Pexels / Pixabay

 

愛犬が散歩中に

毒を持つ紫陽花を

食べてしまったら・・・

 

とっても不安になりますよね。

 

そこで今回は、

犬や猫など大切なペットが

紫陽花を食べてしまったときの

 

対処法について

ご紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

紫陽花って毒があるの?犬が食べた時の対処法

 

825545 / Pixabay

 

紫陽花に毒があると言うことを

知っている人は

少ないかもしれませんが、

 

実は厚生労働省からの

注意喚起があるほどなんです。

 

私たち人間が紫陽花を

食べてしまうということは

まずほとんどないと思われますが、

 

植物を食べることで

胃腸の調子を整える習性のある

 

犬や猫にとっては、

注意が必要な植物なのです。

 

紫陽花の毒によっておこる中毒症状は、

下痢・嘔吐・痙攣・麻痺・ふらつき・興奮など

様々な症状として現れます。

 

紫陽花の根、つぼみ、葉に含まれる

青酸配糖体という物質が、

 

中毒を起こす原因だと

言われています。

 

青酸配糖体はアミグダリンとも

呼ばれていますが、

これ自体に毒性はありません。

 

ですが、体内で消化するときの

酵素に反応すると

シアン化水素が発生し、

 

中毒症状を

引きおこしてしまいます。

 

この性質を考えると、

土を掘り起こすのが

好きな犬にとっては、

 

花が咲いていない時期の紫陽花にも

注意が必要ですね。

 

しかし、そうはいっても

紫陽花は季節になると

街中に咲いていますし、

 

自宅の庭に植えているという人も

いるでしょう。

 

気を付けていても、

散歩中の愛犬が紫陽花を

口にしてしまったり、

 

愛猫を庭に出したときに

紫陽花を食べてしまった

 

こんなことが

起こってしまうかもしれません。

 

紫陽花を口にしないように

気を付けることが

何よりも大切なのですが、

 

もしも、愛犬が散歩中などに

紫陽花を食べてしまったときなど

 

万が一に備えて、

対処法を知っておくのがいいですね。

 

それでは、その対処法について

説明したいと思います。

 

・口や足などを洗い流す

 

口の周りや、足をしっかりと

水で洗い流します。

 

これは、体に付着した毒を

舐めてしまわないようにするためです。

 

・かかりつけの動物病院に連絡する

 

気になる症状がない場合にも、

紫陽花を食べてしまったことが

分かっているならば

病院に連絡をしましょう。

 

食べてしまった時間や、摂取量によって

症状の現れ方に差がありますが

 

勝手な判断はせず、

獣医師に指示を

貰うことが安全です。

 

この二つのことをしっかりと守って

大切なペットを守りましょう。

 

動物病院での処置は

胃洗浄や紫陽花を

吐かせるといった対処に

なると思います。

 

摂取量によっては重篤な症状に

なる場合もありますので

迅速な対処が大切になります。

 

 


スポンサーリンク


 

 

紫陽花の毒は猫にも有毒?猫が食べた時の対処法

 

ayachiyo / Pixabay

 

猫も植物を食べることで

胃や腸の働きを調整する習性を

持っているので

紫陽花には注意が必要です。

 

犬のように毎日散歩をしなくても

外に出る機会があったり、

 

室内でも紫陽花を

飾っていれば危険となります。

 

もしも猫が紫陽花を

食べてしまった場合にも

犬と同様の対処法が必要です。

 

・口の中を確認する

 

紫陽花を口にしてすぐの場合は、

口内に残っている

紫陽花を取り出します。

 

それから口の周りを洗い流して、

残っている毒を

舐めてしまわないようにします。

 

・かかりつけの動物病院に連絡する

 

猫が紫陽花を食べてしまった場合、

体内に毒性物質が

吸収されるまでの時間は

1時間だと言われています。

 

ですので、症状の有無にかかわらず、

応急処置として

口周りの毒を洗い流したら

すぐに病院に連絡しましょう。

 

猫も病院での処置は

飲み込んでしまった紫陽花を

吐かせたり場合によっては

胃洗浄となります。

 

獣医師の指示を仰ぎ、

迅速な対応をしましょう。

 

 

紫陽花の毒は花?葉?犬や猫が食べてしまったらどうしたらいい? のまとめ

 

JACLOU-DL / Pixabay

 

梅雨の時期を彩る花

と言えば紫陽花。

 

色彩豊かな花びらが美しく、

雨の多い季節も楽しむことが

出来る植物です。

 

5月から7月にかけて

開花していく紫陽花を

毎年楽しみにしているという人は

多いですよね。

 

しかし、この美しい紫陽花に

毒があるということが

最近分かってきました。

 

梅雨の風物詩として

昔から日本では親しまれてきた植物に

毒があるなんて驚きですね。

 

初夏には街路樹や公園など

あちこちで紫陽花が

咲いているのを見かけ、

 

色彩豊かな花々に

癒されますが

 

愛犬家にとっては、

心配事の一つになります。

 

なじみ深く身近で楽しめる植物として

人気のある紫陽花ですが、

大切なペットがいる場合には

要注意ですね。

 

犬にとっても

猫にとっても

場合によっては重篤な症状を

引き起こす可能性がありますので

 

大切なペットがつらい思いを

しなくていいように

梅雨時期には気を付けてください。

 

万が一に備えた知識があれば

もしもの時に役立ちますので

ぜひ、紫陽花を

食べてしまったときの対処法を

 

しっかりと覚えておいてくださいね。


スポンサーリンク