simisi1 / Pixabay

 

どこのおうちにもあるフライパン、

炒め物や照焼など大活躍です。

 

我が家でもほぼ毎日使っている

鉄のフライパンがありますが、

一つ困ることが。

 

それはサビです。

ちょっと油断をすると

さびが出てしまいます。

 

家族の健康を守る主婦としては、

サビが体に害を及ぼすのではないかと、

とても気になります。

 

そこで今日は、

 

フライパンの鉄サビの体への影響

鉄さびの取り方

フライパンのお手入れ方法

 

などについて、

耳寄りな情報をお届けします。

 

もうフライパンのサビに

悩まされることはありませんよ!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

鉄のフライパンのサビが気になる!錆びは食べても大丈夫?

 

stux / Pixabay

 

今とっても不安になっているあなたに、

まずお答えしましょう!

 

フライパンのサビは、

体への悪い影響はありません。

 

これで、とりあえず

安心しましたね。

 

では、フライパンのサビが

悪影響を及ぼさない理由を

お話しましょう。

 

フライパンに出るサビは、

いわゆる鉄サビです。

 

フライパンに含まれている

鉄と酸素が反応したものですが、

 

もともと鉄分は、

人間にとって必要な成分ですよね。

 

貧血予防にサプリメントで

鉄分補給をするくらいですから、

フライパンの鉄サビを食べたくらいで

体には何の影響もありません。

 

少し話がそれますが、

鉄分豊富な食べ物として

 

代表的なものに

ひじきがあります。

 

ですが最近ひじきの鉄分含有量が

以前より減ったと発表されました。

 

その原因は、

ひじきを乾燥させるときに使っていた鍋が

鉄製のものではなくなってきたから

という事でした。

 

つまり、ひじきの豊富な鉄分は、

実は鍋から染み出ていた鉄分だったのです。

 

このことからも、

フライパンの鉄サビを食べても

 

心配ないということが

納得して頂けると思います。

 

もちろん、

鉄分の過剰摂取による害

というものはありますが、

 

もし毎日鉄サビが付いたフライパンで

料理をしていたとしても、

 

おそらく過剰摂取には

程遠い量ですので、

どうぞ安心して下さい。

 

でも、お料理に鉄サビの匂いが

つくことがあるかもしれませんので、

 

そのためにも鉄サビは

とってしまうほうがいいでしょう。

 

〈ちなみに、

銅製品に出る緑色のサビ(緑青:ろくしょう)も、

 

長い間有毒だと思われてきましたが、

今では衛生的に全く問題がない

とわかっています。〉

 

 


スポンサーリンク


 

 

鉄のフライパンのサビはこうやれば取れる!お手入れ方法を紹介

 

PhotoMIX-Company / Pixabay

 

フライパンの表面を

加工されていない鉄のフライパンは、

 

サビが出ても

きれいに摂ることができます。

 

その手順を紹介しましょう。

 

1.空焼きをする。

フライパンを

空焼きすることで、

 

焦げや汚れも炭化して

取れやすくなります。

 

フライパンを回しながら、

しっかりと空焼きしてください。

 

2.サビや汚れを削り落とす。

フライパンが冷めたら、

金属のヘラで

しっかりと削り落とします。

 

大体取れれば、

紙やすりでさらに削ります。

 

3.きれいに洗い流す。

金属たわしで

フライパン全体を

磨くように洗い流します。

 

これでサビは落ちると思います。

・・・が、

けっこう力仕事なんですよね。

 

腕に自信のある人なら

この方法でもいいのですが、

 

私のようにか弱い(?)女性の場合は

ちょっときついかもしれません。

 

そんな時は、酢を使いましょう!

方法はとっても簡単です。

 

1.サビの出ているフライパンに

1:1の割合で水と酢を入れます

2.弱火で約30分火にかけます。

3.サビの出具合や汚れ具合の応じて

1~3時間ほど漬け置きします。

4.水と酢を流してスポンジなどで

こすり洗いをします。

 

これだけで、

サビがきれいに落ちます。

 

なんて楽ちんなんでしょう。

はじめからこの方法だけ

お話すればよかったかも。

 

でも中には、

汗をかいて頑張ってこその

 

成果を感じたいという

奇特な人もいますからね。

 

さて、無事サビが取れたら

最後の仕上げです。

 

【油ならし】

フライパン全体に

行き渡るくらいのサラダ油を入れて、

弱火で加熱します。

 

フライパンを動かして

全体にまんべんなく

油が回るようにします。

 

煙が出て来たら

火を止めて冷まします。

 

余分な油はオイルポットなどに

入れます。

 

フライパンの油が

気になるようでしたら、

 

キッチンペーパーで

フライパンの表面を拭きます。

 

これで、サビ取りは完了です。

文章で読むと面倒に感じますが

実際やってみると簡単ですよ。

 

ただ1つだけ注意点があります。

 

油ならしで

フライパンを火にかけている時は、

 

絶対にフライパンのそばから

離れないでくださいね。

 

最後に普段のお手入れについて

少しお話しておきます。

 

フライパンを使った後は、

温かいうちに洗剤を使わずに

洗ってください。

 

洗剤を使うと

フライパンになじませていた油が

流されてしまい、

焦げやすくなります。

 

汚れがひどい時は、

お湯に漬け置きしましょう。

 

それでもダメな時は

洗剤を使用することもありますが、

油膜が取れますので、

 

そのあとは

よく乾燥させてから

油ならしをしてください。

 

これで、鉄のフライパンは、

いつでもきれいに

使えるはずですよ。

 

 

まとめ

 

StockSnap / Pixabay

 

今日は、

フライパンの鉄サビ

についてお話しました。

 

大事なことをもう一度

言っておきますね。

 

鉄サビは、

体にとって害のないもの

 

鉄サビは、

酢で簡単に取ることができる

 

鉄のフライパンは

お手入れが大切

 

油ならしは、

お手入れの要

 

これだけを覚えておけば、

あなたはフライパン

お手入れ名人です!

 

いつもきれいなフライパンで、

おいしい料理を作ってくださいね。


スポンサーリンク