ハムスターといえば
マンガにもなるくらいの
有名。
ひまわりのタネをモグモグという
カワイイハムスターくん。
 
これから飼いたいという人へ
どうせ飼うならなついてほしい
ですよね。
なので、
 
特に初心者の方へなつきやすい
種類をランキングで
まとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

なつきやすい ハムスターランキング

 

1位 ゴールデン

なつきやすいハムスターの1位は
やっぱりゴールデンでしょー
 
人でいうと1才くらいの知能を
もっているそうです。
 
この人は安全だと思ってくれれば
安心してなついてくれます。
 

 

 

2位 キンクマ
 
そして、2位はキンクマ。
 
毛色が金で顔が熊っぽいから
キンクマという名前がついたとか
 
 
 
3位 ジャンガリアン
 
そして、3位はジャンガリアンハムスター。
 
 
ジャンガリアンは、なつきやすい
という人とそうでないという人が
いるみたいです。
 
 
実際は、ジャンガリアンといっても
一匹一匹でその性格がすごく
バラバラみたいです。
 
 
だから、すごく意見が別れる
ところ。
 
 
ハムスターはもともと臆病なので
なつきやすいというよりも
用心深いので安心させられるか
どうかがポイント。
 
 
いづれにしても、ゴールデンとか
キンクマが初心者には
 
 
なつくという点では
オススメですねー
 

大きさと種類の関係

 
ハムスターといえば、手のひらで
ひまわりのタネをモグモグ食べる
イメージがあります。
 
 
でも、大きさが違うんですねー
ゴールデンとキンクマはちょっと
大きい。
 
 
手のひらから指まで含めた
くらいの大きさ。
 
 
以外と大きいですよね。
ジャンガリアンになるともっと
小さくなって手のひらサイズ。
 
 
指までは届かない程度。
だから、手のひらに乗るという
意味ではジャンガリアンが
カワイイです。
 
 
一番小さいといわれているのは
ロボロフスキーといって、
ジャンガリアンと同じ系統の
ハムスターです。
 
 
小さいけど、臆病さはピカイチで
一般的には観賞用として
推奨されています。
 
 
ゴールデンとキンクマは
私からすればちょっと大きいって
感じ。
 
 
だから、ジャンガリアンが
一番いいですね。
 

どうやったらなつくの?

 

 

なつくといっても、ハムスターくんが
安心してくれないとどうにも
ならないですよね。

 
で、どうすればいいのか。
まずは、おどかさない。
 
特に買ってきたりもらってきたり
したら、すぐに触らないで
ハムスターくんが新しい環境に
なれるまでじっとガマン
がすごく大切。
 
 
なれないとストレスが溜まって
さようなら~ということにも
なります。
 
 
で、すみかになれてきたら
(1-2週間ともいわれてます)
慣れてくると、
 
ゲージつまりハムスターくんの
住み家の中を元気に走り回ったり
毛づくろいをしたりしてくれば
だいぶ慣れたと思っていいようです。
 
 
今度は、おどかさないように
徐々にエサを直接あげてみる。
 
 
最初はゲージの外から。
 
 
慣れてくれば、手から直接。
ハムスターくんからみれば
人間の手のひらは巨大なもの
なので、少しづつ少しづつ。
 
 
あの巨大な物体(手のひら)は
自分をかわいがってくれる
お友達と思ってくれるように。
 
 
そして、うまく食べてくれたら、
スキンシップで体をなでて
あげる。
 
 
そうやって、ゆっくりと
手のひらの匂いを覚えてもらう
感じ。
 
 
ゴールデンとかキンクマは
頭がいいから、きっと覚えて
くれる。
 
 
ジャンガリアンは一般的には
慣れやすいといわれていますが
 
 
それぞれの性格にも左右される
ので、ゆっくりとお世話して
あげるのがいいですね。

ハムスターの種類

 
 
