tookapic / Pixabay

 

家事・育児・仕事のすべてを

一人でこなすワンオペ育児。

 

夫が育児や家事を

全くしてくれないために

妻がワンオペ育児に

ならざるを得ない状況が続き、

 

疲れ切っているお母さんは

少なくありません。

 

今まさに、

疲労困憊のあなたのために

育児に協力しない夫への

対処方法を紹介します。

 

悩んでいるのは

あなただけではありませんから、

どうか気分をゆったりとして、

少しだけ時間をくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

育児に協力してくれない旦那の特徴

 

PanJoyCZ / Pixabay

 

「ワンオペ」とは、

「ワンオペレーション」を省略した言葉で、

 

コンビニやファストフード店などでの

一人勤務という過酷な状況を表す言葉です。

 

何もかも一人で

しなければならないというのは、

大変なことです。

 

ましてや育児ともなると、

思いもかけないことばかりが

起こります。

 

特に初めての育児なら、

わからないことだらけで

とても母親一人では

こなせきれるものではありません。

 

どうして夫は、

協力しないのでしょうか。

育児や家事に協力しない夫は、

 

・仕事が忙しくて、

協力する暇がないと

思いこんでいる

 

・育児は母親が

するものだと思っている

 

・もともと自分の身の回りのことを

あまり進んでしない

 

・自分の時間を

とても大切にしている

 

このようなタイプに

当てはまる人が多いようです。

もちろん例外はありますが。

 

一番大きいのは、

やはり育児や家事は

妻が主となってするものだ

 

という考えを

未だ持っている人が

いるためかもしれません。

 

でも、家庭は2人で築くものです。

 

どちらかが大きな負担を強いられたり、

我慢をしているというのは、

健全ではありません。

 

あなたが今、

健全な状態ではないと

悩んでいるのでしたら、

 

少しでも良い状況になるように

しないといけません。

 

では、一体どうすれば

良いのでしょうか。

 

 


スポンサーリンク


 

 

育児に協力しない旦那は操るべし!

 

Seoul-Traveler / Pixabay

 

一般に男性は

プライドが高いものです。

 

ですので、育児に関わらず

何かしてほしい時は、

気遣いながら「お願い」しましょう。

 

そして「ほめる」ことが重要です。

 

普段育児に関わっていないと、

オムツをかえるだけ、

ミルクをあげるだけでも

 

手際が悪く、

見ていると

イライラすることもあります。

 

そこで、あなたが

口や手を出すと、

 

旦那さんはメンツを

つぶされた気分になり

育児に関わることが

嫌になるかもしれません。

 

あなたは旦那さんを

大きな子供と考えて

 

どんな些細なことでも、

やってくれたことに

感謝しましょう。

 

「ありがとう」の言葉は、

魔法の言葉です。

 

あなたが赤ちゃんと

大きな子供(旦那さん)のお母さんです。

 

大きな心と魔法の言葉で、

旦那さんを上手に

教育しちゃいましょう。

 

今はすでに成人した我が家の

二人の子どもの育児は、

私がメインでしたが、

 

いざというときは

父親の存在が大きく、

それぞれの役割分担がで

きていたと思っています。

 

でも始めから

そううまくいきませんでした。

 

初めての子が

生まれてひと月、

 

慣れない育児で

疲れているところに

毎晩の夜泣きには、

 

ほとほとまいっていました。

 

布団の上で子供を

抱っこしてあやしている横で、

夫はいびきをかきながら寝ています。

 

無性に悲しくて、

思わず涙が出てきます。

 

一度泣いてしまうと止まらなくて、

子供と二人大泣きしていると、

夫が起き出してびっくり、

 

めったに泣かない私が

泣いているものですから、

その後、やっと育児への協力を

積極的にしてくれるようになりました。

 

旦那さんの協力が

少しでも増えて来たら、

第二段階です。

 

少しの時間でもいいですので、

旦那さんと子ども、

2人だけの時間を

作ってみてください。

 

あなたは息抜きにショッピングや、

カフェなどに行ってもいいでしょう。

 

そうすることで、

旦那さんも父親としての楽しさが

わかってくるかもしれません。

 

我が家の場合は、

休みの日になると

2人でお散歩に出ていました。

 

朝早く夜遅い仕事だった夫は、

平日には子どもと会うことが

ほとんど無かったために、

 

子どもがあまり

なつきませんでした。

 

でも、散歩をするようになってからは、

仲良しになりましたよ。

 

まとめ

 

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

 

今日は、育児に協力しない夫への

対応についてお話しました。

大事なことをまとめておきましょう。

 

・夫を育児に参加させるときは

控えめに「お願い」する

 

・大げさな感謝の態度を見せる

・「ありがとう」は魔法の言葉

・父親と子どもの時間を作る

 

慣れない育児は、

やってみないとわからない

大変さがいっぱいです。

 

今になって思いますが、

出産し、父・母にはなれても、

すぐに父親・母親にはなれません。

 

赤ちゃんを育てながら、

親も育って行くのです。

 

始めからきちんとした

親になどなれません。

 

あなたも子育てに対して

あまり神経質にならず、

旦那さんにあなたの辛さを

正直にさらけ出してみてください。

 

2人の子どもは二人が

協力して育てるのが当たり前だと、

優しく言ってみてくださいね。

 

 


スポンサーリンク