犬が「クシュン」とくしゃみをするのを

見たことがありますか。

 

 

人間と同じようにくしゃみをして、

なぜだかその仕草はかわいらしく思えます。

 

 

しかし、一回だけではなく、

何回も止まらないくしゃみをしていたら

それは何かに反応しているのかも

しれません。

 

 

愛犬の止まらないくしゃみ、

その原因を探っていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

犬がくしゃみをしていたら花粉症を疑うべき?

 

 

犬がくしゃみをしていたら、

 

 

何か鼻に入ったかな?

風邪かな?とか

 

 

思いますよね。

 

 

一時的なら気になりませんが、

毎年同じ時期、

同じ場所、など

何か共通していることがあれば

 

 

アレルギーを疑ってみても

いいでしょう。

 

 

人間で代表的なアレルギー、

花粉症。

 

 

実は犬も花粉症を発症するんです。

 

 

しかし、人間と違うのは、

主に皮膚に症状がでるというところ。

 

 

くしゃみもしますが、

体をかきむしるかゆそうな仕草や

涙がよく出る、目の周りがただれるなど。

 

 

このような症状が春先くしゃみと共に

見られたら、愛犬は花粉症に

なっているかもしれません。

 

 

お散歩中にスギ、ブタクサ、ヒノキなど

特定の植物の近くを通った、など

気になる点があれば病院に行きましょう。

 

 

花粉症になってしまったら、

 

 

お昼と夕方の花粉が飛ぶ時間帯はお散歩を避け、

帰ってきたらタオルで拭くなどして

しっかり花粉を落としてあげます。

 

 


スポンサーリンク


 

 

犬のくしゃみが心配!連発する原因

 

 

 

 

花粉症のほかにも犬が

くしゃみを連発する理由があります。

 

 

人間は風邪の時、

鼻になにかほこりなどが入ったときなど

くしゃみをしますね。

 

 

犬は人間より嗅覚が優れているので、

鼻に刺激があるものに敏感です。

 

 

飼い主の香水や消臭スプレーなどでも

犬にとってはきついにおいとして、

反応してしまう犬もいます。

 

 

また、ハウスダストにアレルギー反応を

示す犬もいます。

家のお掃除はこまめに、

換気もしっかりしましょう。

 

 

 

そこで、

犬のくしゃみの原因をいくつか挙げてみます。

 

 

・ウイルス、細菌によるくしゃみ

犬のくしゃみで一番多いのがこのタイプ。

ウイルスや細菌によって、鼻炎を起こして

くしゃみ、鼻水を伴うものです。

 

 

・アレルギー

さっき述べたように花粉やハウスダストなどに

反応してくしゃみを連発する場合です。

特定の植物、季節、家の環境など

くしゃみの原因になります。

 

 

・歯周病

歯磨きをあまりしないことで歯周病になり、

ひどくなると、炎症が鼻まで達してしまいます。

そうすると、くしゃみ、鼻水を引き起こします。

 

 

また、病気が隠されていることもあります。

くしゃみが長引く病気を何個か紹介します

 

 

・ケンネルコフ

伝染性気管気管支炎というウイルス性の病気です。

特に子犬で多く見られ、

くしゃみ、咳、発熱などの風邪に似た症状があります。

 

 

飛沫感染するので、乾燥した時期は

子犬や免疫力が落ちている犬は注意です。

 

 

・犬ジステンパーウイルス感染症

目やに、鼻水、くしゃみなどの症状を伴う

犬ジステンパーウイルスによる病気です。

 

 

ワクチンを接種していれば、

比較的軽く済みますが、

重症化すると、麻痺やけいれんなどを

引き起こしてしまいます。

 

 

 

アレルギーの原因となるものを排除する、

掃除をしっかりとする、

ワクチンを接種することで

続くくしゃみを止めることができるかもしれません。

 

 

最後に病気ではないけど、

くしゃみをすることがあります。

 

 

それは、嬉しいとき。

ごはんやお散歩、飼い主が帰ってきたとき、

嬉しくて、その興奮を落ち着かせるために

くしゃみをするんだそうです。

 

 

こう聞くと、かわいらしさが増しますね。

 

 

病気なのか、

精神的なものなのか、

しっかり観察してみましょう。

 

お散歩のことを考えても、花粉情報は

気になる所!

東京だったらいつまで飛ぶんでしょ?

花粉症 東京だったらいつまで飛ぶの 気になる情報とサイトをリサーチ!

まとめ

 

 

犬がくしゃみを連発する理由は、

アレルギーによるもの、ウイルスなどによるもの

などがありました。

 

 

くしゃみと共にでる症状や、

特定のアレルギー源になるものなど

気になることがあれば病院へ連れていきましょう。

スポンサーリンク