持っているジーンズを
ダメージジーンズにリメイクすることは
意外に簡単です。

 

ユニクロやGUのジーンズでも
大丈夫。

 

カッター、やすりなど身近にあるもので
作れます。

 

その作り方をご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ダメージジーンズの作り方 【裾】編

 

 

メージジーンズを買うとき、
ブランドものになると
それなりの値段もします。

 

ならば、
自分で作ってみては
どうでしょうか。

 

ユニクロやGUで買えるジーンズを
自分の好きなように
加工してみましょう。

 

 

ダメージジーンズに加工することで、
ヴィンテージ感やこなれ感が増して
おしゃれの幅も広がります。

 

ユニクロやGUのジーンズは値段も手ごろなので
万が一失敗してもいいか、と思えるので
初めて挑戦する時に
おすすめです。

まずはカットオフデニム
裾が縫っておらず、
切りっぱなしになっているデニムです。

 

 

これを作るのはとっても簡単で
用意するのははさみだけ。

 

自分の好きな長さのところを
はさみで切ります。

 

このままでも十分ですが、
少し糸を出してフリンジのようにするのも
おしゃれです。

 

手で切った部分を少しほぐすと
糸が自然に出てきます。

 

ジーンズはブルーの縦糸と
白い横糸で編まれていますので、
白い横糸を引っ張って切ると
縦糸が残ります。

フリンジにしたい部分まで
横糸を取り除いていきましょう。

 

カットオフデニムは丈が短めですので、
春夏には足首が見えて涼しげです。

 

秋冬には、あえて靴下を見せて
おしゃれに着こなすことができますよ。

 

 


スポンサーリンク


 

 

ダメージジーンズの作り方 【膝】編

 

 

次に、ダメージジーンズでよく見られる

に加工がされているもの。

 

ダメージジーンズといったら
真っ先に浮かぶものですね。

 

これも意外に簡単にできます。

 

用意するのは、
カッター、ペン、
必要に応じてやすりやピンセット

などあると便利です。

まずは、
ジーンズを履いて
加工する部分を決めます。

 

実際に履かないと
作った後に思っていた場所と違う、
ということが起こるので
確認しておきます。

 

場所とどのくらいの大きさを
加工するかを決めたら、
そこにペンで印をつけます。

 

デニム生地でもしっかりわかるよう
マジックなどで書いてしまいます。

 

書いても加工すると
わからなくなってしまうので
しっかりと書いて大丈夫です。

 

そしたら、
段ボールなどの厚紙を
中にいれます。

 

これは間違って下の生地まで
切ってしまわないためです。

 

これで準備は完了です。

 

 

いよいよ切り込みをいれます。
このときカッターは横方向に
動かします。

 

ダメージにしたい部分の上下
2本横に切ります。

 

カットオフデニムのときは、
縦糸を出すために
横糸を取り除きましたが

今度は横糸を残します。

なので、絶対に縦には入れないでくださいね。

 

切り込みを入れたら、
カッターの背の部分でそこを
削るようになぞっていきます。

 

そうすると、
だんだんそれぞれの糸が
分かりやすくなってきます。

 

青い縦糸を取り除いていきます。
指でやりにくいときは
ピンセットを使うといいですよ。

 

最初は神経を使いますが、
多少横糸が切れてしまっても
気にしなくて大丈夫。

 

 

ランダムになっていても
それはそれでオッケーです。

 

加工した部分はやすりをかけると
自然な感じになりますよ。

ストレッチが効いているジーンズは
生地が切りにくいと言われています。

 

はさみでもできますので、
カッターで切り込みが入れにくい場合には
はさみで切ってしまうのも
簡単にできますよ。

 

ダメージジーンズについては

こちらの記事も是非どうぞ!

ダメージジーンズを作るのに失敗した時?店員が伝授する秘訣はこれ!

 

まとめ

 

 

ニクロやGUのジーンズでダメージジーンズを
作っている人はたくさんいました。

 

簡単に手に入れられること、
安価なので失敗しても精神的なダメージが少ないこと、
もう少しこうだったらいいのに、
という気持ちから加工する人も。

 

はさみ、カッターなど身近なもので
簡単にできるので、
挑戦してみてくださいね。


スポンサーリンク