rhonda_jenkins / Pixabay

 

赤ちゃんを寝かせるのに

よく使われているバウンサー。

 

これはちょっとしたお昼寝時に

利用するのが望ましいでしょう。

 

ポイントは長時間寝かせないことです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

赤ちゃんをバウンサーで夜寝かせるのはよくない?

 

OpenClipart-Vectors / Pixabay

 

夜という時間帯にバウンサーを

利用するのがダメというわけではなく、

 

前述の通り、

バウンサーで長時間

寝かせることが問題なんです。

 

バウンサーの説明書にも

『長時間続けて利用しないように』

といった注意書きがあるものが

ほとんどではないでしょうか。

 

赤ちゃんがご機嫌で

よく眠ってくれるバウンサーですが、

 

ではなぜ

長時間の使用が

よくないのでしょうか?

 

大事な赤ちゃんのため、

ちゃんと知っておきたいですよね。

 

理由は三つあります。

 

一つ目は赤ちゃんの身体に

負担がかかるから。

 

冒頭で赤ちゃんを

寝かせるために使うと述べましたが、

 

そもそもバウンサーはベッドどは違い、

『チェアー』に分類されるもの、

つまり椅子なんです。

 

大人だって長い時間

椅子で居眠りすれば

起きた時あちこち痛いですよね。

 

赤ちゃんも同じなんです。

 

もっと詳しく言えば、

バウンサーは赤ちゃんが丸くなった状態で

 

包み込まれているような形に

設計されているので、

 

赤ちゃんにとって安心感がある一方で、

身動きがとりづらい状況になっています。

 

例え寝返りもできない赤ちゃんであっても、

手足を動かしたりしますよね。

 

窮屈な上に

長時間同じ姿勢とあっては

 

赤ちゃんの小さな身体に

負担がかかるというのは明白です。

 

 

さらには、

背中を丸めている状態を

長く続けることで

猫背になる心配もあります。

 

 

二つ目は

熱がこもってしまうから。

 

先ほども述べましたが、

バウンサーは赤ちゃんを

包み込むようにできています。

 

ただでさえ体温の高い赤ちゃんですので、

長時間バウンサーに寝かせておくと

熱がこもりやすくなってしまいます。

 

すると、

心配なのはあせもやかぶれです。

 

長時間の使用

とまではいかない場合でも、

 

赤ちゃんが

汗をかいていないかどうか

 

こまめに注意して

見てあげると良いでしょう。

 

三つめは窒息の危険性。

 

生後6ヶ月未満の

赤ちゃんにおいては、

 

肺や気管支の機能が

大人とは違い

まだまだ未熟な状態です。

 

背中を大きく曲げた

態勢のままにしていると

窒息の恐れがあります。

<p> </p>

 


スポンサーリンク


 

 

バウンサーはいつ使うもの?

 

1041483 / Pixabay

 

さて、これまでバウンサーの

デメリットばかりあげてきました。

 

しかし、何度も言いますが

それらは『長時間』使用することの

危険性であって

 

少しの時間使用する分には

なんの問題もありません。

 

むしろ上手に使えば、

育児のお助けグッズになるものです。

 

その使途は多岐にわたります。

 

いくつかご紹介しますね。

 

なんといっても

バウンサーはベビーベッドと違って、

 

持ち運びが楽ちんなのが

嬉しいですよね。

 

私は自分の実家に

よく泊まりで

遊びに行っていました。

 

自宅には

ベビーベッドを置いていましたが、

 

実家にまでベビーベッドを

用意しておくのは難しかったので

 

バウンサーを

車に積んでいけるのは助かりました。

 

赤ちゃんがバウンサーで寝、

深い眠りについたら

 

そっとお布団に移動させる、

という風に使っていました。

 

バウンサーだとよく眠ってくれるので

入眠のとっかかりになってくれるのも

嬉しかったです。

 

下の子が生まれてからはさらに重宝しました。

 

なんといっても

上の子は家の中を走り回るので、

 

地べたなんかに

赤ちゃんを置いた日には

即踏まれます。

 

それを回避するのに

お昼寝していなくても

バウンサーが役に立ちました。

 

それから

本当になくてはならなかったのが

お風呂の時です。

 

上の子を洗っている間は

バウンサーを脱衣所まで持っていき、

 

泣いたらすぐに

顔を見れるようにしていました。

 

寝返りするようになってから

それまで以上にベルトをかっちり着け、

 

安全を確保することで

安心してお風呂に入ることができました。

 

ほかにも、

我が家では別の椅子を

使用していたのですが、

 

バウンサーは角度を

変えられるものもあるので、

 

食事の際の椅子として

利用する方も多いようです。

 

神アイテム!バウンサーについては

こちらの記事もご参考にどうぞ!

赤ちゃんがバウンサーを嫌がる!バウンサーってみんな使ってるもの?

 

 

 

まとめ

 

christianabella / Pixabay

 

・バウンサーの長時間使用は危険

 

・短時間の使用なら

育児アイテムとして便利

 

いかがでしたか?

 

上で述べた以外にも、

ママがトイレに行っている間とか

 

ほんの少し

場を離れなくてはいけないときなどにも

使えるでしょう。

 

その時は

くれぐれも安全性を

確認してください。

 

しつこいようですが、

長時間寝かせることなく、

 

赤ちゃんの様子を見ながら

正しく使用すれば

 

バウンサーは

育児に欠かせない便利グッズです。

 

 


スポンサーリンク