StockSnap / Pixabay

 

7月は梅雨も終わり、

本格的な夏に

突入します。

 

夏休みに入ることから家族連れで

ディズニーに出かけようかと

計画している

ご家庭もあるかと思います。

 

夏のディズニーランドは

海が近いこともあり、

 

陽ざしが強く照り付け

猛暑になります。

 

特に子供は体温高く、

体調の急変も

 

考えられるため服装に

注意しなければ

なりません。

 

そこで今回の記事では、

猛暑の中で歩き回る

ディズニーランドで

 

少しでも快適に

過ごすための

 

オススメの服装を

紹介していきたいと思います。

 

熱中症対策も大切ですが、

濡れ対策や

冷房が効いた室内にいる時の服装も

忘れずに準備して行きましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ディズニーの7月!おすすめの子ども服はこれ!

 

i410hlr / Pixabay

 

まず夏の

ディズニーランドで大事なのが、

日差し対策になりますね。

 

1日中暑い

ディズニーパークでほぼ室外で

過ごすのであれば、

 

動きやすくて熱中症対策に

効果的な服装を

選ばなければなりません。

 

トップスは通気性が良くて、

汗をすぐに吸収して

くれる半袖シャツが良いです。

 

タイトなものだと苦しいので、

少し大き目のものを

選ぶと良いでしょう。

 

Tシャツなら万が一

濡れるアトラクションに乗っても、

 

すぐに乾くので

替えの服を持って行く

必要もありません。

 

また日差しが気になるなという方は、

長袖のラッシュガードを着ると

間違いないです。

 

続いてボトムスはトップスと

同じくらい通気性に

優れたものにしましょう。

 

そのためジーンズは

あまりオススメ出来ません。

 

汗や水がすぐに乾く麻素材のものや、

女の子ならガウチョなどもオススメです。

 

また子供の頭を守るのに、

帽子は欠かさず持って

行きましょう。

 

帽子以外で

首を守ることも大切なので、

 

首に保冷剤を入れたタオルや

クールネックを巻きつければ

熱中症対策にもなります。

 

服装も大事ですが、

こまめに日陰のところや室内で

十分な休憩を取り、

 

衣服に霧吹きをかけたりして

暑さをしのぎましょうね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

ディズニーランド 7月の服装の注意点

 

niekverlaan / Pixabay

 

ここで夏の

ディズニーだからこその注意点です。

 

屋外のパークは猛暑ですが、

レストランやショップは

冷房がガンガンにきいているので、

 

汗をかいたまま

冷えきった室内に入ると

気温差が原因で風邪を

引くケースもあります。

 

風邪を防ぐためにも夏の日でも、

一枚薄手のカーディガンや

 

パーカーなどの

羽織りものを持って

行くと重宝します。

 

最近ではUV加工の

薄手のパーカーなども

売っているので、

 

室温に応じて脱ぎ着出来

とても便利です。

 

カラーバリエーションも豊富ですが、

私はワンポイントとして

ミッキーのワッペンを貼って

オリジナル感を出して行きました。

 

天気の急変にも

柔軟に対応出来るので、

必ず1枚は持参しておきましょう。

 

またディズニーランドは

夏のイベントがたくさんあり、

水を使ったショーが行われています。

 

イベントでは

大量の水をかけられたり、

放水されるので

絶対に服が濡れてしまいます。

 

こういうイベントに

参加するのであれば、

 

乾きやすいTシャツや

ボトムスを余分に持って行き

 

靴は運動靴よりも

ビーチサンダルの方が

良いかもしれません。

 

ただ小さい子がいる場合は

ビーチサンダルだと

滑りやすく危ないので、

 

クロックスやバンドの

ついたサンダルが

良いかと思います。

 

服が濡れたくないという場合は

レインコートを持参し、

濡れ対策に努めて下さい。

 

ディズニーランド 7月の子供の服装 まとめ

 

Victoria_Borodinova / Pixabay

 

いかがでしたでしょうか。

 

真夏の7月のディズニーは

とても暑く、

室内との気温差がかなりあるので

服装選びが重要です。

 

トップスもボトムスも通気性が良く、

締め付けのない

ものを選ぶこと。

 

猛暑のディズニーでの服装は、

シンプルイズベストです。

 

また帽子は熱中症対策で

絶対に欠かせないものなので、

絶対に持って行くようにしましょうね。

 

室内は冷房がきいていて

むしろ寒いくらいの

感覚なので、

 

一枚薄手の羽織りを持って行くと

良いでしょう。

 

UV加工のものなら

室内の寒さ対策だけでなく、

日焼け対策にもなります。

 

夏のディズニーは予想以上に暑く、

体力の消耗も早いです。

 

ですのでいくら服装に

気を付けたからと

言って、

 

それ以外を

怠ってはいけません。

 

子供は遊ぶのに

夢中で水分を取ったり

休憩を取るのも忘れがちです。

 

ディズニーは各所で

飲み物が買える

ところがありますが、

 

夏は行列が出来ている

こともあり並んでいる間に

倒れてしまうなんて

ことになったら大変です。

 

予めペットボトルに

飲料水を入れて持参して

行くことをオススメします。

 

熱中症になる前にこまめに日陰で

休憩を取り、

たくさん水分をとって無理の

ない周り方が大切です。

 

これらのことに気を付けて、

フレッシュに

ディズニーを楽しんで下さいね。


スポンサーリンク