白髪を染めない選択もありです。

あとは、染めないなりに

考えておいたほうが、良いこともあるみたい。

 

それはどんなことでしょう?

 

白髪が生え始めの時は

切ってしまったり抜いてしまったり

分け目を変えたりヘアアレンジで何とかごまかせます。

 

でも、

次第に量が増えてくるとそうはいきません。

染める頻度が増し、時間と手間がかかり、

金銭面でも負担が増えます。

 

 

しかも、

髪は毎日少しずつですが伸びてくるので

生え際のあたりの白髪はすぐに目立ってきます。

 

こんなエンドレス状態のが続くと思うと
ストレスでますます白髪が進みそうですよね。

 

そんな方は思い切って白髪やグレイヘアを
楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

白髪を目立たなくするにはどうしたらいい?

 

それでは、白髪を目立たなくするには

どうしたらよいでしょう。

 

 

いくつかあげてみましょう。

 

ハイライトを入れ白髪をぼかす

細かく明るめのハイライトを入れると髪に動きが出ます。

そして、白髪が偏っている方はハイライトで調整も可能です。

ハイライトと白髪が馴染んで伸びてきてもあまり目立たず

白髪染めのように頻繁に染める必要もありません。

 

 

パーマをかける

ストレートの髪だと硬く立ってしまう白髪は目立ちます。

パーマをかけると黒髪に絡みますし

乱反射するので目立ちにくくなります。

 

 

分け目をまっすぐ分けない

分け目をギザギザとすると

白髪の目立つ分け目がつぶれず

ぼかすことができます。

 

 

ショートヘアにする

ロングよりボリュームが出せるので

隠しやすくなります。

前髪を重めにして

耳元に掛かっても邪魔にならない髪型ですと

耳にかけた際に見える白髪が目立ちません。

 

この4つのことを組み合わせて考える
自分にあった方法が見つかるのではないでしょうか。

 

 


スポンサーリンク


 

 

白髪を染めないでOK!おしゃれを楽しめるヘアスタイル

 

 

次に、白髪をそめずに

オシャレを楽しむためのヘアスタイルを

いくつか紹介しましょう。

 

ウエーブロングヘアー

ロングヘアーは女性的でトリートメントなど

お手入れをしっかり行えば

硬く立ってしまう白髪も落ち着き

上品な印象になります。

様々なヘアアレンジができますし、エレガントさが表現できます。

 

 

外国人風ボブ

ナチュラルな毛流れができ立体感が出ます。

白髪がハイライトのような役目になり

良いアクセントになりますね。

無造作にセットすれば外国人みたいな感じも表現できます。

 

 

ウエーブボブ

 

ボリュームが出せますし、お手入れも簡単です。

髪型が決まっているのでセットが苦手な人におすすめです。

軽やかで寝ぐせも気になりません。

スタイリングもワックスなどを揉みこむだけできまります。

 

ニュアンスショート

 

長めで動きがあり薄い髪色に合い

軽やかに見えます。

髪の扱いも簡単ですし、少し長さがあるので

かわいらしい印象を表現できます。

 

また、短いので

首元のアクセサリーやイヤーアクセが映えます。

 

 

さいごに

 

 

 

いかがでしょうか。

白髪やグレイヘアの方が

オシャレに見える髪型をご紹介させていただきました。

 

某アンケートでも

「美しいグレイヘアに憧れますか」の質問に

75.3%の人がYESと答えています。

 

女優さんでも

白髪やグレイヘアを活かしている人は少ないので

なかなか勇気がいるかもしれませんが

 

髪色が変われば似合う服やメイクも変わるので

一緒にオシャレも楽しめます。

 

「老けてみえる、苦労してみえる、疲れてみえる」など

ネガティブな印象が多い白髪ですが

 

お手入れや髪型次第で上品で

カッコ良く決めることができます。

 

実際に染めるのをやめた方のブログを読んでみると

ストレスが無くなった、オシャレを楽しみたい

 

黒髪に合わせた化粧をしていたから

髪と顔のバランスが良くなったなど

 

白髪やグレイヘアにしたくなるような

魅力的な意見が多かったです。

 

 

 

美容院や美容師さんによって

作る雰囲気は変わりますし

人によって似あう髪型は異なります。

 

少しでも参考にしていただければと思います。

 

美容院で白髪について相談するのは

人目が気になってしづらい方もいらっしゃいますよね。

 

なるべく自分の中でイメージしておけば

具体的に伝えることができますね。

 

最近では若い方もグレージュカラーにする方もいらっしゃいます。

 

だから、重い髪色をキープするよりは

 

 

逆に白髪やグレイヘアの方が軽やかで透明感が感じられ

髪型によっては若々しく見える

 

のではないでしょうか。

 

ヘアカラーがめんどうになってきた方そろそろ

白髪やグレイヘアにしてみませんか。

ストレスがなくなり心も元気になるのではないでしょうか。


スポンサーリンク