artursfoto / Pixabay

 

人の見た目は

髪色で印象が随分と

変わるものですが、

 

思い切ってヘアカラーで

イメチェンしよう!

 

と決意しても

初めてとなると

緊張してしまいますよね。

 

ヘアカラーで

頭皮がかぶれてしまった・・・という話を

最近ではよく耳にします。

 

美容院の事故として

ニュースになったこともあるくらいです。

 

気軽にお洒落を楽しめるヘアカラーですが、

一歩間違えると大変な事故につながります。

 

染毛剤によりアレルギーを

引き起こした場合、

 

頭皮はもちろん、

ひどいときには顔の皮膚まで

ただれ、かぶれに

悩まされることもあるのです。

 

少々大げさだと

思うかもしれませんが、

 

皮膚障害を避けるためにも

リスクを知っておくのは

大切なことだと思いますよ。

 

そこで今回は

安心してイメチェンが出来るように

 

ヘアカラーのパッチテストに

ついてご紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

パッチテストとは

 

PhotoMIX-Company / Pixabay

 

パッチテストとは、

染毛剤によって

皮膚がかぶれてしまう体質なのかを

 

調べる

「皮膚アレルギー試験」のことです。

 

事前にパッチテストを行うことで、

自分の体質と染毛剤が合うかどうかを

知ることが出来ます。

 

トラブルにならないために、

カラーリングをする前に、

パッチテストをすることが

 

とても有効です。

 

美容室にお願いすれば、

パッチテストは

簡単に行うことができますので、

 

皮膚が敏感な人や

アレルギー体質の人などは

 

ぜひともやってみたほうが

安心ですね。

 

 

美容院のパッチテストは当日?かかる時間と費用を確認しよう

 

mohamed_hassan / Pixabay

 

では

実際に美容院で

パッチテストを受けるには

どうしたらいいのか、

 

初めてのヘアカラーだと

分からないことが多いですよね。

 

そもそも

パッチテストってどうやるの?

と思いませんか。

 

皮膚トラブルは

もちろん嫌だけど、

 

パッチテスト自体、

どうやるのかが分からなければ

不安になってしまいますよね。

 

パッチテストの手順

先ずは

このパッチテストの手順について

説明していきましょう。

 

パッチテストは

ヘアカラー施術の48時間前(二日前)に

行うことが基本です。

 

  • 使用する予定の染毛剤を綿棒で少量取り、

腕の内側に薄く添付します。(10円硬貨大)

 

  • 添付した染毛剤を自然乾燥させます。

 

  • 染毛剤を添付した部分を絆創膏などで覆ったりせず、

そのまま48時間おきます。

 

添付部分を観察するのは、添付後30分と48時間です。

 

添付した部分に、

かゆみ・発疹・発赤などの症状が出た場合は

すぐに添付した染毛剤を洗い落とします。

 

なぜ

観察を30分ごと

48時間後の2回に分けて行うのかは

次のような理由があります。

 

染毛剤からおこるアレルギー反応は2種類あって

即時性アレルギー反応といわれるものと、

 

遅延型アレルギー反応と

いわれるものがあります。

 

即時性アレルギー反応は

およそ30分ほどで

皮膚に影響が表れます。

 

逆に遅延性アレルギー反応は

48時間後が

最も強い反応を表すとされています。

 

このことから、

パッチテストには

48時間の時間が必要というわけです。

 

パッチテストをしたいとお願いしたら

どの美容院でも快く行ってくれるはずです。

 

時間に余裕があって、

皮膚トラブルがすごく心配な人は

パッチテストをしたほうが

絶対にいいですよね。

 

なかには

低刺激やオーガニックなどの

染毛剤を使っている美容院もあるので

 

いろいろ調べてから

美容院を選ぶのがいいと思います。

 

パッチテストの値段

パッチテストの手順が分かったら、

次に気になるのはそのお値段ですよね。

 

簡単とは言え、

アレルギー検査のような

パッチテストです。

 

相場はそこそこかと思いきや、

意外にも無料で行ってくれる

美容院が多いようです。

 

美容院側も、事前にお客様の体質が分かることで、

トラブルを未然に防ぐことが出来ますから

パッチテストをしたいという声は大歓迎なようです。

 

 


スポンサーリンク


 

 

パッチテスをしないのは危険!安心してヘアカラーを楽しもう

 

Jo_Johnston / Pixabay

 

パッチテストが簡単に、

しかも無料で受けられることが

分かって頂けたかと思います。

 

でも、

実は美容院では

パッチテストを省いて

 

いきなりカラーリングという

流れが多いようです。

 

その理由としては、

やはり48時間という時間が

関係しているようです。

 

美容室で行う

パッチテストも

基本は施術の48時間前に

行わなければならないので、

 

そのためには、

お客様に2日前に来院して

もらうことになります。

 

ですが、

実際はそんな風に

時間を使う人ってなかなかいないですよね。

 

パッチテストは

義務化されていないので、

 

ほとんどの美容院では

テストせずにカラーリングという流れが

多いようです。

 

ですが、

冒頭でもお伝えしたように、

 

パッチテストが

カラーリングによる

 

肌トラブルを

未然に防ぐことに有効なのは

間違いありません。

 

安心して

ヘアカラーを楽しむためにも

 

染毛剤による

アレルギーについて

もう少し詳しくご紹介したいと思います。

 

ヘアカラーによる皮膚トラブルの多くの原因

 

terribileclaudio / Pixabay

 

ヘアカラーによる

皮膚トラブルの多くの原因は

 

一般的な染毛剤に含まれている物質、

パラフェニレンジアミンであると

言われています。

 

パッチテストは、

いわばこのジアミン

という物質に対して

 

アレルギーがあるかないかを

調べるものと言ってもいいでしょう。

 

アレルギー反応が出た場合は、

かゆみ・発赤・発疹(小水疱や丘疹)・ただれ・かぶれ

といった、皮膚トラブルを起こします。

 

ヘアカラーをして、

このような症状が出てしまったら、

 

おそらく頭皮だけではなく、

顔やうなじ、耳周りにも

上記のような症状が現れます。

 

もっとひどい場合には、

皮膚の表面が化膿したように

湿ってきたり、

 

でこぼこと腫れが見られたり、

と重症化する場合もあります。

 

ヘアカラーを楽しみたいだけ、

パッチテストが面倒だっただけ、

 

と、

このような理由で

皮膚トラブルになってしまっては

もったいないですよね。

 

ひどくしてしまった頭皮や肌は、

元のように戻すまでには

 

気が遠くなるような

時間が必要となるでしょう。

 

後悔しないためにも、

ぜひとも

パッチテストは

事前に済ませていたほうが安全です。

 

初めてのヘアカラーについては

こちらの記事も是非どうぞ

美容院で初めて染める時のポイント!絶対失敗したくないからこそっ

 

まとめ

 

Skitterphoto / Pixabay

 

いかがでしたか?

今回は

ヘアカラーの際のパッチテスト

についてご紹介しました。

 

48時間という長い時間に、

面倒だと感じるかもしれませんが、

 

出来ることなら

パッチテストは受けたほうが安心ですよね。

 

体質は

いつ変わるか分からないようなので、

 

ヘアカラーをしたくなったら、

その都度パッチテストを受けることを

お勧めします。


スポンサーリンク