初めてコスプレイベントに参加するあなた。

着替えは会場でしたいけど、

ウィッグはどうやって持ち運んだらいいか

迷っていませんか?

 

 

そのまま袋に入れてしまっては

しっかりセットしたものが

崩れてしまいますね。

 

 

形をキープするには

箱に入れて外からの衝撃をなくしましょう。

 

 

コスプレイヤーさんみんながやっている方法を

紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

セットをくずしたくない!コスプレウィッグの持ち運び方法をご紹介!

 

 

コスプレに欠かせないウィッグ。

イベント会場までの移動は私服で行きたいけど、

ウィッグはどうやって持っていったらいいのか

迷いますよね。

 

 

イベントによっては安全面での理由から

会場でスプレーを使ったセットを禁止されていることもあり、

持ち運んでいる途中にセットが崩れてしまったら

せっかくのコスプレの魅力も半減。

 

 

では会場までどうやって

持っていけばいいのでしょうか。

 

 

多くのコスプレイヤーさんがやっている方法が

段ボールなどの箱に入れて運ぶか、

ネットに入れて運ぶ方法です。

 

 

一つ目の段ボールなどの箱に入れて運ぶ方法は、

ウィッグスタンド、なければ新聞紙などを頭に詰めて

ウィッグをかぶせて箱に入れます。

 

 

ウィッグスタンドは、

帽子を販売しているところでよく見る

人間の頭の形をしたスタンドです。

 

 

ウィッグを販売しているところで買えるそうですが、

100円均一で置いているお店もあるそうです。

(ただし頭の形をしているのは100円ではないようです)

 

 

入れる箱は大きすぎると、

中でウィッグスタンドが動いて

セットが崩れる可能性があります。

 

 

ウィッグを買った時に入っていた箱や

セットした髪がつぶれないよう考えて

ちょうどいい大きさのものを選ぶと

いいでしょう。

 

 

 

ウィッグスタンドはなくても

大き目のペットボトルに

タオルを頭くらいの大きさまで巻き付けて代用したり、

自分でも簡易的なものが作れます。

 

 

土台となる板に

頭となる丸い発泡スチロールを刺した

棒を固定するやり方です。

 

 

発泡スチロールだとかぶせたウィッグを

まち針で固定できるのでずり落ちません。

 

 

これなら部屋にそのまま置いておいても

よさそうな見た目ですよ。

 

 

 

もう一つのネットで運ぶ方法は、

しっかりしたセットがいらないウィッグに

使える方法です。

 

 

ワックスやスプレーがいらないストレートロングや、

しっかり三つ編みなどがされていて、

箱に入れなくてもセットが崩れにくいものです。

 

 

この場合は、

ウィッグを買った時に包まれていたネットなどに入れて

風呂敷で包みます。

 

 

ネットでなくビニール袋に入れてしまうと

静電気が起きて髪が絡まる原因となってしまうので

注意です。

 

 

 

持っていくウィッグのヘアスタイルに合わせて

変えてみてはいかがでしょうか。

 

 


スポンサーリンク


 

 

こだわり派におすすめ!コスプレウィッグ持ち運び専用グッズ

 

 

動では歩いたり電車を使ったりと

どんなに気を付けていても

持ち運ぶ途中でセットが崩れてしまうことも。

 

 

そこで専用の持ち運びケースも売られています。

 

 

段ボール製で軽く、

土台とスタンドがくっついているため

わざわざ調整しなくていいのが便利ですね。

 

 

また、雨の日では心配なので段ボールではなく

プラスチック板などで出来ているものも。

 

 

ウィッグスタンドが動かないように

ベルトがついているものもあります。

 

これなら中で動いてしまうことを防げるので安心ですし、

雨の日の持ち運びもできますね。

 

 

まとめ

 

 

 

スプレウィッグを持ち運ぶときは、

セットが崩れないように気を付けなければなりません。

 

 

ワックスやスプレーなどでしっかり固めたウィッグは

ウィッグスタンドなどにかぶせて箱に入れます。

 

 

あまりセットが必要ないものは

ネットに入れて風呂敷で包みましょう。

 

 

専用のケースも売られています。

「かつら 持ち運び」などで検索すると

ヒットしますよ。

 

 

しっかりセットが決まったウィッグで

コスプレイベント、楽しんでくださいね。

 


スポンサーリンク