「いなり寿司」って良く食べますよね。でも、

「初午いなり」は馴染みのない

言葉かもしれません。

 

実は、2月に「初午の日」があるんです。

 

2月といえば。

真っ先に出てくるのが、節分やバレンタインデー

だと思います。

 

最近のカレンダーにはなかなか書かれていない

「初午の日」も日本文化の1つ。

 

それではご紹介していきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

初午とは?いなり寿司との関係は?

 

 

まず「午」は「うま」と読みます。

干支に使われる漢字ですね。

 

さらに昔は日付も干支で表しました。

なので、12日周期で「○○の日」が巡ってきます。

 

そして2月最初の午の日が

「初午の日」です。

 

毎年 日にちが変わるので、

2018年は 2月7日の水曜日になります。

 

初午の日をすごく簡単に言うと

「お稲荷様の誕生日」

 

京都にある伏見稲荷大社に祀られている稲荷神様、

宇迦御霊神(うかのみたまのかみ)が伊奈利山に降り立った日

だといわれています。

 

つまり、神様が地上に来て下さったことを

お祝いする日なんです。

 

稲荷神が五穀をつかさどる農業の神様であること。

 

また、「狐」が神の使いとして祀られているので

 

初午の日には油揚げやいなり寿司を

お供えします。

 

キツネの好物と聞くとピンときませんか。

これが「初午いなり」です。

 

 

全国で行われる初午大祭!いなり寿司で有名なのは

 

毎年初午の日には、商売繁盛・家内安全を願って

「初午祭」が行われます。

 

伏見稲荷大社だけではなく、

私たちが普段「お稲荷さん」と呼ぶ稲荷神が祀られている神社で

全国的に開催されています。

 

その中でも、いなり寿司で有名な神社が日本三大稲荷

のひとつ、豊川稲荷です。

 

なんと愛知県豊川市は

「いなり寿司発祥の地」

 

いなり寿司はお供えされた油揚げにご飯を詰めたことから始まった

と言われています。

 

昔から豊川稲荷の門前町で食べられてきました。

 

豊川稲荷の参道にはものすごく沢山の

狐の石像が並んでいます。

 

きっといなり寿司も沢山お供えされたんでしょうね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

実はご当地グルメ!変わり種いなり寿司

 

 

豊川稲荷の表参道に並ぶお店では

オリジナルのいなり寿司を

作り合っています。

 

例えば、サクッサクの「天ぷらいなり」や

葉わさび漬けを乗せた「わさびいなり」

 

ご当地グルメのコラボレーション

「味噌カツいなり」

 

五穀豊穣を願った昔ながらの「五目いなり」

などなど!

 

全てを食べきることはまず不可能。

 

揚げる、

焼く、

混ぜる、

のせる、

 

多種多様ないなり寿司があり、

B級グルメとして全国のイベントにも出品されるほど。

 

一度食べてみたいです。

 

 

初午の日は厄払いをする日って聞いたけど本当?

 

 

基本的にご祈祷はいつでも受け付けてもらえるもの。

厄払いだってそうです。

 

ではなぜ、初午の日が「厄払いに良い日」

といわれるのでしょう。

 

その答えは祀られている神様にありました。

稲荷神と観音様です。

 

稲荷神は「初午の日に降臨された」んでしたね。

 

そして、観音様は「説法を説いた時馬に乗ってこの世に現れたから」

なんです。

 

特に馬頭観音は「馬のように  災いを食らい尽くす」

と言われています。

 

馬との関わりが強いということ。

 

だから午の日、特に初午の日に運気が高まるんですね。

神様の力が強い日に厄を払ってしまおうということだと思います。

 

2月と言えば節分ですよね!

今年からは初午の日も意識して

みてはいかがでしょうか?

節分に手作りの恵方巻!中身は何にする?知っておきたいルール3つ

 

おわりに

 

 

初午いなりは初午の日に食べるいなり寿司

だったんですね。

 

関東で多いのは俵型。

関西ではキツネの耳のような三角型。

 

地域や家庭で、形も味付けも具材も違います。

 

私はおばあちゃんが作ってくれたいなり寿司が忘れられません。

 

最近ではコンビニでも

「初午の日」のパッケージが見られるようになりました。

 

いつも売ってるいなり寿司でも

ちょっと特別な感じがしますね。

 

初午の日も伝統的な日本文化。

 

節分に豆をまいて恵方巻を食べるのと同じで、

是非、いなり寿司を食べてお祝いしてみて下さい。

スポンサーリンク