Lars_Nissen_Photoart / Pixabay

 

赤ちゃんは耳が痛くて

不快感があっても、

泣くことでしか

訴えることが出来ません。

 

大人のように

自力で耳抜きをすることが

出来ないので、

パパやママの力が必要になります。

 

そこで赤ちゃんの

耳抜きのタイミングと

 

やり方を教えるので、

是非覚えておくといいかと思います。

 

難しく考えずに、

赤ちゃんとの初めての

 

飛行機だからと

構えないで下さいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

赤ちゃんの飛行機での耳抜き!寝てたらしなくてもいいの?

 

OpenClipart-Vectors / Pixabay

 

耳抜きは唾をごっくんと

飲みこむことが必要です。

 

赤ちゃんが強制的に

その動作を自然に

出来るものとして

考えられるのは、

 

・母乳やミルク、麦茶を飲む

・おしゃぶりをくわえる(おっぱいでも可)

の2点かと思われます。

 

この2つの動作はいずれも自然に

唾を飲みこむ動作になるので、

 

赤ちゃん自身で

耳抜きを行っていることに

なります。

 

しかしそれらの行為は赤ちゃんが

起きていることが前提の話で、

 

もし離着陸時に

赤ちゃんが眠ってしまったら、

どうすればいいのでしょうか。

 

意外にも赤ちゃんが寝ていた場合は、

無理に起こして耳抜きをする必要は

ありません。

 

赤ちゃん自身の体が

気圧に自然と対応しようと

頑張っているからだそうです。

 

ですので、

赤ちゃんが耳抜きする前に

 

寝てしまっても心配しなくても

大丈夫です。

 

 


スポンサーリンク


 

 

赤ちゃんの耳抜きっていつまでしたらいいの?

 

esudroff / Pixabay

 

離着陸時において

特にキーンとなることが

 

多いですが、

離陸時・着陸時にそれぞれ

 

いつ頃から耳抜きを始めたらいいのか

迷いますよね。

 

まずは離陸時においては飛行機が

動き始めたらミルクや母乳を

飲ませてあげましょう。

 

ミルクの場合予め空港で、

熱めのお湯でミルクを溶かしておき

冷めることを考えて準備しておくと

いいですよ。

 

機内でもCAさんに言えばお湯を

くれたりするのですが、

 

離陸時や着陸時は

忙しそうなので

 

事前に自分で準備しておいた

方が安心です。

 

着陸時は着陸予定の30分前くらいから

飲ませるようにしましょう。

 

飛行機に乗った段階で、

CAさんに着陸の30分前になったら

 

教えて下さいと一言声をかけておけば

教えに来てくれます。

 

また耳抜きは何歳までしたらいいの?

と思うかもしれませんが、

 

恐らく大人になっても飛行機に

乗って、耳がキーンとならない人なんて

いないと思います。

 

ミルクや母乳を飲んでいない幼児に関しては、

お茶や飴など舐めたり

 

お菓子などで耳抜きを

しましょう。

 

年齢がある程度大きくなれば、

飛行機に乗ったら唾を飲みこんで

 

耳抜きしなきゃと

理解するようになります。

 

年齢が小さい子はママやパパが率先して、

耳抜きを行ってあげるようにしましょうね。

 

最後に

 

Hiljon / Pixabay

 

大人が飛行機に乗ると、

耳が痛くなったり

不快感を覚えませんか?

 

それは赤ちゃんも同じで

赤ちゃんが飛行機で泣いている

理由のほとんどがそのためだと

言われています。

 

赤ちゃんとの初めての飛行機は

とっても不安ですよね。

 

耳抜きのタイミングもそうですが、

赤ちゃんが泣き止まなかったら

 

どうしようとか、

周りに迷惑

 

かけないかなとか無駄に心配

してしまいます。

 

私も2回ほど

子供を連れて飛行機に

乗りましたが、

 

1歳の時は母乳と麦茶で

2歳の時はチュッパチャップスで

何とか乗り切りました。

 

ですがもちろん奇声をあげたり

早く降りたいとごねられたりすることも

ありました。

 

騒いでいたりして周囲に乗っている

乗客全員が良い人ならいいのですが、

 

子連れに寛容な方ばかりでは

ありません。

 

なので搭乗の際は一言

「子連れなのでご迷惑を

おかけするかもしれません。」と

 

言っておくと、

少し違うと思いますよ。

 

またママの不安な気持ちが赤ちゃんにも

伝わりますので、

 

ママがどっしりと

構えて何でも来いくらいの気持ちで行くと

いいですよ。

 

出来れば機内で寝てもらうことが

ベストなんですけどね。


スポンサーリンク