OpenClipart-Vectors / Pixabay

 

美容院でカットしてもらった後に、

なんだか思っていた感じじゃないな・・・と

ガッカリした経験ってありますよね。

 

その場では問題なく見えていたのに、

お店を出た後から気になる箇所があった場合

やり直しって出来るのかなと

疑問に思った事ありませんか?

 

そんな疑問を感じたり、過去に気に入らない

けど我慢したという方に

今回は「カットのやり直しは出来るんです」

ということをお伝えしたいと思います。

 

それも、やり直しをするなら、

できるだけ早くがポイントなんです。

 

私たちが

やり直しを言い出せない理由としては、

次のようなことがあると思います。

 

・気になるところがあると伝えることで、

クレーマーと思われないか

・料金がさらにかかるのではないか

・担当の美容師さんと気まずくならないか

 

こんなことを考えていたら、

カットが気に入らなくても

泣く泣く我慢してしまうことが

多かったと思います。

 

今回はそんな心配についても、

美容師さんの意見をご紹介しつつ

解決していきますよ。

 

気に入らないけど、どうしよう・・・と

ストレスを抱えるのはもうやめましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

カットやカラーはやり直してもらえる?気に入らない時の対処法

 

OpenClipart-Vectors / Pixabay

 

美容室で施術をしてもらった後に、

イメージとは違ったスタイルになっていたら

誰しもがガッカリしてしまうものです。

 

カットをお願いしたんだけど、

もっと軽めにしたかったとか、

カラーの馴染みが悪く染まっていないだとか

パーマがすぐに取れてしまったとか

 

ガッカリの原因はいくつかあると思います。

 

こんな時に、次に

美容院に行くまで我慢しようと思っても、

鏡を見るたびに

ストレスがたまりませんか?

 

次の美容室に行くまでの間ずっと

ストレスを抱えるなんて損した気分です。

 

そんな風にストレスを溜めるよりも、

思い切って気に入らないところがあると

伝えてみましょう。

 

やり直しなんて言いずらい

と思っている人にぜひ知ってほしいのは、

どんな美容院でも気に入らない箇所の

対応をするのが基本ということです。

 

カットでもカラーでも、

パーマでも同じくやり直しが可能です。

 

ただし、やり直しをしてもらうためには

いくつかルールがあるんです。

そのルール内ならやり直しは可能なので、

ぜひ知っておいてください。

 

カットのやり直し

カットのやり直しを希望するパターンとして

多いのが、髪の長さ。

 

希望の切る長さが

美容師さんに上手く伝わっていないと、

出来上がった後にイメージが違う

なんてことになりやすいのです。

 

この時には、

具体的に後何センチ切ってほしいのかを

伝えるといいですね。

 

「肩ぐらい」というような伝え方では、

肩よりも短くなのか、

型に掛かるくらいなのか・・・

 

捉え方が人によって違いますから、

イメージにも差が出来てしまうのです。

 

やり直しを希望する時には、具体的に

後どのくらい切りたいのかを伝えると

美容師さんも適切に対応しやすくなります。

 

カラーのやり直し

髪質によっては染が入りにくかったり、

地毛の色の影響で

イメージしていた色とは違う仕上がりに

なってしまう場合があります。

 

自分のイメージは、

出来上がりの色とどう違うのかを

明確に伝えることが

ポイントになります。

 

もっと明るくしたいのか、

それとも暗くしたいのか

それとも色ムラが気に入らないのか。

 

見本になるような画像があれば

持参して見せると

具体的に美容師さんに

伝えることが出来ますよ。

 

パーマのやり直し

パーマも髪質によって

掛かりにくかったり、

逆に強く掛かりすぎてしまったり

することがありますよね。

 

こんな時にも

パーマのかかり具合を具体的に

伝えるようにしましょう。

 

部分的に掛かりが弱い時も、どの部分が

気になるのかを伝えるといいですね。

 

 

受けた施術それぞれに共通しているのは、

具体的に気に入らない部分を

伝えることです。

 

自分の持つイメージを、

いかに美容師さんに正確に伝えるか

がポイントになります。

 

ただし、どの施術でも

やり直しが難しい場合があります。

 

カットの場合だと、短くしすぎたものを

もっと長い方が良かったといっても

これは不可能ですし、あきらかに初めの

注文とかけ離れた要望は聞いてもらえません。

 

セミロングでとお願いしたのに、

やっぱりショートにとはならないですよね。

 

カラーも、まったく違う色に変えてほしい

といったやり直しはNGです。

その他には髪のダメージが酷くなることが

明らかであれば断られる場合もあります。

 

パーマは掛かりにくい髪質の場合、

強めにパーマをかけて2,3日後に

落ち着くことを想定していることがあります。

 

このような場合は美容師さんの計算で

強弱が付けられているので、

やり直さない時がありますよ。

 

パーマの場合も、明らかに施術の仕方が

ちがうようなやり直しは出来ませんし、

ダメージを考慮して

やり直せない場合もあるようです。

 

 


スポンサーリンク


 

 

カットをやり直したい!気になるやり直してもらえる期間や料金は?

 

mohamed_hassan / Pixabay

 

冒頭でお伝えしましたが、

やり直しの申し出は

できるだけ早くがポイントになります。

 

これには理由があって、

どんな美容院でもやり直しは出来る

と言いましたが、

それには期限があるからなんです。

 

美容院によって、

やり直しの期間は様々ですが、

早いところであれば3日、長いところは

10日くらいとなっていて様々です。

 

この期限の間であれば、

たいていの美容院では

無料でやり直しの施術をしてくれますよ。

 

気に入らないけど、

やり直しを言うのは・・・

と悩んでいる間に期限が過ぎてしまっては

どうしようもありませんよね。

 

今後、美容院の施術の後に

やり直しをしたいと思った時には、

ぜひすぐにでも

伝えるようにしてみてくださいね。

 

やり直しを伝えられた側の美容師さんは、

クレームとは全く思っていないようです。

 

こちらからすると、やり直しを伝えるには

勇気がいることですが、

 

美容師さんにとっては、

むしろお客さんの要望に

しっかりと応えられると

喜ばれるようです。

 

お客様が不満を感じるような出来では、

そのお客様はお店から離れてしまうと

考えているようです。

 

やり直しは、どちらにとっても

良いことなので、何も気兼ねすることがない

と安心してお願いすることが

出来るのではないでしょうか。

 

 

美容院での失敗については

こちらの記事も

是非参考にしてみてくださいね!

美容院でパーマを失敗しちゃった!やり直す前に試してほしい対処法

 

 

まとめ

 

mohamed_hassan / Pixabay

 

いかがでしたか?

今回は言いにくい美容院での

やり直しについてお伝えしました。

 

意外にも、美容師さんは

やり直しの申し出を嫌がるどころか

快く思ってくれていると分かりますよね。

 

自分のイメージ通りに髪型が決まると、

それだけで気分も良くなります。

 

もしも施術後に気になることがあれば、

気軽に美容師さんに

相談するのがいいと思います。

 

 


スポンサーリンク