麻布十番のお祭り。

芸能人も出没する噂もあるくらい。

 

いつも8月最後の土日に
ありますね。

 

花火はないにしても
そこに出る屋台はそんじょそこらの
屋台とは比較にならないくらい
レベルの高いもの。

 

麻布十番のお店と全国各地からの
逸品がそろいますからね。

 

その気になる日程と屋台は
どんな感じでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

麻布十番祭り 日程

 

日程は、8月27日の土曜日と28日の
日曜日。

 

時間は、午後3時から9時まで
です。

 

麻布十番というオシャレな街の
納涼まつり。

 

さすがに人が多いですが、
デートにはもってこいです。

 

麻布十番は、東京地下鉄南北線か
大江戸線の
麻布十番駅を降りたところに
あります。

 

地下鉄利用の場合は出口が
閉鎖しているところもあるので
注意が必要ですね

 

大江戸線から近い7番出口から
は外に出れず、南北線から近い4番
出口は、混雑したら閉鎖するという
ことです。

 

位置的にはちょうど高速道路の
一の橋ジャンションの下に
ある感じです。

 

ジャンクションのの下がちょうど
公園みたいな感じになっていて
そこにも出店があります。

 

麻布十番納涼まつりの舞台となる
商店街は、地図でいうと
麻布十番駅の南西つまり左下あたり
になります。

 

六本木と東京タワーの間に
ある感じで。

 

ちょうどいい散歩コースだと
思います。

 

六本木で落ち合って、
ぶらぶら麻布十番に行くのもよし。

 

麻布十番で楽しんで、
ぶらぶら、東京タワーの近く芝公園へ
いくのもよしって

 

感じで、

 

東京の8月の夏をかざる
デートにもってこいの納涼2日間です。

 

出店がとにかく魅力的

なんといっても
出店がすごいですよね。

 

麻布十番の実際のお店が
屋台をやるのでもう、どれを選んで
いいかわからないくらいの贅沢。

 

そして、最近力を入れているのが

おらがくに自慢。

北海道から九州までの名品が
ずらぁり。

 

例えば 2015年の麻布十番祭りに
よると

 

エリアはAからGまでに分かれて
いて、

 

Aは、
東京小笠原村、長野・静岡・神奈川
そして熊本から。

 

東京から南へ1000キロ離れた
小笠原村からは、

有名なラム酒の小瓶やレモンサイダー。
ラム酒はショットでも小瓶でも
ゲットできます。
参考:小笠原村のホームページ

 

そして、静岡からは
B級グルメで有名な御殿場みくりやそばと名品 金華豚のフランクフルト

 

富士山かき氷、マグロのテールステーキ
ルイ美豚串焼き

 

などなど

 

 


スポンサーリンク


 

 

 

おらが国自慢 エリアB

 

こちらは
埼玉、富山、岐阜、山形、福井県から。

 

富山の地酒、
アワビ網焼き
白えび素揚げ
ジャンボスイカかき氷
米沢牛串焼き
さくさくコロッケ
山形牛入メンチ
梅酒フラッべ

 

などなど、とても一日では
まわれそうにないくらい
美味しそうなお店がたくさんたくさん。

 

私のオススメはエリアHの
阿波善豚無添加ソーセージ と
スダチのつかみ取り。

 

いいでしょ~(今年もあればの話)

 

あと、謎の

穴場的スポットというエリアも
別に存在します。

 

きっと今年もあると思います。
探してみたらどうでショー

 

参考:
麻布十番2015年の納涼まつりマップ

 

 

とにかく、2016年の屋台も
2015年に負けず劣らずの
すざまじい神屋台が出現するに
違いありません!(きっと)

 

夏のお出かけなら!

こちらの記事も是非ご覧ください!

お台場 みんなの夢大陸2016 めざましライブの出演者一覧

 

耳より情報!

 

東京では有名な麻布十番祭り。
50万人もの人が行き交うので
混雑は必死。

 

だから、待ち合わせ場所も
工夫しないと難しいかもです。

 

オススメの待ち合わせ場所は
麻布十番駅ではなく、六本木駅
で待ち合わせて
てくてく麻布十番を目指すか

 

大江戸線芝公園駅で落ち合って
てくてく麻布十番を目指すか

 

いずれにしても10分くらい
なのでちょうどいい感じ。

 

ちょうど、六本木ヒルズで
六本木ヒルズ踊りっていうのもあって
それとダブルで楽しむっていうのも
ありですよね。

 

六本木ヒルズの名店が屋台に出るので
こっちもちょっと外せないかも。

 

特にけやき通りには
ミシュランで一つ星をとった
ジャン・ジョルジュ東京などが
店を出すそうです。

 

ちょっと贅沢な1日になりそう。

 

 

まとめ

 

麻布十番のお祭りは
どれもこれも屋台がすごく魅力的で
とても全部回りきれませんね。

 

それに加えて六本木のお祭りも
楽しむとなると、

 

お金がいくらあっても足りないし、
めちゃくちゃ胃が大きくないと.. 笑

 

でも、8月の夏の夜を十分に
堪能できると思います。

スポンサーリンク