青森県の太平洋側に位置する八戸市は、

海に面しているため、

昔から漁業が盛んな街です。

 

そのため新鮮な魚介を味わえる、と

近年は朝市がテレビでも取り上げられるほどに

なりました。

 

朝市を楽しむために、

チェックしておきたいスポットを

ご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

八戸市の朝市の朝ごはんはここがおすすめ 陸奥湊駅前朝市

 

 

八戸で朝早くから楽しめるのが

陸奥湊駅前朝市

 

陸奥湊駅前の北口を中心に

魚や肉などを売っている店や食堂、

小売店が並んでいます。

 

陸奥湊駅前朝市は八戸で一番古く、

昭和28年から開催されている

地域の人に親しまれている朝市です。

 

駅前一帯を200ほどの店が並び、

朝市を支えています。

 

夜中には、仕入れのトラックが来て、

開店の準備が始まります。

 

陸奥湊駅前朝市は、

平日と土曜の午前3時ころの夜明けから行われており、

観光客の多い夏は午前、お昼とにぎわいます。

 

午後3時頃には閉店する店が多いので(特に市場)、

新鮮な魚介を買いたい、という方は

早い時間帯のほうがいいですよ。

 

日曜日はお休みなのですが、

東北新幹線八戸駅が開通した年から

毎月第一日曜日は

日曜新鮮市を開催しています。

 

陸奥湊駅にはなんと、

朝6時から開いている

観光案内所があります。

 

迷ったときは、

朝市の楽しみ方を聞いてみるのも

いいですね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

八戸市営魚菜小売市場を中心にこう楽しむ

 

 

陸奥湊駅前、

イサバのカッチャ像(魚市場のお母さんという意味)の

真ん前に位置するのが八戸市営魚菜小売市場。

 

 

市場内には、新鮮な魚や惣菜の店が奥まで続きます。

 

電球がぶらさがり、

昭和の雰囲気が漂っている空間です。

 

ここで楽しみたいのが、自分の好きな食材で作る丼

 

自分の食べたい食材を買ったら、奥の食堂「朝めし処 魚菜」で

ご飯100円、味噌汁が100~200円で購入できます。

 

どれを選んだらいいか迷った時は、

お母さんたちにおススメを聞いてみましょう。

 

その時、旬なものやおいしいものを教えてくれます。

 

また、値段交渉してみるのも。

 

 

100円分だけ欲しい、とか

これとこれを買うから負けてほしい、

など思っているより気軽に応じてくれます。

 

 

干物や惣菜も売っているので、自分だけの定食が味わえます。

 

値段交渉など、市場ならではの光景ですね。

朝市通りには、市場だけではなく、定食屋さんもあります。

 

一番有名なのは、

陸奥湊駅から商店街沿い徒歩5分圏内にある

みなと食堂

 

ここでは、新鮮が魚介を使った海鮮丼が

味わえます。

 

人気のメニューの中でも特に、

ひらめ漬け丼を目当てに来られるお客さんがほとんどです。

 

新鮮なひらめと卵黄、たれの組み合わせは絶品です。

 

八戸のB級グルメ、せんべい汁やうにとアワビの潮汁、いちご煮などの

セットも楽しめます。

 

日曜以外の朝6時からの開店ですが、お昼時には外に行列もできます。

 

また、足を延ばせるなら、3月中頃から12月まで

毎週日曜日、近くの館花岸壁でも朝市をやっています。

 

陸奥湊駅からは徒歩15分くらいの距離にあります。

こちらも漁港の通りにたくさんのお店がでていて、

のぼりがたくさん立ち、八戸観光の一つとなっています。

 

魚介のほか、地元の味やから揚げ、

そして網など、こんなものも売っているの?

というようなお店が並んでいます。

 

お時間あるときは是非、こちらにも寄ってみてください。

 

まとめ

 

 

陸奥湊駅前朝市は、漁業の町ならではの

古くからある朝市です。

新幹線の開業とともにその知名度は

少しずつ上がってきています。

 

漁港が近いこともあり、

新鮮な魚介、美味しい食べ物が楽しめるのが魅力です。

 

是非、朝早く起きて陸奥湊駅前朝市で

朝ごはんを食べてみてはいかがでしょうか。

 

お店のカッチャたちとの会話も楽しんでみてくださいね。

 

こちらの記事も読まれています。

https://www.mimiyori.link/mutsuminato-eki-ikikata/


スポンサーリンク