Free-Photos / Pixabay

 

飛行機というと

気になるのが

機内持ち込み。

 

あれ?国内線でも

機内持ち込みの液体は

 

袋に入れるんだっけ?と

迷いますよね。

 

同じ飛行機でも

国際線と国内線では

規定が全く違います。

 

国際線への液体の

機内持ち込みは

かなり厳しいですが、

 

国内線はそこまで

厳しくありません。

 

とは言っても国内線でも

機内へ持ち込む規定は

きちんとありますので、

 

確認しておく

必要があります。

 

今回は国内線を

利用する時の

化粧水持ち込み方法を

 

紹介していくので、

事前にチェックして

おきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

国内線での液体で化粧水持ち込みは可?

 

Mareefe / Pixabay

 

国内線の場合は

よほどの危険物でない限り、

 

ある程度の液体物は

機内に持ち込むことが

出来ますが、

 

持ち込み出来る

量はきちんと

決められています。

 

化粧水や乳液などの

「スキンケア用品」は、

 

1個あたり

500mlまたは550g

以下で

 

合計2kgまたは2Lまでしか

持ち込むことが

出来ません。

 

化粧水以外にも

ネイル用品や

 

除菌・消臭効果のある

嗜好品もこれに当てはまります。

 

また、

国際線のように

決められた大きさの袋に

入れたりする必要はありません。

 

X線検査でもカバンから

出す必要はないので、

 

そのままカバンごと

X線に通してしまって

大丈夫です。

 

ですので、業務用の

巨大な化粧水等は持ち込み

制限がかかることもありますが、

 

普通にスーパーや

ドラッグストアで売っている

 

化粧水等は特に問題ないかと

思われます。

 

中には

スプレー式の化粧水を

使っている人も

いるかと思いますが、

 

国内線では機内へ

持ち込むことが出来ます。

 

ただし持ち込む際の

注意点があります。

 

ガスが噴射されたスプレーは、

噴射弁がキャップで

保護されていることと、

 

医療用のスプレーの場合

放射性物質が含まれていない

ことが持ち込む条件となります。

 

スプレーの機内持ち込みの量も、

先ほど書いた液体の量と

同じです。

 

レギュラータイプのものが

大体200ml前後なので、

 

1~2本を機内に持ち込む

ことが出来ます。

 

ちなみに瓶に入っている

化粧水は、

 

スーツケースに入れて

預けると

 

割れたりしてトラブルの

原因となってしまうので、

 

手荷物として持ち込むことを

推奨されています。

 

 


スポンサーリンク


 

 

化粧水をスーツケースに入れて預ける時には

 

Skitterphoto / Pixabay

 

国内線でも

国際線でも化粧水を

スーツケースに入れて

預けても問題はありません。

 

量や個数にも

特にルールは

設けられていません。

 

ですので必要な日数分の

化粧水や乳液を持って行っても

大丈夫です。

 

ですが預け荷物だと

気圧の関係で

化粧水が漏れてしまったり、

 

運搬時の衝撃や圧迫などで

容器が破損したり、

 

ふたが開いて他の荷物を

濡らしてしまったなんて

こともよくあります。

 

航空会社に荷物を

預ける場合でも、

 

荷物の中身は

自己責任だと思います。

 

そういったトラブルを

防ぐためにも、

 

しっかりふたを絞めて

液体容器を念のため

ポリ袋やジップロックに入れ、

 

衝撃に備えるために

柔らかいものを間に

挟むなどの

 

荷物の詰め方を

工夫をするといいかと

思います。

 

飛行機の中の乾燥、気になりますよね。

こちらの記事も是非ご覧ください!

飛行機への加湿器って持ち込みできるの?便利グッズ2選!

 

まとめ

 

JerzyGorecki / Pixabay

 

いかがでしたか?

 

国内線の液体の持ち込みは、

国際線と比べ

 

そこまで厳しくないので、

化粧水などを容器に移し替えて

 

袋に入れる手間がなくなるので

とても楽です。

 

ですが国内線の機内持ち込みも、

一部規定があるので

確認しておきましょう。

 

国内線とはいえ、

一定の量を超えた液体を

持って行ってしまうと

 

スーツケースに入らなかった

場合は、

 

最悪没収になってしまうことも

十分ありえます。

 

またチェックは厳しくないので、

そこまで神経質になる必要は

ありませんが、

 

ルールや規定はよく変わるので

 

その都度利用する航空会社の

HPを見て確認しておいた方が

確実ですよ。

 

楽しい旅行にするには

事前準備をしっかり行うことが

鍵となりそうです。

 

それでは気を付けて

いってらっしゃい~!

 


スポンサーリンク