ネットで買ったコートの肩幅がきつくて

困っていませんか?

 

その方法をお教えしましょう!

 

リフォーム店で肩幅を広げてもらえるかは、

生地の残っている具合によって変わる!?

 

広げるのは手間がかかるので

日数や値段も幅があります。

 

お直しについて説明していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

コートの肩幅がきつい!お直し出す時にかかる日数や費用は?

 

 

ネットで欲しいものが買えるようになって

とても便利になりました。

 

近くのお店では探せなかったようなデザインの服も

ネットなら見つけられることありますよね。

 

そんな便利なネット通販ですが、

難点は試着ができない、ということ。

 

服の寸法は載っていますが、

自分で測るというのは

なかなか難しいですよね。

 

だいたいのサイズで購入し、

いざ着てみたらちょっと肩幅が小さい。

 

デザインは気に入っているから

どうにか着られるようにしたいですよね。

 

 

 

 

一番初めに考えるのが、

服のリフォームのお店でお直しを

頼むことではありませんか?

 

コートの肩幅がきついとき、

 

簡単に広げられるかというと

実際はそうでもないのです。

 

大きいものを小さくするのは

生地を切って詰めてしまえばいいので

割と融通が利きます。

 

 

しかし肩幅を広げるためには

服が作られるときに、

肩の部分にどのくらい生地が残っているかで

変わってきてしまいます。

 

 

なので、

㎜単位でしか出せないものや2,3㎝だせるものなど

そのものによって違います。

 

しかし、

既製品はほとんど縫い代が残っていないので

難しいというのがあります。

 

なので、リフォーム店でも、

肩幅を詰めることはやっていても

肩幅を出すことはやっていないお店もあるので

聞いてみるのが一番いいです。

 

他の部分の生地を切り、

肩幅の部分にあてて広げるという

手段もあるそうです。

 

もしも、

袖や丈など切ってもいい部分があれば

そのやり方でもいいかもしれません

ね。

 

お直しにかかる料金と日数は

その素材などで変わってきます。

 

5000円~2万以上のものまで様々です。

 

革のコートや

さっき説明した他の部分の生地をあてる方法など

 

特殊な肩幅の広げ方だと

お値段もあがってくるようです。

 

そして日数も早くて5日から1週間。

もっとかかることもあります。

 

パンツの裾上げなどは

早ければ15分ほどで出来ますが、

やはり手間がかかることがこの日数に

なってしまうんでしょうね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

試してみて!肩幅のお直しが待てない時に自分でできる対処法

 

 

 

お直しを頼めたとして

1週間は時間が必要です。

 

どうしても着たい、お直しが待てない、

というあなたに試してもらいたい方法があります。

 

ミシンや裁縫ができなくても大丈夫。

 

小さいのなら伸ばしてしまえ、

ということです。

 

服をハンガーにかけていて

肩が伸びてしまったという経験はありませんか?

 

それと同じように、

普段使っているハンガーより大きいもの、

紳士用のハンガーなどにかけておくと

少し伸びます。

 

ほんの少しだけですが、

着やすくなると思います。

 

無理に何センチも広げようとすると

生地が裂けてしまう可能性もあるので

注意です。

 

 

 

服自体を広げる方法ではありませんが、

試してほしいのがコートの着方。

 

肩がきついとなると

コートがぱつぱつに見えて肩幅が強調されますし、

腕が動かしにくいということもあります。

 

それを回避するために、

コートのボタンやジップはしめない、

という着方をしてみてください。

 

前のボタンやジップをしめないと

服に余裕ができます。

 

そして少し首を抜き気味に

イメージとしては着る、というより羽織る感じにすると

いいと思います。

 

その場しのぎのやり方ですが、

見た目にはきつそうな印象を受けないと思いますので

試してみてくださいね。

 

じゃあジャケットの腕がきつい時は?

これも店員さんに聞いてみました!

是非合わせて読んでみてください!

ジャケットの腕がきつい時の店員さんのおすすめのこのやり方がいい!

まとめ

 

 

コートの肩幅を広げるには、

 

縫い代がどれくらいあるかがポイントになってきます。

 

 

オーダーではない既製品だと

その縫い代がほとんどないので厳しいですが、

リフォーム店によっては広げてくれるところもあるので

問い合わせてみるのが一番確実です。

 

お直しの時間がないときは、

いつもより大きめのハンガーにかけて

ちょっと広げてみてください。

少しですが着やすくなるはずです。


スポンサーリンク