jcbeni / Pixabay

 

庭に蜂の巣が!

 

これは、早急に

なんとかしたいですよね。

 

業者さんを呼ぶより

自分でやるほうが早いかも?

 

家族が刺されたら心配だし…

 

そんなあなたに伝授します!

 

・殺虫剤の選び方

・準備するモノ

・1番いい時間帯

・注意すべきポイント

 

それでは早速、

買い出しメモの

準備をお願いします!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

蜂の巣の怖くない落とし方

 

Myriams-Fotos / Pixabay

 

まず、

安全に巣を落とすには

「殺虫剤選び」も重要です。

 

ポイントは

【スプレー噴射タイプ】

(エアゾール型)を選ぶこと。

 

蜂って実は

殺虫剤にすごく弱い。

 

ハエとか、Gよりも。

 

殺虫成分が数秒でもつくと

攻撃性を失くし、

死んでしまうんです。

 

なので、直接噴射出来る

スプレータイプを選びましょう!

 

薬局には燻煙タイプも

あると思います。

 

「こっちのほうが安全?」と

思っても買ってはいけませんよ。

 

燻煙タイプは

風に流されてしまうこともあって

蜂に届かない場合もあるのです。

 

巣に蜂が残っていたりしたら

それこそ危険ですからね!

 

あとはパッケージに

「蜂」と書いてあれば

完璧です!

 

 

では、続いて

他の道具も揃えましょう。

 

【用意するモノ】

・殺虫剤

・高枝バサミ

 

・ゴミ袋

・ほうき、ちりとり

・赤いセロハンをかぶせた

懐中電灯

 

ここで不思議なものは

懐中電灯ですよね?

 

なぜ、必要なのか。

 

それは、夕方~夜の

駆除作業がオススメだから!

 

蜂はお昼間はミツ集めに

外を飛び回り、

夕方帰って来るのです。

 

蜂が居ない時に

巣を取ってしまうと

戻ってきた蜂が

残ってしまいますよね?

 

だから、

1番効率のいい時間帯は

【夕方~夜】

 

なので

懐中電灯が必要なのですが、

 

まぶしい光は

蜂を刺激してしまうので

 

赤いセロハンで

光を弱めて使いましょう。

 

100均の文具売り場を

覗いてみて下さいね!

 

 

さて、準備はこれでOK。

 

あとは

下にゴミ袋を敷いて、

殺虫剤をかけ、

巣を切り落とすだけ。

 

この時注意するのは

やはり殺虫剤をかける時。

 

・風上から

・1~2メートル位

  離れてから

 

・20~30秒間

  かけ続けること

 

・巣を切ったあとにも

  10秒くらいかけること

 

殺虫剤をかけ始めると

おそらく巣からは

一斉に蜂が飛び立ってきます。

 

しかし、ここで

驚いて止めてはダメ!

 

生き残った蜂に

攻撃されるかもしれません。

 

噴射を続けることで

身を守って下さいね!

 

また、巣を切り落としたあとも

同じ場所に巣を

作らせないためにも

 

殺虫剤をかけておくと

いいでしょう。

 

 


スポンサーリンク


 

 

蜂の巣は落としたままでも大丈夫?

 

ElisaRiva / Pixabay

 

さて、落とした蜂の巣ですが

また蜂が戻って住むことは

さすがにありません!

 

なので、一晩置いてあっても

そのままでも大丈夫です。

 

ただ、カラスなんかが

蜂や巣の中の幼虫を

食べに来たりするかも。

 

 

私だったら、

一晩置いた後

もう一度殺虫剤をかけて

ゴミ袋を縛ります。

 

一応可燃ゴミとして

出せるらしいですが、

 

新聞紙なども一緒に入れると

いいかもしれませんね。

 

自治体のガイドにそって

ゴミ出しをお願いします!

 

あとは、念のため

巣のあった辺りに

もう一度殺虫剤を…!

 

 

蜂の巣の落とし方!自分でやる?怖くない安全な方法のまとめ

 

makamuki0 / Pixabay

 

いかがでしたか?

 

まとめると

・スプレータイプの殺虫剤で

・夕方~夜の時間帯に

 

・怖がらずに

  おもいっきりスプレーする

 

これで、

安心できますね。

 

自治体によっては

防護服を貸し出してくれる

という所もあるので

 

1度問い合わせしてみるのも

いいと思います!

 

 

蜂の巣が小さいうちは

自分でも出来るかな?と

思えても…

 

スゴく大きくて

沢山の蜂がいて…!

 

こんな時は

業者さんに頼んだほうが

絶対安全です!

 

特に今の時期、

6~8月は

蜂の動きが活発です。

 

家族を心配するあまり、

あなた自身が

蜂に刺されても

心配なんですからね!

 

充分注意して作業すること。

 

業者さんに頼むことも

頭のすみに考えて。

 

まずは、

スプレータイプの殺虫剤を

買いに行って下さいね!

 

ご検討をお祈りしています!


スポンサーリンク