やりたい髪型は決まっているのに、

いざ説明しようとしても

 

どうやって伝えたらいいのか

わからない時ありませんか?

 

お洒落な美容師さんとの

カウンセリングに緊張してしまい、

 

苦手意識が働いてしまうんですよね。

 

結局何となくで説明し、

自分のイメージしていた髪型とは違う

仕上がりになった時は、

 

ものすごく残念な気持ちになってしまいます。

 

そこで今回は

美容師さんとのカウンセリングに緊張しない方法や

ベストな髪型に近づけられる伝え方を教えたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

カウンセリングの流れを知っておこう!

 

 

まず美容師さんにとって

カウンセリングはとても大事な時間です。

 

髪の毛の色や全体の長さやバランス、

一人一人の髪の毛質を把握した上で

 

最終的にどんな髪型に仕上げたいのかを

くみ取る必要があるからです。

 

カウンセリングを怠ってしまうと、

あなたのなりたい髪型からは遙かに

かけ離れてしまいます。

 

もし髪型を上手く伝える自信がなかったり、

緊張しちゃうって人は

カウンセリングの時に

 

雑誌や事前にネットで調べたものを美容師さんに

見せるので大丈夫です。

 

画像で見せると

カラーやパーマなど

ニュアンスの難しい説明がある場合、

 

自分で伝えるよりもわかりやすいですし、

美容師さんもイメージしやすいですよね。

 

また髪の毛の色をどうしようか悩んでいるなら、

色がたくさん載ったカタログを持ってきてくれるので

美容師さんと相談して決めてもいいかと思います。

 

美容院って緊張しますよね!

こちらの記事も是非どうぞ!

美容院の鏡が苦手な人は意外と多い!鏡の前にいるのは苦痛?

これだけは伝えておこう!カウンセリングで伝えたいポイント3つ

 

美容院のカウンセリングで

伝えておきたいポイントは

次の3つです。

  • どうなったら嫌なのかを伝える
  • 自分のライフスタイルを伝える
  • 理想の女性像を伝える

 

それぞれ見ていきますね。

 

どうなったら嫌なのかを伝える

例えば髪の毛が明るくなりすぎたり

派手になるのが嫌、

 

伸ばしているから短く切るのが嫌、

ボリュームは出したくないなど

 

どんな髪型になったら

嫌なのかは

自分で明確に伝えることは出来ますよね。

 

ちなみに

何センチ切りたいと

伝えるのは、失敗の元です。

 

例えば

自分が思う5センチと、

美容師さんが思う5センチは

必ず一致していると思いますか?

 

ここに差を生み出さない為に、

鎖骨くらいまでとか

肩くらいまでに

切ってほしいなどと

 

髪を切る位置を具体的に伝えてあげる

失敗しないです。

 

 


スポンサーリンク


 

 

自分のライフスタイルを伝える

職場や学校では結ばなきゃいけないなど

のルールや規則があったり、

 

ヘアアレンジすることが多かったり、

髪の毛を伸ばしていたり、

子育て中など

 

自分のライフスタイルを伝えることで

美容師さんからオススメの髪型を

提案してくれることもあります。

 

理想の女性像を伝える

あなたが理想としている人に近づける為に、

 

柔らかくて上品な感じが良い、

外国人みたいな雰囲気にしてほしい、

芸能人の○○さんみたいになりたいなど

 

どんな感じになりたいのかを

細かく伝えるといいですよね。

 

私は美容師さんに髪型を伝えるときは、

芸能人の名前をよく出します。

 

言う時はすごく恥ずかしいですけど

その方が細かく自分で説明する必要が

ありませんし、

 

上手く伝わるので

失敗したなってことがほとんどありません。

 

実際に美容師さんに

芸能人の名前を出して伝えることが

恥ずかしいか

を聞いてみたことがありました。

 

すると

 

言葉で説明されるよりも

イメージがしやすく、

かえってわかりやすいから

 

どんどん出してくれと

意外な答えが返ってきました。

 

それと大事なのが

コロコロと美容室を変えないこと。

 

同じ担当者や同じ美容院なら、

カルテに施術内容やデータが残るので

 

また最初から説明しなくても済みますし、

失敗のリスクも減ります。

 

むしろ

何回も通えば緊張しなくなり、

サロンの雰囲気にも慣れてくるので

 

自然になりたい髪型を伝えることが

出来きますよね

 

美容師さん自体も、

あなたの好みのテイストや似合う髪型を

 

提案してくるようになるので

お互いにイメージの共有が出来るようになります。

 

これらのことを踏まえて

是非これからの美容院でのカウンセリングに

生かしてもらえればと思います。


スポンサーリンク