user1442 / Pixabay

 

フルウィッグをつけた時に

頭のてっぺん部分が

 

ぼこっとなって

浮いてしまったりすると

 

頭が大きく見えてしまったり、

不格好に見えてしまいますよね。

 

自分の頭のサイズに合わないと

もみあげや

 

襟足などの浮き毛も目立ち、

とても不自然です。

 

せっかく気に入ったウィッグを

買ってつけたのに、

そんな状態では

テンション落ちますよね。

 

でも大丈夫です!

 

この記事では大きいサイズでも

簡単に直せる方法や、

 

被り方の裏技を

紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

コスプレウィッグの大きいサイズを直す方法

 

ThomasWolter / Pixabay

 

ウィッグはアジャスターで

サイズ調節が

 

出来るようになっているものが

多いですが、

 

頭が小さかったり

ウィッグ自体が

大きかったりすると

 

一番小さくしても

返って不自然に

見えてしまいます。

 

そこで、簡易的に治せる

手っ取り早い方法が

2つあります。

 

まず1つ目は

ウィッグネットを被る時に

 

ウィッグが浮いてしまう部分に

地毛をまとめてから被る方法です。

 

お団子など

少しでも隙間を埋められる髪型なら

何でも良いでしょう。

 

浮いてしまうなと思ったところを

地毛でまとめてあげると

少しはましになることがあるそうです。

 

2つ目は

浮いている箇所に

 

ハンカチやタオルを

入れる方法です。

 

恐らく一番簡単なやり方ですが、

ハンカチやタオルを入れることで

ウィッグが浮き防止にも

繋がります。

 

ハンカチやタオルを入れる際は、

必ずウィッグネットの下に

 

入れてからウィッグを

被るようにしましょう。

 

ウィッグネットがなければ

水泳用の帽子でも

代用になるみたいですよ。

 

これらは簡易的な方法ですが、

それでも不自然に

見えてしまったり

 

ウィッグ自体を小さくして

自分の頭のサイズに

あったものにしたいという方は

次の方法を試してみて下さい。

 

 


スポンサーリンク


 

 

裏技!コスプレ用ウィッグ!大きいサイズのかぶり方!

 

StockSnap / Pixabay

 

ずばり!

ウィッグ自体を縫って

小さくしてしまう

方法です。

 

まずウィッグの深さを

浅くしたい、縦の長さを

縮めたい場合のやり方です。

 

縫いやすいように

ウィッグを裏返しにします。

 

縮めたい場所をつまみ、

山折りになるようにして

波縫いをしていきましょう。

 

これだけでも大丈夫ですが

縫い縮めた部分が

気になる場合は、

 

まつり縫いをして平らに

して下さい。

 

ポイントは

浮いている部分を倒して平らに

縫いつけるような感じです。

 

次はウィッグの幅を狭くしたい、

横の長さを縮めたい場合の

やり方を紹介します。

 

縮めたい場所をつまみ、

山折りにして

縫い合わせるようにします。

 

1箇所だけでなく、

気になる箇所は全てやって下さい。

 

縦の長さを

縮めるやり方と同じように、

 

縫い合わせた場所が

平らになるように下の生地と

縫い合わせます。

 

気になる場所全てに

この作業をしたら完成です。

 

縫うのはちょっと・・・

という方でも簡単に

出来ますので、

是非挑戦してみて下さい。

 

縫うやり方が

一番自分の頭にフィットして

自然に見えるかと思います。

 

 

まとめ

 

Gromovataya / Pixabay

 

ウィッグは

フリーサイズがほとんどだと

思うので、

 

なかなか自分サイズのウィッグに

出会うことは

難しいかと思います。

 

せっかく

可愛いウィッグを買ったのに

いざつけてみるとぶかぶかで、

 

不自然に見えてしまったら

格好悪いですよね。

 

簡単な方法で

処置出来る対処法もありますが、

 

縫うやり方の方が

一番自然に見えて頭のサイズも

フィットします。

 

ただし縫う方法は

一度縫ってしまうと元に

戻すのが大変なので、

 

仮縫いをして一度

被って調節してから

 

本縫いするようにした方が

いいでしょう。

 

また最近はデザインや形、

色など自分の好きなものを

 

オーダーメイド出来る

ところもあります。

 

金銭的に心配な人も

大丈夫なように、

 

比較的リーズナブルな価格で

注文出来ます。

 

購入してから

自分で治すことが面倒な人は

 

最初からオーダーメイドで

作ってもらっても

いいかもしれません。

 

自分に合ったウィッグが

見つかるといいですね。


スポンサーリンク