821292 / Pixabay

 

化粧水は

海外で快適に過ごすために、

欠かせない荷物です。

 

特に飛行機の中は

大変乾燥するので、

 

機内で化粧水を

使って保湿対策を

したいですよね。

 

今回は

 

国際線に搭乗する時の

化粧水の持ち込みは

どうしたらいいのか、

 

機内への

他の液体物の規制対象のものを

詳しく説明していきたいと

思いますので、

 

是非参考にして下さいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

確認する方法は?ここでチェックしよう!

 

Free-Photos / Pixabay

 

あらかじめ利用する

空港のサイトで、

 

液体物の持ち込みについて

熟読しておく必要がありますが、

 

この記事でも簡単に

説明しておきますね!

 

・化粧水をスーツケースに入れて預ける場合

 

機内持ち込みではなく、

チェックインカウンターで

 

スーツケースと一緒に預けるなら、

100mを超える化粧水を

入れても大丈夫です。

 

ただし

化粧水をそのまま何も

包まずに手荷物として預けると、

 

気圧の関係で

漏れの恐れがあります。

 

漏れを防ぐために

ジップロックやビニール袋に入れて

預けておくと、安心です。

 

・機内に持ち込む場合

基本的に液体物を機内に

持ち込むときは、

 

テロ対策のため

100ml以上の容器に入った

液体物の持ち込みが出来ません。

 

手荷物として預けるのが

一番いいですが、

 

条件を満たせば機内に

持ち込むことも出来ます。

 

まず化粧水の容器を

100ml以下の容器に

移し替えます。

 

例え化粧水の中身が

100mlなくても、

 

必ず100ml以下の

容器に移し替える必要があります。

 

更に1L以下のジッパー付きで、

縦20cm以下×横20m以下の

 

サイズの透明プラスチック製袋に

入ればければなりません。

 

透明プラスチック製袋は

1人1つまでで、

袋の中に入るなら

 

化粧水の個数の制限は

特にありません。

 

容器やジッパー付きの

透明プラスチック製袋は、

 

100均やコンビニなどで

買えるので、

 

事前に購入して

準備しておくといいでしょう。

 

手荷物検査や保安検査を

通過した後の

 

免税店で販売している

化粧水を購入した場合は、

 

制限されていないので

機内に持ち込めます。

 

 


スポンサーリンク


 

 

液体物の基本的な考え方

 

silviarita / Pixabay

 

液体物の機内持ち込みの

基準はとても厳しくて、

 

水分を含むものは

液体物扱いになります。

 

液体物だと知らなくて

没収されてしまう前に、

 

規制対象は

どのようなものがあるのか

紹介していきます。

 

規制対象となるもの

 

  • マスカラ
  • 制汗スプレー
  • ヘアワックス
  • 日焼け止め
  • 歯磨き粉
  • 漬物
  • 修正液
  • 香水
  • ジェル
  • 缶詰など

 

規制対象から外れるもの

 

  • ウエットティッシュ
  • 美容パック
  • メイク拭き取りシート
  • ボールペン
  • コンタクトの保存液
  • 赤ちゃんのミルク
  • 離乳食
  • 液体薬
  • 喘息のスプレー等

 

幼児が同伴する場合は、

ベビーフードやミルクの

機内への持ち込みが可能ですが、

 

念のため検査員に申告をしておくと

スムーズですよ。

 

意外かと思われますが、

コンタクトレンズの保存液は

 

医薬品としてみなされるので、

機内持ち込みが出来ます。

 

しかし私は

海外で指摘されたとき、

 

説明するのが面倒なので

100ml以下の容器に入れて、

機内に持っていってます。

 

また

液体薬などの薬を持ち込む際、

医師の英文の処方箋があると

 

海外の手荷物検査で

スムーズにいくと思います。

 

規制対象となるものでも、

きちんと対策していれば

 

機内に持ち込みが出来るので、

そこまで心配しなくても

大丈夫です。

 

飛行機への化粧水の持ち込みについて

国内線ではこんな感じです!

飛行機への化粧水持ち込み方法!国内線の場合はどうすべき?

 

まとめ

 

JESHOOTScom / Pixabay

 

乾燥する機内で

使いたい化粧水や、

 

その他の液体物の制限は

特に厳しいので、

 

きちんと確認して

いかないと没収されて

しまいます。

 

お気に入りで愛用していた

化粧水を没収されてしまったら、

 

せっかくの楽しい旅行が

それだけで

台無しになってしまいますよね。

 

そうならないために

検査をスムーズに

通過するためにも、

 

液体物の持ち込み制限の

ルールを確認して、

 

事前に準備しておく

必要がありますね。

 

それでは良い空の旅を!


スポンサーリンク