夏にディズニーランドへ行こうと

と思ったら

 

やっぱり夏らしく浴衣を楽しみたい

 

ただ、

浴衣って着替えが悩みだよね。

 

近隣に住んでいたり、

事前にホテルに泊まっていれば

浴衣に着て行けるけど

 

例えば

私は愛知に住んでいるんだけど

移動費を抑えるために夜行バスを使って

直接行く場合は着て行くわけにはいかない。

 

移動中はラクな格好をして着いてから

着替えたいけど場所ってあるのかな?

 

パーク内で着替えるところがあると

一番助かるけど

公式ページで検索したけど更衣室は無さそう。

 

マナー違反しない為にも

事前に確認しておきたいよね。

気持ちよく浴衣インを楽しもう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ディズニー 浴衣 着替ができる場所

 

 

・ディズニーランド内での着替え場所は?

残念ながら更衣室などは無いみたい。

トイレは着替える場所ではないし

迷惑だからやめようね。

 

どこかの店舗とかのトイレとかで

着替えるのもマナー的にNG。

 

なんだか、もう諦めるしかなさそうに

思えてくるよね。

 

いやいや、ちゃんと方法があるよ!

ただ、ちょっとお金はかかってしまう…。

 

・ディズニーランド近辺の美容室を利用する。

お金がかかるというマイナスイメージが強いかもしれないけど

浴衣を着慣れていない人に嬉しいメリットがある。

 

着付けのプロに着せてもらえて着崩れにくいから

長時間着ていても負担が少ない

 

店舗によってはレンタルもあるから

利用すれば荷物を少なくできる。

 

美容室を利用する時のポイント

  • 着付けは上手い下手があるからできれば口コミを確認。
  • 自分でヘアセットする場合は事前に行うのがおすすめ。

 

浴衣は暑いし動きづらいから

先にやっておくと余計な汗をかかずにすむよ。

 

それに、浴衣をレンタルする場合は

セットしていった髪の印象に

合ったものを選ぶことができる。

 

 

 


スポンサーリンク


 

 

ディズニー 浴衣 着替えるときの注意点

 

 

浴衣は近くの美容院などで着つけてもらえるから安心。

と思ってない?

 

浴衣は着慣れていないから注意しなきゃいけないことが多い。

 

浴衣を着る際に

注意した方がいいことをまとめてみたよ。

 

≪持ち物≫

・ハンカチ(大きめ)

手を拭くのはもちろん、浴衣は暑く汗をかくから

汗拭きとしても大活躍。

 

タオルハンカチだと厚みもあって帯のゆるみを

直すこともできて便利。

 

・絆創膏

下駄は履きなれないとすれる可能性が高い。

濡れてもはがれにくいモイストヒーリング用の方が

 

ピッタリくっついてクッション性もあるからおすすめ。

今は靴擦れ専用の物もあるみたいだよ。

 

 

・ウェットティッシュ

汗拭きシートでもいいけど、使い方が多様な

ウェットティッシュが良いと思う。

 

下駄は足が汚れやすいからちょっと拭きたい時に、

手が汚れた時やメイク直しにも使えるよ。

 

≪着崩れ≫

着崩れやすいところは衿元や裾、帯はわかりやすいよね。

 

自分で見えるし、

動きにくくなるから気づきやすい。

 

でも、見えないところも着崩れている!

 

・背中

立ったり座ったりすると背中部分がゆるくたるんでしまい

いつの間にかシワシワになっていることも。

 

・お尻

動くとゆるくなり裾が落ちてきてしまうことも。

裾が落ちてきてないか時々チェックするといいよ。

 

こういう見えない部分も

気を付けるとキレイに着ていられるよ。

 

せっかくの浴衣が

着崩れてしまっていてはだらしないから

着崩れた時の直し方も事前に確認しておいてね。

 

 

 

 

≪汗染み≫

浴衣って涼しそうなイメージだけど実は暑い。

衿元や背中、脇、お尻は汗染みしやすい。

恥ずかしい汗染みの対策ポイント

 

 

・インナーを着る

汗を吸うため、下着が透けないようにする為。

 

おすすめは速乾性のあるカップ付きインナー

重ね着するより薄いから涼しいし

 

下着が無い分ごわつきがなくしっかり着付けられる。

丈は長い方が下半身の透けも防げる。

 

・浴衣の色

薄めの水色やクリーム色などは

汗染みが目立ちやすい

 

だから

紺色などの濃い色だと

あまり色の変化がなくておすすめ。

 

・時間帯

できれば涼しくなる夕方以降がおすすめ。

 

 

ディズニーランドは再入場できるって知ってた?

 

 

朝はラクな格好でアトラクションを楽しんで

夕方からは浴衣で

ゆっくりと楽しんでみては?

 

浴衣は着崩れやすいから

アトラクションは避けたいよね

 

だから、時間帯で分けることで

それぞれ違った楽しみ方ができるよ。

 

浴衣を着たらテンションも上がって

写真をたくさん撮ったりしたいと思うけど、

 

休憩しながらゆっくり楽しむと

キレイな姿を長い時間保てるよ。

 

慣れていないと大変だと思うから事前準備が大切!
しっかり確認して楽しんできてね。

スポンサーリンク