kiekvanna / Pixabay

 

衣替えをすると、

毎回いらない衣類が

出てしまいます。

 

趣味が変わったものや

サイズアウトしたもの、

 

まだ着られるけれど

毛玉がひどくなったものなどなど。

 

私の場合、もう着ない衣類は、

たいてい古着屋さんで

買い取ってもらいます。

 

そんな特に気になるのが、

毛玉です。

 

とってもいいデザインなのに、

毛玉が目立つと確実に

買取額は下がります。

 

ですので、古着を

買い取ってもらう前には、

出来るだけ毛玉は

取るようにしています。

 

でも、毛玉ってきれいに

取れないんですよね。

 

そこで今日は

・毛玉の簡単な取り方

・古着を高く買ってもらうためには

ここがポイント

 

について紹介します。

 

同じ洋服でも、

状態によって結構買取価格が

変わるんですよ。

 

今日のポイント、

しっかり押さえてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

古着を買取に出す時の毛玉の簡単な取り方

 

angelsover / Pixabay

 

毛玉を手っ取り早く取れると

紹介されているものに

食器洗い用のスポンジを

利用した方法があります。

 

スポンジの固い面(研磨剤)を

毛玉を取りたい部分に当てて、

優しくなでます。

 

力はあまり入れずに

あくまで優しく

なでることが重要です。

 

すると毛玉がスポンジに

からめとられてきれいになります。

 

でもこの方法は、

ニットの繊維を引っ張って

毛玉を取っていますので、

 

ニットを毛羽立ててしまう

恐れがあります。

 

すると、また毛玉が

できてしまうかもしれないのです。

 

ですので、この方法は処分するかどうか

迷った衣類の最後の手段と

考えたほうが良いでしょう。

 

衣類をできるだけ傷めずに

毛玉を取るには、

毛玉取り機や毛玉取りブラシ、

 

T字カミソリなどを

使った方法があります。

 

毛玉取りブラシとは、

軽くブラッシングするだけで、

毛玉が取れる衣類専用の

ブラシのことです。

 

毛玉取りブラシを使うと、

毛玉を取ると同時に

繊維の毛羽立ちも整えてくれます。

 

そのため、毛玉ができにくくなる

という利点があります。

 

毛玉取り機は、

電池式や充電式のものがあり、

 

毛玉の範囲が広くても

簡単に使えるところがメリットです。

 

ですが、やりすぎると

生地が薄くなって

穴が開いてしまうこともあるので、

気を付けましょう。

 

毛玉取りブラシや

毛玉取り機が手元になく、

でもすぐに毛玉を取りたいときには、

T字カミソリがオススメです。

 

毛玉があるところを優しくなでれば、

きれいに毛玉がカットできます。

 

でも、この場合もやりすぎると

穴が開きますので

気を付けてくださいね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

知らなきゃ損する!古着を高く売るためのコツ7選!

 

Wokandapix / Pixabay

 

毛玉は取れたけれど、

それだけでは買取価格が上がりません。

 

どうせ売るなら、

高く買い取ってもらいたいですよね。

 

そのためには、

ちょっとだけ古着の

お世話をしておきましょう。

 

1. きれいにホコリを取る

 

パッと見て、糸くずやほこりが

付いていると古いという

印象が強くなります。

 

エチケットブラシやガムテープ・

コロコロなどできれいにしましょう。

 

2. 毛玉を取る

やはり見た時の印象が良くないので、

先程紹介した方法で

毛玉はできるだけ取っておきましょう。

 

3.洗濯をする

各家庭独特の匂いが

衣類についている場合があります。

 

臭いという意味ではなく、

査定する人にとって

あまり好みの匂いでなければ

査定に響くこともあります。

 

また、ちょっとしたシミも

洗濯することで落ちたり、

目立たなくなるかもしれません。

 

状態の良い衣類以外は、

一応洗濯しておいた方が

いいと思います。

 

4. ボタンのチェックをする

取れそうなボタンは、

付けなおしておいたほうが

良いでしょう。

 

取れてしまって

無くなったボタンも、

 

100円ショップなどで

似たようなボタンを

付けておくほうが査定に響きません。

 

ここまでは、衣類の状態に

ついてのポイントですが、

次は、古着屋へ

持っていくときのコツです。

 

5. 売る時期を考える

 

私がよく行く古着屋さんでは、

1月ごろから春夏服の

買取価格が高くなり、

 

8月ごろからは秋冬服の

買取価格が高くなります。

 

古着を売るのにも

ベストな時期があるんです。

 

それを考えて衣類を持って行けば

思っているより高い値段になるかも。

 

6. 衣類を入れる袋もあなたの服装もおしゃれに

 

おしゃれな服装で

おしゃれなブランドの袋に入れて

衣類を持って行くと、

 

買取予定衣類に

ブランド物がなくても、

 

「この人は、このブランドを買っているんだ。

見る目も金銭的な余裕もあるはず」

と想像して

 

結構高い値段を

付けてくれることがあります。

心理作戦ですね。

 

7. 店員さんには丁寧な態度を

心理作戦その2です。

自営業の私自身も

経験していることですが、

 

好感の持てるお客さんには、

ちょっとだけ

ひいきしてしまいます。

 

店員さんも人間です。

丁寧で気持ちよく

 

コミュニケーションが取れるお客さんには

高めの買取額を

つけることもあるそうですよ。

 

取ってつけたような丁寧さは、

逆効果ですが、

 

常識的に自然にいい感じで

接するだけでも

効果があるかもしれません。

 

まとめ

 

geralt / Pixabay

 

今日は、衣類の毛玉取りと

古着を高く買い取ってもらうコツ

について紹介しました。

 

少し長くなりましたので、

簡単にまとめておきましょう。

 

@毛玉を取るには

・毛玉取りブラシ・

毛玉取り機・T字カミソリ

 

・毛玉を取りすぎると

衣類が薄くなったり穴が開く

 

@古着を売る時には

 

・衣類を出来るだけきれいな状態に

・売る時期を考えて

・おしゃれな格好で

・感じ良く

 

これを押さえておけば、

あなたの大事な衣類を

高く買い取ってもらえるかも。

 

査定額を見るのが

楽しみですね!(^^)!


スポンサーリンク