車を買い替えたタイミングで、ディーラーから絶対勧められますよね。

 

でも、本当にドライブレコーダーはいるのでしょうか。

結論からいえば、車を運転する環境にもよりますね。

 

まずはメリットデメリットを確認しておく必要があります

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ドライブレコーダーのメリット

 

 

メリットは

 

このドライブレコーダーですが、

最大のメリットはやはり記録が証拠として
残せることではないでしょうか。

 

例えば、
車を停めている間に当て逃げされてしまったり、
車上荒らしに遭ってしまった場合など

 

車の持ち主がその場にいなくても
動かぬ証拠を押さえることが出来ます。

 

また、運転中に不運にも事故に巻き込まれた場合など
相手に非があっても、目撃者がいないために責任を問われてしまうような
ケースから身を守ることが出来ます。

 

最近ニュースで見聞きすることの多い
煽り運転の被害に遭ってしまった場合などにも強い味方となるでしょう。

 

誰しもが事故には遭いたくないはずです。
ですが、いつ、どこで、何が起きるのかなど
誰にも分からないのです。

 

転ばぬ先の杖ということわざのように
万が一を考えると、ドライブレコーダーを搭載しておくことは
安心に繋がるような気がします。

 

このようにメリットを並べてみると
ドライブレコーダーは必要なのではないかと思えてきますね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

ドライブレコーダーつけるべきでないデメリット!

 

 

万が一に備え、優秀なメリットの多いドライブレコーダーですが、
本当に欠点がないのでしょうか?

 

実際に、ドライブレコーダーを搭載したことのある人たちの声を調べてみると、
意外にもデメリットといえる部分もあるようです。

 

数ある意見の中から、最も多かったデメリットと言える声をまとめてみました。

 

・ドライブレコーダーのサイズが合わず、運転がしにくい

  ドライブレコーダーは機能により、その大きさも多様です。
  一般的に、レコーダーは前方に付ける物が多いので、サイズによっては運転の邪魔になる
  と感じる人がいるようです。

 

・駐車中の監視を行うとバッテリーに悪影響だ

  ドライブレコーダーの種類によっては、駐車中も監視機能録を行うタイプのものが
  あります。

 バッテリーから電気を供給しているので、当然バッテリーに影響が及びます。
 安価な物であれば、バッテリーが上がってしまうこともあるようです。

 

・カーナビやカーテレビの感度が落ちる

  カーナビなどの使用する際に必要な地デジのアンテナケーブルの近くに
 ドライブレコーダーの配線を行うと地デジの感度が落ちるというケースが多いようです。

 

 最近ではこのようなトラブルに対する対策が施されたレコーダーもあるようですが、
 安価のものであれば期待できそうもありません。

 

・プライバシーが守られない

 この問題は、人によって様々な捉え方があるかと思いますが
 駐車中も運転中もずっと記録されているとしたら
 いつ、どこに行ったのか。誰と行ったのか。プライベートが筒抜けです。

 

 家族と車を共有している場合など、知られたくないことがある人にとっては
 大きなデメリットになりまねません。

 

このように、実際にドライブレコーダーを使用した人の
マイナス意見があるのが現実のようです。

 

もちろん、レコーダーの種類は多様ですし、あくまでも使用した人の
個人的な見解です。

 

全ての人に当てはまるわけではないので、参考程度と考えてくださいね。

 

つける意味ある?ドライブレコーダーの必要性は人それぞれ

 

 

ドライブレコーダーのメリット、デメリットをそれぞれ挙げてみましたが
個人的な意見としては、人それぞれの捉え方があるのだと思います。

 

運転する機会が多かったり、定期的に長距離の運転をする人や
自宅と駐車場が少し離れていたりするような場合だと
ドライブレコーダーはお守り代わりに安心感を与えてくれます。

 

逆に、
運転する機会がほとんどなかったり、駐車も自宅に車庫があったりするならば
ドライブレコーダーの必要性はあまり感じないのかもしれません。

 

先ほどもお伝えしましたが、
最近のドライブレコーダーは多種多様になっているので、機種によっても
印象は変わってくるのだと思います。

 

結論として、ドライブレコーダーの必要性は、
人それぞれ、置かれている環境によって異なるのだと思います。

 

まとめ

 

 

 

以前はタクシーやバスなど、業務用車両の事故対策として
取り付けられることが主流だったドライブレコーダーですが、
年々、自家用車にも搭載する人が増え、注目を集めています。

 

ドライブレコーダーとは、映像や音声を自動で記録することのできる
車載機器です。

 

価格は安価な物であれば5千円未満のものから高価な物まで
幅広い価格で売り出されています。

 

性能も様々で、単純に記録だけする物もあれば、
カーナビを搭載しているものまで多様です。

 

最近では、一般の方のドライブレコーダーの映像などが
ニュースで使われることもあるくらい、普及率は高くなっているようですね。

 

ドライブレコーダーについて、まとめたものをご紹介しましたが
長所、短所は人それぞれの感じ方一つだと思いました。

 

運転する身として、安全を心がけていても
いつ何が起こるかはわかりません。

 

例え、ドライブレコーダーを搭載していたとしても
マナーある安全運転を心がけることが事故を回避する基本ですね。

 

もし、これからドライブレコーダーの購入を検討される方がいたら
ぜひ、ご自身のライフスタイルを基準に考えてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク