毎日のコーディネートの定番、

デニムの収納方法は意外と簡単です。

 

たたむ、つるす、かける、

この3つを押さえておけば

利便性もあり、おしゃれにもなります。

 

どんな方法があるのか

ご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

デニムを収納する時のたたみ方

 

MichaelGaida / Pixabay

 

デニムはあまり頻繁にお洗濯しなくてもいい

アイテムです。

 

デニムの生地は丈夫ですが、

最近はストレッチが効いているアイテムが多く

よく伸びます。

 

それゆえに、

脱いだ後は履いていたしわができていたりします。

 

 

脱いだら収納する前に

手でしわを伸ばしてあげましょう。

 

基本のたたみ方は、

 

  • 1本になるように縦半分に折る
  • それを3つ折りか4つ折りにする

 

これで終わりです。

 

縦半分に折る際、

ジップやボタン部分を中にして折る場合、

あけた状態にして片側を折り曲げてたたむ

 

ボリュームが出ないので

たたみやすいです。

 

これを重ねて収納すると、

量販店などでよく見る陳列になります。

 

収納ボックスに入れる場合は、

その収納ボックスの大きさや形によります。

 

重ねてしまう収納は、

上から見ると何がどこに入っているか

わかりにくいです。

 

なので、

立てての収納がおすすめです。

 

基本のたたみ方では3つ折り、4つ折りですが

丸めてしまってもいいです。

 

これを、引き出しを開けたときに

一目でわかるように立てて

収納していくのです。

 

大きさにもよりますが、

うまく収納できないときは、

ブックエンドを真ん中の仕切りのように使えば

2列並べることができます。

 

しまうときは一番前、などと決めておくと

奥のデニムはあまり履かないものだ、

と分かります。

 

増えてきたら、

それを目安にして断捨離するのもいいですね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

デニム収納はおしゃれに!誰でもできる簡単アイデア

 

 

デニムを収納する時は

たたんで収納ボックスに

入れている方が多いのではないでしょうか。

 

収納ボックスにまとめてしまうのもいいですが、

レターケースのような整理ボックスを重ねて

デニムを1本ずつ入れて収納してみてください。

 

すぐ取り出せる上に、

1本ずつ入っているので

取り出しても崩れないので便利です。

 

どのデニムが入っているか分かりやすいように

パッチを取り出し側に向けておくといいですよ。

 

また、パンツハンガーが販売されているので、

それを活用するのも。

 

縦半分にしたもの、

それを真ん中で半分にしたものを

ハンガーにかけます。

 

収納する高さによって

長さは変えてみてください。

 

ボックスやハンガーラックに収納してしまえば

すっきりとまとまりますが、

それも面倒なあなた。

 

もっと手っ取り早く収納できるのが

S字フックにかけてしまうというものです。

 

半分に折った状態でも

そのまま開いた状態でもいいので

 

ベルトループをS字フックに

ひっかけるだけの収納です。

 

クローゼットやつっぱり棒にかけておくだけで

お店のディスプレイのような雰囲気になります。

 

たたまないので、

しわがつく心配もありません。

 

また、

脱いだ後にすぐしまってしまわないことで

湿気を飛ばしてくれる効果もあります。

 

もう一つ、かけるだけの収納で

おしゃれなインテリアになるやり方があります。

 

それはロフトや立てかけの階段型ラックにかけるだけ。

 

もはや収納と言っていいのかわかりませんが

メンズライクな部屋にとても似合う

収納方法です。

 

そのほか、洋服の収納の方法については

こちらをご覧ください!

服のたたみ方長袖編|洋服店員が教える速攻&収納力抜群な方法はこれ

 

まとめ

 

 

デニムの収納は、基本はたたんで立てて収納することで

どのデニムがどこに入っているか分かりやすくなります。

 

おしゃれに収納したいなら、S字フックにかけて

収納するのがお店のようで素敵です。

 

スペースもありますので、

お気に入りを何本かかけて見せる収納にするのも

素敵ですね。

 

 


スポンサーリンク