せっかく買ったデニムがきついとき、

前は入ったのに久しぶりに履いたら

ボタンが閉まらなかった時。

 

なんともいえない悲しい気持ちになりますよね。

でも大丈夫。

 

デニムのウエストは

自分で広げることができます!

 

ミシンを使って縫い直すなどの

専門のテクニックはいりません。

家庭で、しかも自分でできるその方法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

デニムのウエストは伸びる!ジーンズのウエストを広げる!

 

 

まず、デニムには

ストレッチの効いている素材のものと

そうでないものがあります。

 

綿100%のものは触った感じ、

生地がしっかりしています。

洗うと若干縮み、伸びにくいのが特徴です。

 

逆に綿100%でないもの、

ポリウレタンなどが成分にふくまれているものは

ストレッチが効いていてよく伸びます。

 

どちらも履いているうちに

馴染んできますが、

ストレッチが効いているほうが

伸びは感じます。

 

 

成分表示のタグについていますので、

デニムを選ぶときは

この点にも気を付けてみましょう。

 

洋服のリフォームをしているお店なら

ウエストを何センチかは広げることが

可能です。

 

しかし、お直し代がかかります。

3000円ほどで出来るようですが、

 

何回も直してもらうのは

金銭的にもきついですよね。

 

また、市販の商品で

ウエストのボタンの位置を

ずらせるものがありました。

 

ボタンとわっか状のゴムがついており、

フロントのボタンにゴムをかけ

もとのデニムのボタンは使いません。

 

ゴムについているボタンで留めるので

ゴムの分が伸び、ウエストに余裕ができて

きつくないというものです。

 

このようにウエストがきついときに

お金をかければ広げることができます。

 

では、

次にお金のかからないやり方

お教えします。

 

手持ちのデニムのウエストを伸ばしたいとき、

やってみたいことは、

まず手で引っ張ってみましょう。

 

学生のころ、

ジャージを引っ張ってのばしたのを

思い出してしまいますが、

これが思っているよりは伸びるのです。

 

 

デニムを

真ん中で右半分と左半分にみて

片方ずつ手で引っ張ります。

 

このときボタンやジップは外しておきます。

 

両方に同じぐらいの力が加わるようにして

片方だけが長く伸びないようにしましょう。

 

これをすると、

留められなかったボタンが

留められるようになるそうです。

 

あとちょっとで留められるのに…

というときに

まずやってみてくださいね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

ジーンズのウエストがつっぱり棒で!

 

StockSnap / Pixabay

 

手で引っ張るのを試してみたら

今度はご家庭によくある

あの便利アイテムを使ってみます。

 

それはつっぱり棒です。

 

壁と壁の間などに設置して

物をかけられるようにしたりする

便利アイテムです。

 

つっぱり棒なら伸縮するので

伸ばしたい長さを

自分で決めることができます。

 

 

 

洗濯したあと、

濡れている状態のときに

行います。

 

デニムを普通に履くように広げ、

つっぱり棒を入れて乾かすだけの

簡単なアイデアです。

 

このときに

生地を傷めたり、跡がつかないように

 

タオルなどをつっぱり棒の端に

あてておきます。

 

 

あとは好きな長さにつっぱり棒を

固定して乾かすだけです。

 

4~5㎝くらいはのびるそうなので、

手っ取り早く、お金もかからないのが

いいですね。

 

しかし

自力もつっぱり棒も

無理に伸ばす方法なので、

生地を傷めてしまう心配な点もあり

ます。

 

何回もやるのはちょっと不安ではありますが、

わたしもピンチの時は

試してみたいと思いました。

 

 

まとめ

 

 

デニムがきついと感じたとき、

お店でお直しを頼む前に

自分で引っ張ってみるといいでしょう。

 

また、洗濯後につっぱり棒でのばして乾かすと

簡単に数センチゆるくなることがわかりました。

 

そのとき、ストレッチが効いているデニムのほうが

伸びやすいです。

 

お金もかからないのでお財布に優しく

あとちょっとだけ伸ばしたいなー、というときに

便利なアイデアだと思いました。

 


スポンサーリンク