乾燥が気になる季節。

オリーブオイルが乾燥に効くと聞いたけど、

それって人間だけなんでしょうか。

 

愛犬の乾燥対策にも

オリーブオイルは使えるのか、

効果はどうなのか、

調べていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

犬にオリーブオイルを塗る効果とは

 

 

体が毛におおわれている犬ですが、

毛が生えていないところ、

鼻や肉球は常に

外からの刺激にさらされています。

 

なので、他の部分より乾燥しやすく、

犬がかゆそうな仕草をしていることは

ありませんか?

 

冬はエアコンや暖房のそばで、

鼻や肉球は乾燥しやすいです。

 

犬は常に鼻が濡れています。

それは、匂いをしっかり嗅ぎ分けるためなのです。

 

老犬になってくると

鼻からその分泌液が出にくくなって

乾燥してきたりします。

 

また、犬の肉球って散歩で外を歩く時にも

地面に直に触れています。

暑さ、寒さなど刺激が多いのです。

 

 

毛のケアはすることが多いので、

肉球は忘れがちですが

乾燥していることがあります。

 

ひび割れを起こしてしまったり、

出血してしまったり。

 

痛くてお散歩にいけない

ということを防ぐためにも

日ごろからしっかりと

ケアをしていきたいものです。

 

肉球などを保湿する専用のクリームも

売られていますが、

 

 

比較的簡単に手に入れられるのが

オリーブオイル。

 

犬って肉球をなめったりかじったりするから、

口に入ってしまっても大丈夫なのかな?

って気になりますよね。

 

オリーブオイルは自然の植物オイルなので

なめてしまっても大丈夫です。

 

こちらは、危険でない安全なオリーブの参考です。

オリーブオイルの危険でない本物の銘柄はこれ!知っておきたい4つの見分け方

 

体にいい成分が含まれていて、

便秘解消などにも一役買ってくれますし

体の内側からケアすることができます。

 

犬は人間よりも皮膚が敏感なので、

肌に優しいものを使ってあげたいですよね。

 

オリーブオイルの主な成分は

オレイン酸という不飽和脂肪酸の一種です。

 

オレイン酸には

皮膚の保湿をしてくれる働きがあります。

 

バリアを張って乾燥を防ぐイメージを

持ってくれたら分かりやすいかと

思います。

 

中からの水分の蒸発を防いで、

外からの刺激を守る感じです。

 

またビタミンAやビタミンEなど

皮膚にいい成分も含まれています。

 

これらのビタミン類は血行をよくして、

代謝を高める役割があります。

 

肉球は他の場所よりも

治るのが遅めなので、

代謝を高めて新しい皮膚を

作ることができます。

 

 

 


スポンサーリンク


 

 

犬へのオリーブオイルを塗る量

 

 

犬の乾燥対策に、

オリーブオイルが安全でいいということ

が分かったところで、

実際に使ってみましょう。

 

オイルなので、少量で十分に広がります。

あまり多く塗りすぎると、

床もべたべたしてしまいますし、

 

肉球に多く塗ってしまうと

歩くときに滑りますし、

ほこりなどの汚れもつきやすくなります。

 

目安は触ったときに、

するっとしているくらいです。

 

多く塗りすぎてしまったら、

ティッシュや柔らかい布などで

少し落としてあげましょう。

 

オリーブオイルを手に取ったら、

肉球をマッサージするように

塗ってあげてください。

 

マッサージすることで、

血行促進で効果もより期待できますし、

愛犬とのスキンシップもとることが

出来ます。

 

鼻にもちょんちょんと塗ってあげましょう。

 

余談ですが、オリーブオイルは

毛がきれいになるという効果もあるので、

肉球や鼻以外にも使える万能なオイルですよ。

 

オリーブオイルって万能?

ワンちゃんにも猫ちゃんにも

使えるんですね!

猫の便秘にオリーブオイルを使う効果とコツをドドンと紹介

まとめ

 

 

人間の乾燥対策に有効なオリーブオイルは

犬にも効果があります。

 

自然のものなので、

なめてしまっても大丈夫というところが

安心して使えますね。

 

オリーブオイルに含まれるオレイン酸、

ビタミン類が皮膚の乾燥から守り、

さらに新しい皮膚を作るのを促す働きも

ありました。

 

少量で済むので、コストパフォーマンスもよく、

愛犬との触れ合う時間を増やしてもくれます。

 

愛犬の乾燥が気になる方、

一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク