「これ面白いね」「なんか感動しちゃう!」

 

夫婦で同じような気持ちを

持っていられる人たちがうらやましい・・・。

 

と思っているあなた。

 

夫婦で話が合わないことが多く、

趣味も全然違う、

このままで私たち大丈夫なの?

少し不安に思っているあなた。

 

夫婦の趣味や

ちょっとした考え方が合わないと

本当に危険なのでしょうか?

 

心配しないで!

全然違う趣味を持ち、嗜好も違う夫婦が

ずっと仲良く暮らしている場合だって

たくさんあるんです。

 

だって、私たち夫婦がそうなんですから。

 

今日は、

いろんなことで正反対な夫婦でも

仲良くいられる秘訣を

夫婦生活30年を超えた私がお話しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

趣味が全く合わない!正反対な夫婦って仲良くなれるの?

 

 

出逢った頃は、

お互いの似ているところも

違うところも魅力的に感じて、

 

大好きになって

ずっと一緒にいたくて

結婚したはずですよね。

 

でも、

毎日生活をしていると

感性の違いや趣味の違いが

妙に気になるということはよくあります。

 

でも、考えてみてください。

育った環境が違うんですから、

自分と違うところがあって当然なんです。

 

なぜそんなに違いが気になるのでしょう。

 

それはおそらく

「一緒に楽しめることが少なくてさびしい」気持ちや

 

自分の好きなものを理解してもらえなくて

「否定された」ように

思ってしまうからではないでしょうか。

 

特に

結婚間もなくや

若いうちは

 

自分のことをすべて認めてほしい

という気持ちがまだ強くあります。

 

それで、

2人は性格が合わないから

もうやっていけないなどと

考えることがあるのでしょう。

 

私も結婚10~15年くらいまでは、

「この人とは合わない、もう無理」

 

なんて思ったこともありました。

でも結局30年間一緒にいます。

 

というか、

夫婦で自宅で自営業をしているので

ず~っと一緒です。

多分これからも一緒にいるでしょうね。

 

これはあきらめではなく、

お互いの感性や趣味を

尊重するようになったんです。

 

合わないことがあるのは当たり前、

 

それを面白いと思って

お互いがお互いの考え方や

好きなことを認めて、

 

それぞれに

少しだけ歩み寄ればいいのではないでしょうか。

 

無理に合わせるのではなく、

 

「こんな考え方もあるのか」

「この人はこれが楽しいんだ」

「こんな楽しみ方もあるんだ」

 

と自分の中に

新しい世界を広げていく感覚です。

 

もしあなたの夫が、

アウトドア派でお休みになると

1人で出かけてしまうことが多いなら、

 

一度くらい一緒に出掛けたいと提案してみては?

 

もし二人で楽しめることなら

一番いいでしょうが、

 

そうではなくても

夫が楽しいと思っていることを

自分も一度体験しておくのもいいですよ。

 

そうすれば、

夫だけが出かけていくときでも、

帰宅後に話を聞いて

共感すること

 

あなたも楽しい気分が味わえるし、

夫さんも楽しくなります。

 

夫婦の趣味が違うのは

お互いの世界が2倍になるということなんです。

 

ひとりひとりで

趣味を楽しむ時間と

二人で過ごす時間、

 

両方を

いい時間に出来れば

毎日の楽しみが2倍になります!

 

もし

一緒に出掛けることが難しければ、

あなたはあなたの時間を

楽しんでしまえばいいのではないでしょうか。

 

夫婦の別行動が多いことと、

夫婦仲の悪さは比例しませんよ。

 

旦那さんは、

あなたと過ごす家庭があるから、

安心してアウトドアを満喫しているんです。

 

旦那さんが楽しめるのは、

あなたのお陰、そのくらいの自信を持ちましょう!

 

大切なのは、

しっかりとコミュニケーションを取ること。

 

最近は

共働きのご夫婦が多いですから、

ゆっくり話をする時間は

少ないかもしれません。

 

でも少ない中で

お互いに相手の話に耳を傾けることができれば、

良いコミュニケーションはとれると思います。

 

量より質ですね。

 

この場合の

良いコミュニケーションとは、

 

自分と違う考え方でも

そこを指摘しない

 

別の見方もあるのだと楽しむ

自分の考えを押し付けない

 

などに配慮して、

気持ちよくおしゃべりすることです。

 

自然に配慮できるようになれば

もっといいですね。

 

趣味や感性が合わなくても、

お互いを尊重する気持ちと

良いコミュニケーションが取れれば、

ずっと仲良く暮らしていけますよ。

 

