恵方巻って皆さんどれだけ知っていますか?

 

 

わたしは節分に決まった方角を向いて

太巻き(恵方巻)を食べる。

という事くらいしか知りません。

 

 

わたしが小さい時は

節分は豆まき(厄払い)しかなかったと思います。

 

 

いつの間にか恵方巻は広まっていたので

だから恵方巻食べる理由はよくわかりません。

 

 

知らないことだらけの恵方巻について

ちょっと調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

恵方巻がいつから流行ったか知ってる?

 

 

 

まず、なぜ節分に行われるかというと

節分は「季節を分ける」ということで

 

立春・立夏・立秋・立冬(季節の始まり)と
年4回ありました。

 

ですが、

日本は一年の始まりは春を指すことが多く

立春を新年と表すので節分は大晦日にあたります。

 

 

そこで、

恵方巻を食べることによって

商売繁盛や家内安全幸福を願う、

厄払いなど様々な意味合いがあります。

 

 

起源や発祥は色んな説があり、

 

例えば、

江戸時代末期から明治初期に大阪商人により

商売繁盛、祈願事の為始まった等の話があるが、

信憑性は定かではないらしい。

 

 

大正初期には大阪の花街で

海苔巻きを恵方に向かって

食べられていました。

 

 

1932年や1940年頃には

大阪鮓商組合が販売促進活動で

「節分」「丸かぶり」など

恵方巻について書かれたチラシを配布していた。

 

 

1949年には土用の丑の日に対抗して

風習を復活させようとしたそうです。

 

 

大阪の寿司組合の戦略が

きっかけで広まっていったんですね。

 

 

ですが、

戦後は習慣が途絶えていたそうです。

 

それから1970年代半ばに

マスメディアに取り上げあげられるようになったり

大阪海苔問屋協同組合が

チラシやイベントでアピールし

 

関西厚焼工業組合も同時期に宣伝活動を行い

どんどん知れ渡っていきました。

 

 

ということで、様々な組合の努力によって

盛り上げたイベントだったんですね。

 

 

わたしはてっきり豆まきと同じように

昔からある行事かと思っていました。

 

 

地域が違うから知らなかっただけかな?

と思っていたのですが…

案外最近広まったものなんですね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

恵方巻が関東でも食べられ始めたのはいつから?

 

 

恵方巻は大阪から広まったことはわかったけれど、

今は全国的に広まりましたよね。

いつからどのように広まったのでしょう。

 

 

1989年に広島市のコンビニエンスチェーンで

「恵方巻」に目を付け販売され始め、

1995年には西日本にも販売エリアが広まりました

そして、1998年に全国展開され普及していきました。

 

 

スーパーマーケットも1990年代前半から

関東の一部地域で販売され始めました。

 

 

某調査サイトのアンケート結果によると

2005年には認知度が83.6%で

2012年には96.5%にまで上がり

すっかり恵方巻の行事が浸透していることがわかりますね。

 

 

実際に食べたことがあるかどうかは

2005年は54.5%と半数程でしたが、

2012年には74.2%もの人が食べたことがあるそうです。

 

 

一人暮らしの人はなかなか食べる機会が

少ないかなと思っていましたが

案外多い印象を感じました。

 

 

恵方巻は2月の目玉商品として

大成功したみたいですね。

 

 

わたしは全然知らなかったのですが、

実は最近、夏にも恵方巻があるみたいです。

 

 

今度は夏休みやお盆をターゲットに

夏から秋への季節の変わり目(立秋)前の

8月の節分に、縁起物として消費を上げようと

コンビニやスーパー、百貨店で広まっているようです。

 

 

夏の恵方巻の認知度はまだまだ低そうですが

これからの各企業戦略によって

一般的なものになっていくのかもしれませんね。

 

 

方角は1年変わらないので2月と同じだそうです。

 

 

春と秋前にするならそのうち夏と冬前の

恵方巻も出てきそうですね。

 

 

企業が作ったイベントだとは知りませんでしたが、

せっかくのイベントですし

楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

イベントを口実においしいものを頂きましょう。

 

さいごに

 

恵方巻について調べてみると

結構意外なことばかりでした。

 

 

夏の恵方巻については

まだ知らない方も多いでしょうし

職場などでちょっとした

ネタにいかがでしょうか。


スポンサーリンク