ホットプレートで

もんじゃ焼きやお好み焼きを

せっかく家庭で楽しんだのに

 

ホットプレートにヘラの傷がついて大ショック!

なんてことありますよね

 

金属製のヘラを使うと

ホットプレートに傷がつくのはわかっているけど、

ついやってしまいます。

 

特に新しく買ったホットプレートに

傷をつけてしまったら

 

やってしまったあ!」って

なりますよね。

 

そこで

ホットプレートに傷をつけない

ヘラは何製がいいの?

 

それぞれのメリット・デメリット

どこで買えるの?

 

を紹介していきますので

是非参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ホットプレートを傷つけないヘラは何の素材がおすすめ?

 

では、

ホットプレートでお好み焼きを焼く時

何製のヘラを使えば、ホットプレートに

傷がつかないのでしょうか?

 

結論から言うと

木製やシリコンのような柔らかい

素材のものを使うといいでしょう。

 

ホットプレートはほとんどが

フッ素加工のため

そこに金属製のヘラを使うと、

傷をつけてしまう原因になります。

 

このフッ素加工は、硬いヘラが

大の苦手で

 

ヘラで擦ることによって

プレートが傷つき、表面の加工が

取れてしまい

使えなくなってしまうこともあります。

 

ですので、

金属製のヘラを

ホットプレートには使わない方がいいです。

 

一方、木製の場合

ホットプレートにほとんど

傷がつかないため、

 

フッ素をはがしてしまう

心配もありません。

 

また木製は、

温度によって先端が

焦げてしまうことも

ありますが

 

溶けることはなく、

口に入れても害はありません。

 

木製は使えば使うほど

味が出てくるので

 

愛用している方も

たくさんいるそうです。

 

シリコン製は

溶けづらく弾力性があるので

使い勝手もよくオススメです。

 

シリコンの弾力性のおかげで

食材が滑りにくく

とても使いやすいと思います。

 

特にフッ素加工のホットプレートに

使う場合

どのヘラよりも傷つけにくいでしょう。

 

ですので、

家庭でホットプレートで

もんじゃ焼きやお好み焼きをするなら

 

木製かシリコン製のものを

使うといいでしょう。

 

 


スポンサーリンク


 

 

木製とシリコン製のデメリットと解決方法

 

両方ともメリットもあれば

デメリットもあります。

 

しかしきちんとしたお手入れを

していれば解決出来ますので

安心してくださいね。

 

まず

木製は長年使うと馴染んできますが

水分を含むことでカビが発生します。

 

もしもカビが発生してしまったら

よく洗い天日干しにして乾燥させましょう。

 

そもそも木製のヘラがかびてしまう

一番の原因は

調理後のつけ置きが原因と言われています。

 

特に木製はつけ置きせずに

使ったらすぐに洗浄し、

 

干しておかないと雑菌が繁殖して

例え値段が張るものでも

すぐにダメになってしまうことが多いです。

 

洗った後

毎回天日干しにする必要はありませんが

カビが気になるなと思ったら

干すようにしましょう。

 

シリコン製のものは使い勝手が

大変いいので何かと重宝する

素材なのですが、

 

食材の臭いが移りやすく

油分が落ちくいです。

 

臭いや油分が気になるときは

重曹を溶かしたお湯に

 

浸したり、煮たりすることで

抑えられます。

 

重曹の使い方はこちらが詳しいですよ

食用で使う重曹の効果を知るための2つの基本ポイント!これで使える

 

それぞれ普段からの

お手入れは必要ですが、

長持ちさせるために

大事な工程だと言えるでしょう。

 

ヘラはどこで買うのがいい?

 

木製やシリコン製のヘラは

100均やホームセンターなどで

買うことが出来ます。

 

もちろん楽天やAmazonなどの

ネット通販でも買えます。

 

 

中にはとってもおしゃれなものも

あるので、いろいろなところに

行って比較してみても

いいかもしれないですね。

 

どこも値段は

リーズナブルなものばかりなので、

1つ持っているといいと思います。

 

まとめ

 

 

お好み焼きはやっぱり鉄のヘラで

焼いて食べるのが醍醐味ですよね。

 

お店でもよくそのような光景を

目にします。

 

やっぱりお好み焼きは

金属製のヘラで食べたい!と

思うかもしれませんが、

 

プレートの傷のことを考えると

金属製は良くないことがわかります。

 

木製やシリコン製はデメリットも

ありますが、

 

ホットプレートとの

相性はとてもいいので

傷をつける心配もありません。

 

きちんとしたお手入れをしていれば

長持ちすること間違いなしです。

 

是非この機会に

自分の気に入ったヘラを

見つけられるといいですね。


スポンサーリンク