keizi5050 / Pixabay

 

運動会の

場所取りシートの固定には

 

水を入れた

ペットボトルが一番です。

 

うちの子の通っていた小学校は

マンモス校で生徒数も多い

 

なので、運動会の

場所取りは大変です。

 

前の日から

シートを固定するのは

禁止になっていたので

 

朝、学校の門が開くと

同時くらいに

着いていないと

いい場所はとれません。

 

でもせっかく朝早く行って

取った場所もシートが

風で飛んじゃっていたら

 

他の人に場所とられちゃいます。

シートはしっかり

固定しておきたいですね。

 

シートの固定には

いろんなものが使えます。

 

その中でも

水入りペットボトルは

おすすめですよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

運動会の場所取り シート 固定に使うもの

 

Free-Photos / Pixabay

 

運動会の

場所取りシートの固定に

私が使っているものは

水の入ったペットボトル

 

帰りは水を捨てて帰れば

軽くなるので

一番おすすめです。

 

持って行くときの水は

家で入れていきます。

 

時々、

空のペットボトルを持ってきて

 

学校で水を入れている人も

見かけますが

 

できれば家で入れて

行った方がいいかな。

 

学校でOKが

出ているならいいのですが

 

うちの子の学校は

生徒数が多いので

 

みんなが

同じことをすると大変

 

習字の筆を洗うのも

ペットボトルを使って

 

節水しているのを知っているので

ここは協力しないとね。

 

ペットボトルの代わりに

100均のウォーターバッグを使うと

 

帰りはかさ張らずに

持ち帰れますよ。

 

凍らせて持って行けば暑いときや

子供の打ち身を

冷やしたいときにも

利用できて便利です。

 

他には

シート固定専用のペグという

杭を使うのもいいかな。

 

土に開く穴も小さいので抜いた後に

ちゃんと埋めておけば大丈夫

 

ただ土が固かったり

石が多く埋まっているような所だと

上手くペグが打てないことも

 

それに、

ペグが禁止されている

学校もあるので

 

事前に

確認してみてくださいね。

 

運動会の場所取りは

当日の朝からと

決められているところがほとんど

 

そんな前の日の場所取り禁止の学校では

パパが戦力になります。

 

お弁当作りや

子供の準備もあって

 

家族で一緒に家を出るのって

難しいんですよね。

 

だから場所取りは基本、

パパにおまかせ

 

運動会の荷物は

タオルや折りたたみ椅子など

大荷物になりがちです。

 

お弁当以外の荷物も

できるだけ

パパに先に持って行ってもらいます。

 

この荷物もシートの固定に使えますよね。

 

場所取りして

一度帰るのも面倒なようで

 

シートの上でみんなが着くまで

仮眠しているパパがたくさん

 

パパもシート固定に

使っちゃっているのかもしれませんね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

場所取り シート 固定の注意点とは

 

ijmaki / Pixabay

 

運動会の場所取りや

シートの固定方法は

 

家族構成や

選びたい場所によっても

違うんですよ。

 

運動場に場所取りするときの

シート固定はペグがおすすめ

 

土もそんなに固くない場合が多いです。

 

ペグを使えないときは

ウォーターバッグで

 

移動中の子供が

つまずくことがあるので

 

ウォーターバックに

薄めに水を入れて

 

寝かして置いておくと

安全ですね。

 

運動場にシートを敷くメリットは

子供の出ている競技が多いとき

 

空いた時間が少なくても

シートが近いので

すぐに荷物を取りに戻れること

 

なので、兄弟が多いとか

下の子が小さい家族に

おすすめです。

 

小さい子がいるときも

小まめに水分補給して

休憩させてあげたいので

 

シートは近い方が

いいですよね。

 

デメリットは

お弁当を食べるときに

少し砂埃が気になることです。

 

中庭などの木陰になる場所の

シートの固定は

ペットボトルがいいかな。

 

土でも石が

埋まっていることが多くて

ペグは上手くささらないかも

 

一人っ子や下の子が小さくても

祖父母が

見に来てくれているときは

 

競争率も低くて

場所取りしやすい

この場所はおすすめ

 

一人っ子だと

参加競技も少ないので

シートが離れていても大丈夫

 

お弁当のときも

砂埃がたたないので

落ち着いて食べられるし

木陰の下なら涼しいですよ。

 

見に来てくれている祖父母が

騒がしい運動場で

疲れてしまっても

落ち着いて休めますよね。

 

休憩ついでに

下の子を見ていて

もらえると助かります。

 

あとは外廊下や

体育館前などの

コンクリートやタイルの場所

 

固定にはガムテープを使っている人が

多かったです。

 

下が固いし冷たいので

クッションや

座布団は必要になるけど

 

土の上に抵抗がある人には人気なのかな。

 

運動場に近かったり遠かったり

トイレに近いって所もあるので

 

穴場を探してみるのも

いいかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

 

n-k / Pixabay

 

運動会の

場所取りシートの固定で

大事なのは二つ

 

・学校で禁止されているものを使わない

・片付けた後は元の状態に戻す

 

うちの子の学校では

石を使うことだけが

禁止されていました。

 

最初は元に戻せば

OKだったんだけど

戻さない人が多くて結局、

禁止に…

 

禁止されていることは

学校によって違うので

確認しておきたいですね

 

運動会を

めいっぱい楽しめるように

場所取りがんばりましょうね。

 


スポンサーリンク