Free-Photos / Pixabay

 

クリスマスの

定番メニューと言えば

やはりフライドチキンですよね。

 

ザクっとスパイシーな衣と

ジュワっとジューシーなお肉。

 

かぶりつきたくなる美味しさで

子どもも大人も大喜びのメニュー。

 

このフライドチキン、

自分で作るには

ハードルが高そう・・・

なんて思っていませんか?

 

味付けはともかく、

心配なのは中まで

しっかり火を通せるか、ですよね。

 

ジューシーさを考えて

揚げ加減を調節したら

生焼けだったり、

 

中までしっかり

火を通そうとすると

お肉がパサパサになったり、

 

なんとかお店のような

ザクザク感とジューシーさを

自分で作れないだろうか・・・

 

私も何度か

失敗を繰り返しました。

 

フライドチキンは

買って食べるものかなぁと

自作を諦めかけましたが、

 

なんと、

失敗しらずのレシピを

見つけることができました!

 

中までしっかり火が通って

なおかつザックリ

ジューシーに仕上げるコツは

 

お肉を「茹でる」こと

だったんです。

 

今回は「茹でて」作る

失敗しない

フライドチキンの作り方を

ご紹介したいと思います。

 

これをマスターしたら

クリスマスにはママお手製の

フライドチキンで

パーティーができちゃいますよ!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

絶品フライドチキンの作り方

 

adoproducciones / Pixabay

 

今回、みなさんにおすすめしたい

絶品フライドチキンは

作る工程にちょっとした

ひと手間があります。

 

このひと手間が

失敗しないポイントで

コツになりますよ。

 

そのひと手間とは

「茹でる」こと。

 

フライドチキンなのに茹でる?

と、疑問を感じるかと思いますが、

 

お肉の下準備として

茹でることで

しっかりと火を通すことができるので、

 

生のお肉のままよりも

揚げる時間が短くなります。

 

中まで火を通そうと、

長い時間あげていると、

 

外側はガリガリになり

肉汁はどんどん出て

パサパサなのに生焼けという

最悪の失敗をしてしまいます。

 

そこで重要なのが

お肉を茹でると言うことなんです。

 

では、さっそく

失敗しらずの

 

絶品フライドチキンの

レシピをご紹介したいと

思います。

 

材料

鶏もも肉2枚

 

※下茹で

水 適量

セロリ 1本

長ネギ 1/2

 

玉ねぎ 中1/4

にんじん 1/4

(このほかにも

あまり野菜を使ってもOK)

 

にんにく 1片

しょうが 1片

コンソメ顆粒 大1

 

 

※揚げ衣

卵 1個

薄力粉 適量

 

コンソメ顆粒 大1

黒コショウ 少々

ナツメグ 小1/2

 

オールスパイス 小1/2

すりおろしにんにく 小1

揚げ油 適量

 

作り方

 

・鶏肉の下茹でをする

 

鶏肉は余分な脂や皮を取り除く。

野菜は乱切りにする。

にんにくは軽くつぶしておく。

 

全てを鍋に入れて

かぶるくらいの水を張り、

コンソメ顆粒を入れる。

 

沸騰するまで強火、

沸騰したら弱火に落として

15~20分ほど茹でる。

 

(お肉の大きさや厚みによって

加減してください)

 

・茹で上がった鶏肉を

ゆで汁ごと冷ます

 

お肉が常温になるまで

鍋に入れたまま

ゆで汁ごと冷ます。

 

3.衣をつけて揚げる

 

ゆで汁から出した

鶏肉の水分をふき取る。

卵は溶きほぐしておく。

 

薄力粉に卵以外の材料を

混ぜ合わせる。

 

鶏肉を卵、粉類の順につける。

180度の油で5~7分ほど

表裏を返しながら揚げる。

 

下茹ですることで、

揚げ時間がたったの

5~7分というのは

驚きでしょう。

 

ちょっとしたひと手間で

おいしいフライドチキンが

おうちで作れます。

 

ぜひ作ってみてくださいね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

フライドチキンを茹でるコツとポイント!

 

brandonmiront / Pixabay

 

絶品フライドチキンの作り方を

ご紹介しましたが、

おいしく作るためのコツを

補足しようと思います。

 

まず、下茹でするときのコツですが、

大事なのは火加減です。

 

早く火を通そうと

強火で茹で続けると

お肉が硬くなり、

ジューシーさが欠けてしまいます。

 

弱火でコトコト

火を通すのがポイントです。

 

また、ゆで汁の中で冷ますのも

ジューシーなお肉に

仕上げるための

ポイントなんです。

 

一緒に煮た野菜も

取り出さないでくださいね。

 

野菜と茹で汁と一緒に

冷ますことで

風味が鶏肉に

しっかりと付きますよ。

 

次は衣のコツ。

 

フライドチキンと言えば

やっぱり噛り付いたときの

ザクっという

食感がいいですよね。

 

ザクザク衣にするためのコツは

揚げる直前にたっぷり粉類を

まぶすことです。

 

そして油もたっぷりの量で

揚げてください。

 

油が少ないと衣が

はがれやすくなってしまいます。

 

そして何度もお肉を

ひっくり返さないこと。

 

油の中でお肉を触れば触るほど

衣がはがれやすくなるので要注意です。

 

下茹でして火が十分入っているので

表面の衣をカラっと揚げることを

イメージしてみてくださいね。

 

鶏肉はお好みで胸肉を

使ってもいいのですが、

個人的にはもも肉の方が

ジューシーでおいしかったですよ。

 

まとめ

 

 

 

絶品フライドチキンのレシピを

ご紹介しましたが、

これなら出来そう!と

思ってもらえたのではないでしょうか。

 

フライドチキンを手作りするときの

ハードルの高さは

火の通り具合と食感ですよね。

 

ご紹介したレシピでは

下準備としてお肉を茹でて

中までしっかり火を通しておくので

 

生焼けの心配なく

ザックザクでジューシーな

フライドチキンを

作ることが出来ます。

 

下茹での時に

コンソメや野菜も使うので

お肉自体に風味も付いて

 

とってもおいしくできること

間違いなしです。

 

この方法なら

失敗することないと思いますので

ぜひ今年のクリスマスには

 

ママ手作りのフライドチキンで

パーティーしてくださいね。


スポンサーリンク