 
一応、ハムスターの種類を
まとめておきましょう。
 
 
1.ゴールデンハムスター
 
今回、紹介した種類です。
体がちょっと大きめ。
頭がよくてなつきやすいって
いわれてますね。
 
 
2.キンクマ
 
これも紹介したハムスター
名前がほんとに面白いです。
ゴールデンを改良したんだって。
 
だから、ほんとにペット用に
作られたもの。
 
ワタシ的にオススメの
ハムスターです。
この他にもいろんなカラーの
改良型ハムスターがいるそうです。
 
 
3.ジャンガリアン
 
これも紹介しました。
 
大きさ的にはゴールデンよりも
小さいです。
 
ホント、この大きさがカワイイ
です。
 
この小さめのハムスターは
 
他にも
  • キャンベル
  • ロボロフスキー
  • チャイニーズ

などいて、ドワーフハムスター
ともいわれています。

 

こちらは、初心者よりも
ハムスター経験者向き。
 
 
ロボロフスキーは一番小さな
種類といわれてます。
 
チャイニーズは、尻尾が長くて
ホントにねずみぃって感じ。
 
ワタシは、なんだかネズミ飼って
いるみたいでなんだか
やだなぁ
(どれでもネズミなのにね)
 
 
さすがに、ペットの中でも
超人気があるので、
 
いろんな改良型が増えて
います。
 
 
毛色やその長さ短さでも
たくさん種類が増えています。

 

 


スポンサーリンク


 

 

どこで買える?耳寄り情報!

 
 
 
はい!耳寄り情報です!
 
 
大体の種類がわかったところで
どこで買えるかというところ。
 
 
ではどこで買えるか。
一番最初に思いつくのは
 
ペットのコジマ
こちらは歴史が古く100年
くらい。
 
 
全国展開しています。
サイトも充実しています。
 
ただ、大規模に展開しているお店なので
実際の店舗がどこまで
 
ハムスターについて専門なのかは
気にしておく必要があると
思いますけど。
(店員さんの愛情が目安でしょうね)
 
 
あと、耳寄り情報としては、
東京に住んでいる人なら
 
 
吉祥寺の東急百貨店
屋上のペットショップ!!
 
 
意外とここは、
店員さんがすごく良いらしいです。
 
種類も豊富で、
一番のいいところは予約が
できるってこと。
 
 
ハムスターくんも
なついてもらうという意味では
生まれてからなるべく早く
お世話ができるのが
ベスト。
 
 
赤ちゃんの時から
育てれてばやっぱり違いますもんね。
 
 
で、予約をしておけば
優先的にいいハムスターをゲット
できるというわけ。
 
 
あとは、自分の目でみて
確かめてみましょうね。

まとめ

 
 
 
今回は、初心者用導入編として
簡単にまとめてみました。
 
 
どうせ飼うならなついてもらいたい
ですもんね。
 
 
まぁ、なつく と なれる は
ちょっと違いますけどね。
 
 
なれるっていうのは不安がなくなる
って感じ。
 
 
なつくっていうのは甘えてもらえる
という感じ
 
 
なつくっていうのは人の勝手さ
も含まれる気がします。
 
 
いずれにしても、ハムスター君の
不安を取り除いてあげれば、
仲良くなれるんじゃないかと
思います。
 
 
エサをもらう時にその場で
食べてくれるか、それとも
口の中にほおばって他の場所で
食べるのか。
 
 
そんなところでもなれてきたのか
どうかもわかるみたいです。
 
 
とにかく、ゆっくりゆっくり
ハムスターくんと付き合うのが
いいんですね。

最後に参考情報を

 
 
インターネットでは、
ペットのコジマという
一番大きなお店がペット図鑑を
出しているので、それがわかりやすい
かなと思います。

ペット図鑑

 
 
そして、いろいろ参考になるのは、
ハムエッグ
https://www.hamegg.jp/
というサイト。
 
 
ハムスターの選び方から
育て方、準備、えさ、病気
などなどすごく詳しいです。
 
 
フォーラムや里親・里子の
情報も充実しています。
ここは必見ですね。
 
 
本では
 
 
がオススメです。
ただし、もう絶版で中古本しかありません。
 
 
いろんな情報がある時は
マトを絞っていくのが
いいと思います。
 
 
素敵なハムスターくんに
出会えますように。
 
 
————————————————-

【イベント最新情報】

 
◆追記 2018年9月24日
 
イベントの最新情報をまとめました。
↓です。
 
 
————————————————-

スポンサーリンク