初めて赤ちゃんが産まれてきて

おかあさんになります。

 

初めてのことばかり、慣れない生活が始まり

心配事も多いと思います。

 

また、聞きたいことがわからなかったり

なんて聞いたらよいかわからないこともありますよね。

 

核家族化が進み周りに聞ける人がいなくて

一人で焦って落ち込んで…。

 

夫は仕事で育児はあまり参加してくれない家庭は

母親が一人で育児を行うワンオペ育児になりがちです。

 

生後1か月のことは1か月検診で相談できますが

次は6か月検診まで聞く機会が無くなります。

 

そんな時に気になってくるのが

「乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)」

 

新生児から生後3か月ごろの赤ちゃんの頭皮に

かさぶたのようなふけのような塊ができます。

 

初めは皮膚の病気かな?など

焦りますが

 

おかあさんから受け継いだホルモンの影響から

皮脂分泌が盛んになり

皮脂や汚れが頭皮で固まったものでした。

 

このかさぶたのような塊は時間が経つと乾燥して

ポロポロとフケのように落ちることもありますが

 

取れずに残っているものを放っておくと

ニオイがしたり層が厚くなって取れにくくなります。

 

 

赤ちゃんは肌がとってもデリケートなので

無理に取ったりすると

細菌感染することもあります。

 

だから気になったら

毎日ケアしてあげることが大切です。

 

でも、

どうしたらいいか

不安に思っているおかあさんの為に

対処法をまとめました。

 

 

赤ちゃんの肌はとてもデリケート

なので優しくケアしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

赤ちゃんの頭皮はデリケート!うろこ状のかさぶたをはがすのはNG

 

 

乳児脂漏性湿疹は肌を清潔に保ってあげれば

自然に治っていきます。

 

1度で良くなるものではなく

生後3~4か月頃には落ち着いてくるので

毎日根気よくケアしてあげましょう。

 

≪ケア方法≫

  • 汚れを浮かす

汚れが頑固な場合は入浴前にベビーオイルなどで

優しくマッサージしふやかします。

 

  • 汚れを取る

赤ちゃん用のくしがある場合は軽くすいてあげると

浮いた汚れを取ることができます。

この時無理にははがさないでくださいね。

 

  • シャンプーやせっけんで洗う

シャンプーやせっけんをよく泡立て

優しく洗ってあげましょう。

ゴシゴシ洗うと炎症など皮膚トラブルの原因になります。

沐浴剤だけで洗っていた人はこれだけで治ってくる場合もあります。

 

シャンプーや石けんは大人用を使用しないで

刺激が少ない赤ちゃん用の物を使ってくださいね。

 

  • しっかりすすぐ

シャンプーやせっけんでキレイにしても

すすぎ残しがあると汚れの原因になるので

しっかりすすぎましょう。

すすいだらタオルドライし自然乾燥します。

時間はかかりますが毎日頑張りましょうね。

 

また、乾燥して汚れがフケのように落ちるので

寝かせておくときは頭の下にタオルを敷き

汚れたら交換してあげると清潔に保てますよ。

 

赤ちゃんの頭皮のかさぶたについては

こちらの記事も

参考にしてみてくださいね!


スポンサーリンク


赤ちゃんの頭皮に知らないうちにかさぶたが!その原因と対処法は?

 

デリケートな赤ちゃんの肌!頭皮にも使えるローションで症状を軽減

 

 

乳児脂漏性湿疹は清潔に保つことが大切だとわかりましたが

保湿ケアも大切です。

 

赤ちゃんの皮膚は

大人の半分以下の薄さしかない為

とてもデリケートなのです。

 

また、

水分含有量も少ないので

季節問わず乾燥しやすい状態です。

 

乾燥していると皮膚トラブルにつながるので

保湿にはベビーローションを活用しましょう。

薬局のベビー用品コーナーなどで売っています。

 

ベビーローションは頭皮だけでなく

全身使用できるのでとても便利です。

 

赤ちゃんに優しい成分でできているので

大人でも肌の弱い方におすすめです。

 

比較的さらっとしていて

塗りやすいものが多いです。

 

親の私も時々使っていました。

ベタベタせず

塗り心地が良いので使いやすかったです。

 

また

ポンプ式の物を選ぶと片手で出せるので

塗りやすいです。

 

 

一人だとあまり手を離せないので

一人でお風呂に入れる機会が多い方にはおすすめです。

 

ベビーローションは化粧水のような役目なので

最後にベビーオイルを薄く塗ってあげると

より保湿を保てます

 

おかあさんは毎日色んなお世話もあって大変です。

赤ちゃんとのスキンシップになりますので

疲れた時は無理せずパパにお願いしましょう!

スポンサーリンク