mwewering / Pixabay

 

冬の定番、ココアなら

妊娠中も大丈夫!

 

含まれているカフェインの量も

思ったより少ないんですよ。

 

冬は体の中からポカポカになる

あったかい飲み物が飲みたいですよね。

 

でも妊娠中だとカフェインが気になって

コーヒーも飲めない。

 

カフェインって眠気覚ましに

よく飲みますが他にもめまいや震え、

神経を興奮させたり不安にさせたりする

作用があるんです。

 

摂りすぎると母体だけじゃなくて

胎児の成長にも悪影響がと考え出すと

こわくて何も飲めなくなりそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

妊婦は飲み物に困る?ココアはカフェイン入ってる?

 

DigitalMarketingAgency / Pixabay

 

妊娠中の飲み物は

何を飲んだらいいのか困りますよね。

 

当たり前のように飲んでいた

緑茶やコーヒーはカフェインが気になる

でもルイボスティーや麦茶ばっかりだと

飽きちゃいます。

 

妊娠中にカフェインがよくないのは

知っているけど全く摂らないようにするのは

無理ですよね。

 

ココアにもカフェインは含まれています。

 

でも含まれている量はわずかで

コーヒーの10分の1

 

ミルクココアや甘さ控えめなど

種類で違いますがココアの100mlあたりの

含有量は10mg未満です。

 

mgの単位で言われても

よくわかりませんよね。

 

じゃあ、カフェインの摂取量は

1日にどれくらいならいいのか?

 

海外では「WHOはコーヒー1日3~4杯

まで」英国食品安全庁は「コーヒーを

1日マグカップ2杯まで」と妊娠中の

摂取量の上限が決められています。

 

コーヒー2杯で

カフェイン200mgくらいの含有量です。

 

日本では摂取量の上限は

決まってないのですが、欧米人に比べると

日本人は体格も小さいから

同じじゃダメですよね。

 

それにカフェイン摂取量が100mgを超える

と自然流産率が上がるという研究報告も

あるようなので念のために妊娠中は1日

100mgまでに抑えた方がよさそうです。

 

でもこれなら、

ココア1杯くらいなら余裕で大丈夫

 

カフェインは大丈夫なのですが、

妊娠中に飲むココアで注意が必要なのは

糖分とカロリーです。

 

ミルクココアは糖分が多いので妊娠中は

飲みすぎると体重が増えすぎて

妊娠糖尿病になることも

 

カロリーで見てみるとミルクココアは

1杯80キロカロリー

牛乳で作るとプラス130キロカロリーで

合計210キロカロリー

 

クッキー1枚が50キロカロリー位だから…

ココアも1日1杯程度にしておいた方が

良さそうですね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

妊婦がカフェインを気にせず飲めるオススメの飲み物一覧!

 

aedrozda / Pixabay

 

妊娠中にカフェインを気にせず飲める

おすすめの飲み物をご紹介します。

 

  1. 麦茶

 妊娠中に必要な

ミネラルや食物繊維が豊富です。

体を冷やす作用があるので妊娠中は

常温か温めて飲みましょう。

 

2.ルイボスティー

 カルシウムや鉄分、マグネシウムなどの

ミネラルが豊富に含まれています。

 

 鉄分の吸収を妨げるタンニンも緑茶の

3分の1の含有量なので貧血予防にも

おすすめです。

 

3.白湯

 健康や美容に良いと言われていますね。

 

 やかんで10分ほど沸騰させてから

50度くらいまで冷まして飲むのがおすすめ

ですが忙しいときは500wのレンジで1分半

ほど温めても大丈夫です。

 

4.カフェインレスコーヒー

 コーヒーが好きな妊婦さんにとっては

我慢もストレスになって良くないですね。

 

 インスタントやドリップタイプなど

お店にいろいろ並んでいるのでお気に入りを

探してみてくださいね。

 

 スタバなら「デイカフェに変更」と注文すると

プラス50円でカフェインレスに

することもできます。

コンビニならローソンにもありますよ。

 

5.牛乳

 100ml中に110mgのカルシウムが

含まれているので

妊娠中に必要なカルシウムを

簡単に摂取できます。

 

 妊婦さんに必要なカルシウム

1日900mgの補足にぴったりですが

飲みすぎは良くないので

1日1杯位にしておきましょう。 

 

6.ココア

 リグニンという栄養素が善玉菌を増やして

腸内環境を整えるので便秘解消の効果が

あります。

 

 またカカオポリフェノールには

インフルエンザの予防にも効果があると

言われています。

 

 砂糖の代わりにオリゴ糖やはちみつ、

牛乳の代わりに低脂肪乳や豆乳を使って作る

と気になる糖分やカロリーを

抑えることができます。

 

まとめ

 

fancycrave1 / Pixabay

 

妊娠中はいろんなことに神経質になりがち

 

とくに赤ちゃんに影響が出やすい食べ物や

飲み物には敏感になります。

 

でも好きなものを飲めないストレスは

妊婦さんにも良くないしお腹の赤ちゃんにも

伝わってしまいそうですね。

 

カフェインレスのコーヒーや妊婦さん向けの

紅茶などいろんなタイプの飲み物があるので

気に入ったものを見つけて

リラックスタイムを楽しんじゃいましょう。

 

冬定番のココアも作り方の工夫で

カロリーや糖分は抑えられるので

ぜひ試してみてくださいね。


スポンサーリンク