赤ちゃんの寝る場所は・・・

ベビーベッド?それとも床にベビー布団を敷いて寝かせる?

 

様々な方法がありますよね。

 

ベビーベッドなら安全だし、ママの手が空く時間も増える。

少しでも楽になるように、そして赤ちゃんの安全のために、

せっかくベビーベッドを用意したのに・・・

 

赤ちゃんがベビーベッドでは寝てくれない。

泣いて嫌がる…なんて話やお悩みも多く聞きます。

 

どうして、赤ちゃんはベビーベッドを嫌がるのでしょうか…

 

本当の理由は赤ちゃんにしかわからないけれど

赤ちゃんの気持ちになって考えてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ベビーベッドを嫌がる理由は何で?どうして泣いているの?

 

 

赤ちゃんが泣く理由としては、

欲求・不快・甘え等、言葉にできない気持ちを泣いて表現しています。

 

ベビーベッドに寝かせて泣くのなら、

そこに何らかの原因が隠されているのでしょう。

 

例えば・・・

  • ママと離れたくない
  • ママが見えなくて不安になっている
  • 抱っこしていてほしい
  • 一人になることに不安を感じている

 

そもそもベビーベッド自体に恐怖心があるのかもしれません。

 

理由がわかっても泣いた時にどうすればいいの?

 

赤ちゃんが泣いてかわいそうと思ったら

抱っこをするでしょう。

 

赤ちゃんをこんなに抱っこしていられる時は

今しかないと思えば抱っこをするでしょう。

 

しかしどんな事にも

メリット・デメリットがあるように、

 

抱っこをすること

でママ自身、自分の時間の確保が難しくなったり

身体への負担、疲労が積み重なります。

 

反対に嫌がっても泣いても、

寝る時間にはベビーベッド等を使って

一人で寝かせるといったしつけの方法もあります。

 

この方法は、ママ自身の負担は減るけど

赤ちゃんを泣かせ続けるという点においては

様々な意見があるようですね。

 

しかし、ここでの“泣かせる”というのは

赤ちゃんにとって悪いことをしているのではなく、

赤ちゃんの睡眠の質をあげたり、生活リズムを作り、

健康的な生活を送れるというメリットがあります。

 

どんな対応をするかはママによって変わってきます。

正解がないからみんな悩むのですよね。

 

赤ちゃんにとって、安全で安心して寝られる場所

そしてママにとっても、心身ともに負担のない方法を見つけたいですよね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

赤ちゃんにベビーベッドは必要?

 

 

必要か必要でないか、答えを出すなら、

赤ちゃんにとって必ずしも必要な物ではないと思います。

 

実際に、

赤ちゃんが嫌がって早々に使わなくなってしまい、

赤ちゃん用品の物置状態になっているという方も

少なくありません。

 

各ご家庭によって、生活環境も違いますし、生活リズムも違う。

家族構成や予算的な問題もあるでしょう。

 

例えば、

まだ幼い兄姉がいたり、ペットを飼っているというご家庭では

床に直接お布団を敷いて寝かせたら、

安心して眠ることはできないでしょう。

 

そういった面でベビーベッドを活用して、

赤ちゃんの安全を守るのです。

 

反対に、

ベビーベッドを置くスペースを確保できないという場合もあるでしょう。

本当は“欲しい”と思っていても、

物理的理由からベビーベッドは用意していない

という方もいらっしゃるかもしれません。

 

そう考えると、

ベビーベッドは赤ちゃんにとって絶対に必要な物とはいえない

かもしれませんね。

 

各ご家庭の環境・家族構成・予算を含め

赤ちゃんにとって一番安全で安心して寝られる環境の確保のために

ご夫婦でよく話し合って決めた答えが1番なのではないかと思います。

 

 

初めての赤ちゃん!「ベビーベッドは使わない」派はこうする!

 

 

“ベビーベッドを使わない派”としてのやり方をご紹介したいと思います!

 

〈床にベビー布団を敷いて寝かせる〉

 赤ちゃんの布団は、大人の布団と作りが違うので

 赤ちゃん用の布団を使う方が多いようです。

 

 ベビーベッドを購入したけれど、すぐに使わなくなってしまったという方は

 ベッドに付いていた布団をそのまま使うことができますね。

 

 

〈ダブルベッドに親子川の字になって寝る〉

 この方法は、親の寝相が関わってくるので、

 その心配がなければ大丈夫ですね。

 

 また、パパの帰りが遅いという場合は、

 夜遅くに帰って来て、赤ちゃんを起こしてしまう、

ということになってしまう可能性もあります。

 

〈ダブルベッドにママと赤ちゃんが寝て、パパは別室で…〉

 寝相が悪かったり、パパの帰りが遅い、という方にはおススメですね。

 シングルベッドを買って、ダブルベッドの隣に並べて、

 パパがシングルベッドで寝るという方もいました!

 

 そのシングルベッドは、追々子どもが大きくなって

 一人部屋をもつようになったら回せるので無駄にならなくていいですね!

 

〈ベビーベッドをママ・パパのベッドの隣につける〉

 ベビーベッドでも添い寝なら大丈夫という赤ちゃんには試すことができますね。

 柵の取り外しができたり、高さを調整できるベビーベッドなら対応できます。

 

 これで寝られたら、ベビーベッドも無駄にならずに済みますね!

 

 

まとめ

 

 

赤ちゃんにとって何が1番いいのだろう・・・

悩みは尽きないですよね。

 

寝かす場所1つとってもこんなに方法があるように

答えは1つではないのです。

 

だから1つのことに縛られないで、

赤ちゃんにとってより良い環境作りのために

ご夫婦でよく話し合って、導いたことを試していけば良いのだと思います。

 

もしもその方法が上手くいかなかったとしても

また違う方法があるので、どんどんチャレンジしていく気持ちで

赤ちゃんに合うやり方を見つけていってほしいと思います。

スポンサーリンク