grisguerra / Pixabay

 

赤ちゃんを連れて乗る飛行機は

いつも以上に不安ですよね。

 

特に授乳が必要な赤ちゃんは

いつ授乳したら良いのか、

 

ミルクの場合は

何を準備したら

良いのか悩むところです。

 

しかし赤ちゃんとの飛行機

だからと心配は無用です。

 

この記事では飛行機内での

赤ちゃんの授乳についてお話

していくので、

 

是非参考にして

みて下さい。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

授乳のタイミングのポイント!

 

AdinaVoicu / Pixabay

 

飛行機で授乳する際のちょうど

いいタイミングってあるの?

 

赤ちゃんが泣いて欲しがる時で

いいのかな?

 

ママはそんな疑問を持つかも

しれません。

 

まず授乳させてほしいタイミングは

飛行機の離着陸時です。

 

離着陸時、

大人でも耳がキーンとなって

痛くなることがありますよね。

 

それは赤ちゃんでも一緒で、

赤ちゃんも

気圧の変化で耳が痛くなります。

 

しかし赤ちゃんは自分で耳抜きを

することが出来ないので、

 

離着陸時に

授乳をしてあげることで

自然と耳抜きが

出来るようになっています。

 

ここでポイントなのが、

搭乗してすぐに

授乳してしまうと

 

いざ離陸する時に

授乳が終わってしまう

ケースもあります。

 

飛行機が動き始めてから

ゆっくり授乳してあげると

 

ちょうどいいタイミングになるかと

思います。

 

着陸時に関しては

着陸する30分前から

高度を下げ始めます。

 

おおよその着陸予定時間を

把握しておき、

 

高度を下げ始めてから

授乳すると

タイミングよく

授乳が出来ます。

 

またミルクの場合ですが、

お湯は機内で

もらうことが出来ます。

 

しかし離着陸時は

乗務員も何かと忙しいので、

 

搭乗する前に熱々のミルクを

予め作っておき

 

乗るまでに冷ましておくと

わざわざ機内で作る手間も省けます。

 

離着陸以外で

赤ちゃんが泣いて欲しがるようなら、

その都度あげるといいと思いますが

 

赤ちゃんが寝ている時は

無理に起こさず

そのまま寝かしておきましょう。

 

 


スポンサーリンク


 

 

飛行機に授乳クッションやケープは準備する?

 

Lars_Nissen_Photoart / Pixabay

 

母乳の場合は

授乳クッションやケープを

用意したらいいのか

 

迷うかと思いますが、

そんな悩みを

ここで解決していきたいと

思います。

 

まず授乳クッションは

割りと大きめのものが多く、

 

エコノミー席だと場所を取り、

隣の人に

迷惑をかけてしまうかもしれません。

 

でも授乳クッションがないと困る・・

という時は機内で

授乳クッションを作る

ことも出来ます。

 

即席なので

いつも使っている授乳クッション

より性能は落ちますが、

 

持って行かないより

ましかと思います。

 

授乳クッションのカバーだけ持ち込み、

搭乗した時に

中身だけ詰めるという方法です。

 

カバーの中に柔らかいもの

(Tシャツや下着、ベビー服や小さい毛布)

なら何でも大丈夫です。

 

その場しのぎですが

それでもあなたの腕や

 

赤ちゃんの眠りを

助けることが出来るので、

 

なかなか優秀な

授乳クッションです。

 

機内で枕を借りられるのが

一番いいですが、

 

借りられないことを

想定してこの方法を

覚えておいて下さい。

 

次にケープですが

ケープは絶対にあった方が

いいかと思います。

 

ですが授乳ケープを

嫌がる赤ちゃんも

中にはいます。

 

そこでオススメしたいのが

ママの服装を

ゆったりしたものにすることで、

 

服自体が

ケープの役目を

果たしてくれます。

 

確かにケープは

あることに越したことは

ないのですが、

 

もしすぐにあげたい時や

ぐずった時にさっと服をめくるだけで

あげられるのでとても楽なのです。

 

ケープどこだっけ?と

荷物をあさる手間も

なくなるので便利ですよ。

 

まとめ

 

JESHOOTS-com / Pixabay

 

機内に入ってから

慌てることのないよう

事前準備が大切です。

 

あとは赤ちゃんのお昼寝に合わせて

フライトの時間を調整すると、

 

ママの負担も

少しは軽減しますよ。

 

機内で寝てくれたら

ママも助かりますよね。

 

準備万端で

赤ちゃんとの楽しいフライトに

して下さいね。

 

 


スポンサーリンク