青森県の夏祭りといえば、ねぶた。

 

しかし、それだけではないんです。

八戸三社大祭も日本一の山車まつりと呼ばれ、観光客がたくさん来ます。

 

どちらも見ごたえのある祭りですが、

知名度で言ったらねぶたのほうがあります。

違いは何なのか、果たして三社大祭は楽しめるのか

見ていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

八戸三社大祭とねぶたの違い

こちらもねぶた

 

 

八戸三社大祭は市内の3つの神社、

神明宮、新羅神社、おがみ神社のことで、

豊作の感謝を伝えるために始まりました。

 

(八戸市公式PRムービー 様子がわかる!山車は2分くらいから)

 

三社大祭は

2016年、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。

 

同じ青森県で有名なねぶたは、

国の重要無形民俗文化財として

期間中には毎年300万人の観光客が訪れます。

 

ねぶたは

旧暦の七夕の灯篭流しが由来とされています。

 

けがれを流していたことが

だんだんに規模が大きくなり

今のような大型の山車になったと言われています。

 

二つの祭りの一番の違いは

神事かそうでないか、ということです。

 

八戸三社大祭もねぶたも

どちらも山車の運行があります。

 

八戸三社大祭の山車は市内の27もの山車組が

4か月ほどかけて製作します。

 

山車には仕掛けがあり、人形が動いたり、

山車の後部が高くせりあがるなど

あっと驚くものです。

 

仕掛けが動くと高さは10メートルになる

山車もあります。

 

ねぶたは

灯篭が起源と言われているので、

三社大祭とは違い、骨組みに紙が貼られ中から

電気で照らしています。

 

ハネトと呼ばれる山車の引き子は

専用の衣装を身に着ければ誰でも参加できます。

 

どちらも私は見たことがありますが、

 

太鼓や笛を含めて迫力があるのがねぶた、

豪華なのが八戸三社大祭

といった感想です。

 

八戸のお祭りでデートする時には

こちらの記事も是非チェック

してみてくださいね!


スポンサーリンク


八戸三社大祭でデート!これがチェックして損はないスポットと楽しみ方

 

八戸三社大祭を家族で楽しむオススメ場所

 

八戸三社大祭は前夜祭から、

お通り、中日、お還り、後夜祭までの

4日間開催されます。

 

お通り、お還りは15時からの合同運行、

中心街を山車が練り歩きます。

 

中日は18時からの運行で、

ライトアップされた山車は昼間見るのとまた違い

豪華さが増します

 

動いている山車を見たいのなら、

この3日間がおすすめです。

 

電線などに当たらないところでは

止まって仕掛けを見せてくれます。

 

予約制ですが有料の観覧席ももちろんありますよ。

 

※ちなみに2018年は4月11日から販売開始されています。

 値段は一人2,200円だそうです。

 問合せ:八戸観光コンベンション協会(土日祝除く)

     電話:0178-41-1661

 まだ、観覧席あるかどうかは、聞いてみるといいですね。   

 サイト:https://hachinohe-kanko.com/1625

 

 

山車の運行の前には、

虎舞やかぐら、神輿行列が見られます。

(さっきのムービーの1分22秒あたりからのその様子が見られます)

 

 

虎に頭をかじってもらうと健康に育つと言われています。

 

ただ、

わたしは小さいころ虎が怖くて泣きましたし、

テレビニュースでも泣いている子をよく見かけます。

 

それが微笑ましいんですけどね。

 

前列のほうにいるとかじってもらえるかも

しれませんよ!!

 

前夜祭、後夜祭では

中心街に各組の山車が集まり、

お囃子が鳴り続けます。

 

運行はしないため、

山車を自分の好きなだけじっくり見られます

 

市役所前広場では、

祭り開催中催し物が開かれ、屋台、お化け屋敷や

八戸のゆるキャラなんかも集まります。

 

2017年には、青森のゆるキャラにゃんごすたーが

ドラム演奏に来てちびっこたちに大人気でした。

 

前夜祭、後夜祭以外では

山車は市役所前に集まりませんが

11時から21時までやっていますので

 

山車の運行前やあとにも

大人も子供も楽しめる広場になっています。

 

祭り期間中は、中心街は通行止め。

各組の山車が街まで通ってくる道路も

時間帯によっては車が通れないことがあります。

 

車で来る際は、

臨時駐車場がありますので

そちらに駐車してくださいね。

 

ちなみに2017年の臨時駐車場は2つでした。

・長根総合運動公園内(一般車700円)

・旧柏崎小学校跡地(一般車700円 ※バスも停めれるみたい)

 

交通規制と臨時駐車場の詳細は、こちらのちらしpdf

に書いてあります。

 

駐車場については、駅前24Hパーキングを

使うっていう手もありますね。

st

(事前に調べてナビに登録するのがいいかな)

NPC24H八戸駅前パーキング というのが約100台停められる見たいです。

 

まとめ

 

 

八戸三社大祭では、

豪華絢爛な山車が見ることができます。

山車の多さ、仕掛けなど

楽しめると思います。

 

ねぶたは見ても楽しめますが、

参加するのが一番楽しめそうです。

 

神事なので、

神輿行列や歴史を感じて見て楽しむなら三社大祭

のほうがいいのではないかと思います。

 

八戸三社大祭はねぶたよりも早く始まります。

北国の夏をいち早く感じてみては

いかがでしょうか。

 

こちらの記事も良かったらどうぞ。

八戸三社大祭でデート!これがチェックして損はないスポットと楽しみ方

 


スポンサーリンク