今回は、猫ちゃんの便秘に

オリーブオイルがいいかもというお話

 

猫が便秘気味で何かいい方法はないかと

お探しのあなた。

 

実はオリーブオイルが便秘解消に役に立つって

知っていましたか?

 

人間では聞いたことがあるけれど、

猫にも大丈夫なのか、

 

やり方、その効果は、など

ご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

猫と便秘とオリーブオイル その効果とは

 

 

猫はだいたい1日に1回排便をします。

2日以上していないと便秘気味だと

いっていいでしょう。

 

そんな時、試してみてほしいのが

オリーブオイル。

 

オリーブオイルが

猫の便秘解消に効果がある理由は、

その成分にあります。

 

主成分のオレイン酸には、

腸の動きを活発にする働きがあります。

 

胃や小腸で吸収されにくいので、

大腸で便と混ざり柔らかくします。

 

また腸の壁を油でコーティングするようなイメージで

すべりやすく排泄しやすい状態に

してくれます。

 

そして、胃酸の分泌を調整して、

消化不良による便秘が

起こらないようにします。

 

 

そのほか、ビタミンEは

自律神経を整える働きがあります。

 

なにかのストレスで緊張状態が続いていたり、

自律神経が乱れると血行が悪くなります。

 

この自律神経を整えてくれることで

腸の血行もよくなり、動きが活発になります。

 

オリーブオイルにはそのほかにも、

消化器の粘膜の働きを助けるビタミンAや

抗酸化作用のあるポリフェノールなど

体にいい成分がたくさん含まれています。

 

 


スポンサーリンク


 

 

猫の便秘にオリーブオイルを使うやり方とは

 

 

オリーブオイルを使った便秘解消法は

まずは食べること。

 

猫がオリーブオイルを口にしていいのかと

疑問に思うかと思います。

 

大丈夫なんです。

 

 

オリーブオイルは自然界の下剤とも呼ばれており、

便秘解消に効果が期待できるほか

毛玉がのどにひっかかるのを取ることもできるそうです。

 

やり方は簡単で、

猫のエサにオリーブオイルを混ぜて与えます。

 

オリーブオイルが大好きな猫も

いるようですが猫は美食家です。

 

自分の気に入ったものしか食べないので、

もしかしたらオリーブオイルの香りなどにも

反応してしまうかもしれません。

 

ドライフードに混ぜて食べてくれなければ、

ウェットフードや液状のおやつなど比較的素材の香りが強く、

 

オリーブオイルの香りをごまかせるようなものに

混ぜてみてください。

 

 

また、スポイトなどを使って

口の端から飲ませるといった方法もありますが、

 

嫌がる猫にはストレスになるので、

無理に食べさせることはやめましょう。

 

オリーブオイルは脂肪をつきにくくして

他の油に比べると太りにくいという特徴がありますが、

 

油なのであげすぎると

カロリーオーバーになってしまいます。

 

肥満にならないよう注意しましょう。

 

また下痢をする子もいます。

下痢になると体の水分が減ってしまいます。

 

水分をあまりとらない猫にとっては

体調を壊す原因となるので様子をみてあげてください。

 

 

小さじのスプーン半分~1程度を目安として

あげる量を調整してみてくださいね。

 

また、どうしても食べない猫には

直接オリーブオイルを塗る方法があります。

 

柔らかい布などで肛門付近にオリーブオイルを塗り、

その周りをトントンと軽くたたいてあげます。

 

これは、子猫のとき、

まだうまく排泄ができないときに母猫が

なめて刺激を与えることで排泄しやすくするのを再現しています。

 

潤滑油になるので排泄がしやすくなります。

 

お母さん猫のように、

優しくなでてあげてくださいね。

 

まとめ

 

 

 

猫の便秘にはオリーブオイルが使えるんですね~

 

オリーブオイルには、オレイン酸やビタミン類、

便秘解消に役立つ成分がたくさん含まれています。

 

エサに混ぜてあげるほか、

マッサージに使うこともできます。

 

もし改善が見られないとき、

猫の具合が悪そうな場合には、

 

病院に行って診てもらいましょう。

 

手軽に取り入れられる方法なので、

猫の便秘が気になるときは一度試してみてくださいね。

スポンサーリンク