 


スポンサーリンク


 

 

一緒の時間が大切!アウトドア派とインドア派でも楽しく過ごす方法

 

 

でも、

やっぱり一緒に楽しみたいという人も

もちろんいることでしょう。

 

同じ趣味を持って

夫婦で一緒に楽しめることがある

というのは、いいものですよね。

 

そこで、

趣味が違っても一緒に楽しめる

方法を考えましょう。

 

アウトドア派とインドア派では、

共通点が全くないように思いますが、

工夫次第で何とかなります。

 

もちろん、

夫婦二人がそれぞれに

尊重し合っているということが

前提ですよ。

 

【山登りやスキーが好きな相手なら、近くの温泉に泊まって自分はゆっくり過ごす】

 

一緒に旅行に行っても

その過ごし方は

それぞれ違ってもいいと思いますよ。

 

夜お休み前に

二人でその日にあったことを報告し合えば、

お互いが楽しいでしょう。

 

【ドライブ好きの相手なら、ちょっと遠くの図書館まで連れて行ってもらう】

図書館で

ゆっくり本を選んだり読んでいる間、

相方はドライブを楽しむことができます。

 

【ゲーム大好きの相手、自分はあまり好きじゃないから読書】

別々の部屋ではなく、

同じ部屋同じソファに座って別々に楽しむと、

なんとなく居心地のいいものですよ。

 

【出不精な相手と一緒に近くの公園や河川敷などまで軽くウォーキングする】

インドア派の人でも

いいお天気に

良い景色を見ることは

気持ちがいいはずです。

 

あまり無理のない程度のお散歩は、

周りの様子を見ながら

おしゃべりするのにもってこいです。

 

【フィギュア大好きの相手、フィギュア探しの旅についていく】

家計に響かない程度、

自分のおこづかいの範囲でのフィギュア集めなら、

問題ないでしょう。

 

フィギュアを見に行く相手と

一緒にお出かけして、

こちらは別のショッピングもしくは映画館とか。

 

【映画の趣味が違う相方、共通して見ることのできる映画を探してみる】

興味のない映画を見るのは、

辛いことなので、

相手に合わせる必要はありません

 

でも

どんな映画が好きなのか

話し合っているうちに

 

共通して見たい映画が

見つかることもあります。

 

どうしても共通点がない場合は

無理せずに映画は

それぞれに楽しみましょう。

 

【新しく共通の趣味を探す】

今の趣味が、

お互い全くかけ離れているのなら、

2人で楽しめることを

 

新しく作るというのも一つの方法です。

 

例えば、

  • 音楽・・・一緒に楽器を習えば、お互いで切磋琢磨できるかも
  • 料理・・・一緒に料理を楽しめば、特に奥さんは助かりますね。
  • 家庭菜園・・・アウトドアとインドア両方の特性がありますし、新鮮な野菜が食べられます!
  • ゲーム・・・体を動かすゲームならインドアなのにスポーティです。

 

少し方向は違うかもしれませんが、

 

特に子どもたちが独立して

何十年ぶりに夫婦二人の生活が

再開した熟年夫婦におすすめなのが、

ペットを飼うことです。

 

もともとペットを飼っている人は、

また違うかもしれませんが、

無垢な動物が家庭にいるとやはり癒されます。

 

直接夫婦の会話がなくても

ペットをはさんで会話ができます。

世話はかかりますが、それ以上に可愛いものです。

 

我が家にも

2年ほど前にチワワがやってきました!

 

今やすっかり大人になった

子供よりも可愛い存在です。

 

 

夫も私もペットがいると

余計に会話が増えます。

 

もちろん生き物を飼う

ということには

それなりの責任が伴います。

 

家族の一員として

最期まで面倒を見ることができるのなら

ペットはおすすめです。

 

 

まとめ

 

実体験も含め、

お話しましたが、あなたのお役に立ったでしょうか。

 

趣味が合わなくても、

感性が違っても夫婦は、

仲良く暮らしていけます。

 

お互いに嫌な部分はありますが、

それはお互い様です。

 

好きな部分が

嫌な部分より少しでも多ければ、

それで大丈夫です。

 

そして、

一人の時間と二人の時間を

両方大切にしましょう。

 

無理に合わそうとしなくても、

許し合って、

笑い合って暮らしていけば、

必ず円満に過ごせますよ。

 

夫婦というのは、

いろんな形がありますから、

今回の記事を参考に

あなたらしい夫婦の形を探してくださいね。


スポンサーリンク