八戸三社大祭をカップルで楽しむなら

中日がおすすめです。

 

山車がライトアップされている夜の雰囲気が

一層夏祭り感を出してくれます。

 

八戸三社大祭について

少しご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

八戸三社大祭デートのオススメスポット

 

八戸三社大祭は

青森県八戸市で毎年7月31日から8月4日までの

5日間開催されるお祭りです。

 

#八戸三社大祭

@ kyuuri_sandがシェアした投稿 –

2017年は

ユネスコの無形文化遺産登録のお祝いもかねて

1日長く開催され、

期間中は149万人の来場がありました。

 

青森のねぶた、弘前のねぷたとともに

青森県を代表する祭りのひとつと

なっています。

 

八戸三社大祭とは

市内中心街にある3つの神社のことで、

三社大祭には市内の各組20数台の山車が

中心街を練り歩きます。

 

8月1日のお通り、

2日の中日、

3日のお還り

 

 

7月31日の前夜祭、

8月4日の後夜祭

があります。

 

日本一の山車祭りと呼ばれ、

合同運行する山車の数、

せりあがる仕掛けなどが有名です。

 

(八戸市公式PRムービー 様子がわかる!山車は2分くらいから)

 

 

 

八戸三社大祭期間中は中心街では出店が並び、

どこでも観覧することができます。

 

おがみ神社を出て中心街を通り

長者山新羅神社のほうへ行くお通りと

 

反対におがみ神社のほうへ帰るお還りでは

少しルートが違いますので

 

運行ルートを確認してうっかり見られなかった

ということがないようにご注意を。

 

 

お通りでは

長い神輿行列もみることができます。

 

まるで絵巻物のような神事ならではの光景です。

伝統的な風景を堪能したいカップルは

是非お通りを見てみてください。

 

また、八戸市庁前広場でも

おまつり広場という出店、イベントが開催され、

 

ここだけでもお祭りが

楽しめるようになっています。

 

 


スポンサーリンク


 

 

八戸三社大祭デートの楽しみ方

 

どの日に行っても八戸三社大祭は楽しめますが、

デートで行くなら夜間運行のある中日が

おすすめ。

 

昼間の豪華絢爛な山車の雰囲気とは

また違う幻想的な山車を見ることが

できます。

 

八戸三社大祭のお囃子はどちらかというと

ゆったりしたものです。

 

出店が並び、夏祭りの雰囲気はありますので、

賑やかな中でも、意外と

のんびり楽しむことができると思います。

 

また中日では山車の各賞の発表もあります。

 

ちなみに、平成29年は

最優秀賞(青森県知事賞) 
十一日町龍組

「龍宮王女 乙姫と俵藤太秀郷 ~大ムカデ退治の場~」
だそうです。なんだかタイトルだけでもすごいですね。

 

優秀賞(八戸市長賞)
 吹上山車組 「~初夢狂言 一富士二高三茄子~ 矢の根五郎と七福神」

 吹上山車組は、その前の年つまり平成28年までは

10年連続で最優秀賞に輝きました。

だけど、29年は惜しくも涙を飲んだ格好ですね

 

点数でいうと最優秀賞との差はわずか3点!

ほんとに惜しい!

平成30年はリベンジが果たせるのか

楽しみなポイントです。

 

ちなみに、審査方法は

山車組投票で500点

市民投票で500点

あわせて1000点の中で競うんだそうです。

 

その意味では

最優秀賞の十一日町龍組 「龍宮王女 乙姫と俵藤太秀郷 ~大ムカデ退治の場~」

が、930点!

優秀賞の吹上山車組 「~初夢狂言 一富士二高三茄子~ 矢の根五郎と七福神」

が927点!

 

わずか3人がどっちに投票するかが、運命の分かれ道

だったんですね。

 

一応、優秀賞は2つあって、残りの一つは

優秀賞(八戸商工会議所会頭賞)
朔日町附祭 「八戸三社祭神 吉祥祝いの宴」

だそうです。

(以上は八戸市観光ブログに詳しいです)

写真もたくさんあるので一度覗いてみたら

どうですか~

 

そしたら、

気に入った山車が賞に入っているのか、

二人でチェックするのもすごく楽しいかもです。

 

話がそれましたが、中日では合同運行のため、

ひとつひとつの山車を一定時間しか

見ることができません。

 

気になる山車をじっくり好きなだけ見たい方は

前夜祭、後夜祭の合同展示もおすすめです。

 

運行はしないので、

引き子たちが引く山車はみられませんが

好きな山車について話すのもいいですね。

 

もちろん仕掛けも動かしてくれるので

ご心配なく。

 

 

日中の運行では、

家族連れや観光客が多く、

夜間では仕事終わりの社会人や学生が

多い印象です。

 

市庁前のおまつり広場は21時まで

やっていますので、

夜、時間が合わせやすいのであれば

十分に楽しめると思います。

 

 

まとめ

八戸三社大祭では日中、夜間どちらも

楽しむことができます。

 

特に中日の夜間運行は幻想的な雰囲気があるので

デートで行くならおすすめです。

 

夏の楽しい思い出作りに

八戸三社大祭でデートしてみませんか。

 

 

 

こちらの記事も参考にどうぞ

https://www.mimiyori.link/hachinohe-sanshataisai-nebuta/


スポンサーリンク