状を和らげてくれます。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内環境を整えて、

免疫力を高められます。

 

昔の人は花粉症などのアレルギーがあまりないといいます。

食の欧米化が進み、インスタント食品の普及などで

本来の日本人の体内環境が変わってきた、

 

というのがアレルギーの増加に繋がっているのかもしれません。

 

体質を改善する、というのが一番の目的なので、

花粉症の症状が出始める前から意識的に

食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

 

花粉症の人にとってはつらいシーズンがやってきます。

花粉をよせつけない対策をとるとともに、

自分の体内の環境を整えて、
アレルギーに負けない体を作ってみましょう。

スポンサーリンク