1041483 / Pixabay

 

オムツ替えに抱っこ、

授乳に寝かしつけ…

 

赤ちゃんは可愛いけど

お世話はなかなか大変ですよね。

 

毎日お疲れさまです。

 

育児中、

まとまった睡眠時間を

確保できないのは

本当に辛いと思います。

 

少し寝ては起こされ…

の繰り返しですもんね。

 

そんな時は、

思い切って赤ちゃんを

抱っこしたまま

一緒に寝てしまいましょう!

 

もちろん注意点はあります。

 

でも、抱っこしたまま

一緒に寝ることで

 

赤ちゃんも

安心してぐっすり寝てくれるので

実は一石二鳥なんです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

目からウロコの睡眠不足解消法とは

 

StockSnap / Pixabay

 

まとまった睡眠をとるのは無理だし、

短時間睡眠で疲れは取れない、

そんな時どうしよう

 

抱っこして寝かしつけ、

もう大丈夫だと思って

 

布団に置いた途端、

『ギャーッ‼』

 

というのはもう何度も

経験していることと思います。

 

布団に置いても起きなくなるまで

何回でも抱っこしないといけないのは

すごく大変ですよね。

 

 

私も第一子は

とても敏感な子だったので

常に寝不足状態でした。

 

やっと布団に寝かせられた!

と喜んで寝ようとしたのも束の間、

 

ほんの少しの物音で起きだすので

結局一睡もできないまま

朝を迎えたことは何度もあります。

 

そんな寝不足を

解消するにはどうしたらいいか。

 

冒頭でも述べましたが、

抱っこして寝かしつけた

赤ちゃんと一緒に眠ることです。

 

布団に置くと起きてしまうのなら、

置かなきゃいいんです。

 

そして、

置かずに抱っこしたまま

寝ちゃいましょう。

 

すると不思議と、

ただ抱っこしている時より

長い時間寝てくれたりするんですよね。

 

ハッと気づいて起きたら

いつもの倍以上寝ていた、

なんてことも。

 

少し余談ですが、

赤ちゃんが起きた時に

まだ少ししか眠ってないな、

 

と思ったらサッと目を閉じて

寝たふりをすることもありました。

 

すると赤ちゃんもまた目を閉じて

眠ってくれる率はかなり高かったです。

 

ママがそばで寝ていると思うと

安心するんでしょうね。

 

寝たふりではなく、

本当に寝ている時も

 

もしかしたら少し起きて

ママの寝顔を見てから

また眠っているのかもしれませんね。

 

なので赤ちゃんが眠ったら

一緒に寝るというのは

本当におススメです。

 

赤ちゃんの月齢が低いうちは

まとまって眠るのは難しいです。

 

でも赤ちゃんが寝ている時ぐらい

休まないと疲れは取れません。

 

家事や炊事はなんとでもなるので、

赤ちゃんのお世話をするあなたの身体を

回復させるためにも

一緒にお昼寝しましょう。

 

赤ちゃんの抱っこについては

こちらの記事もおススメです!


スポンサーリンク


赤ちゃんの抱っこ要求!抱き癖がつくのが心配という不安を解消!

 

赤ちゃんを抱っこしたまま寝ちゃう方法とその時の注意点

 

tena6696 / Pixabay

 

赤ちゃんを抱っこで寝かしつけする時、あなたはどんな風にしていますか?

 

立って?座って?

それとも横になりながら?

 

一番多いのはやっぱり立ったままゆらゆら、

トントンして…

といった感じでしょうか。

 

抱っこして眠った赤ちゃんを

布団に下ろすほどではないにしても、

 

立った状態から横になるのも

なかなか難しいですよね。

 

赤ちゃんを起こさず眠るには、

座ったままが一番無難だと思います。

 

ただし、ここで注意が必要です。

 

絶対に赤ちゃんを

落としてしまわないように

工夫と万が一の時のための対策です。

 

一番良いのは

もたれられるベッドの上で。

 

ベッドの上であれば、

横になっていなくても

 

あなたの身体への負担は

最も少ないはず。

 

もしも寝ている間に

抱っこする手が緩んだとしても

赤ちゃんも痛くないので大丈夫。

 

ママにとっても赤ちゃんにとっても

最適と言えるでしょう。

 

もしベッドが難しいようであれば、

できるだけ低いソファが良いでしょう。

 

赤ちゃんを落とさないよう

あなたの赤ちゃんの背中に

 

授乳クッションやなければ

枕など置いておくと安心です。

 

最初からお布団で横になりながら

抱っこして寝かせている場合はどうか?

 

赤ちゃんは自分の胸と

ママの胸がくっついていると

心臓の音が伝わって

 

安心するので、

横になってぎゅっとされながら

入眠する子も少なくないと思います。

 

これだとママの身体は

かなり楽ですよね。

 

ですが、

心配なのは呼吸困難です。

 

横になったまま抱っこというと、

最終的には

腕枕の状態になっていると思います。

 

そうなると、

赤ちゃんの頭だけが高くなり、

呼吸しづらくなってしまいます。

 

かといって腕は抜けないので、

最初から赤ちゃんの首から下に

 

座布団かのような

平らなものを敷いておきましょう。

 

腕枕をしたときに

赤ちゃんの頭と体が

まっすぐになるようにすればOKです。

 

 

 

 

 

まとめ

 

webandi / Pixabay

 

出産後、

睡眠不足で辛くなったら

赤ちゃんを抱っこしたまま寝ましょう。

 

座ったままで寝るなら、

クッションなどを置いて

赤ちゃんを落とさないようにすること。

 

横になれるのなら、

赤ちゃんの頭と体をまっすぐにすること。

 

これだけ気を付けていれば大丈夫です。

 

眠れない日が続くと当然身体は辛いし、

心もギスギスしちゃいますよね。

 

できるなら毎日笑顔で

赤ちゃんと接したいものです。

 

赤ちゃんは抱っこされると安心…

とよく言いますが

 

抱っこしてる側のあなたも

幸せな気持ちになってませんか?

 

あったかくてじんわり重くて、

ほんのりいい匂いがして…。

 

でもこう思えるのは

やはり元気でないといけません。

 

そのためにもしっかり寝て

身も心もリフレッシュさせましょう。

 

 


スポンサーリンク