Free-Photos / Pixabay

 

何もしていないのに

気付いたら

 

窓にヒビが入っていること

ありますよね。

 

冬場に起こることの多い

窓ガラスの熱割れ

 

小さなヒビだからといって

そのまま放置しちゃダメです。

 

ガラスの強度は落ちているから

何かのはずみで急に割れることも

 

近くにいると怪我をしてしまいますね。

 

それに、ヒビがあるとガラスも

簡単に破られそうだし、

防犯意識も低いと思われそう。

 

放置すると空き巣に狙われる

危険度もアップしちゃいます。

 

でも窓ガラスの熱割れって

どうして起こるのでしょうね?

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

何もしてないのに窓ガラスにヒビが!原因は?

 

Republica / Pixabay

 

何もしていないのに

窓ガラスにヒビが

 

入っているときは

熱割れの可能性が高いです。

 

この熱割れの原因は

ガラスの特徴と温度差の関係

 

ガラスには熱を吸収して

膨張するという特徴があります。

 

見た目ではわかりませんが、

ガラスは

太陽の日差しで温まると

膨張していきます。

 

でもサッシの中に

埋め込まれている部分の

ガラスには

 

日差しが当たらないので

冷えたままですよね。

 

このガラスの温まった部分と

冷えたままの部分の温度差が

大きくなってくる

 

すると膨張する力と

縮もうとする力の反発が起きて

限界になると起こるのが熱割れ

 

ガラスの温度差が原因になるので

寒い冬の午前中、

日差しで温まりだした頃に

起こることが多いです。

 

でもヒビを見つけても

いつからかは分らないし、

 

何かが当たったのかもって

思うこともありますよね。

 

でも熱割れと

何かが当たってできたヒビの

見分け方はわりと簡単

 

サッシの端から

垂直にヒビが入って

 

そこから蛇行するように

伸びていたら熱割れです。

 

防火用のワイヤーの入ったガラスや

複層ガラスなんかは特に起きやすいみたい。

 

その理由は、

ワイヤー部分は金属なので

温まりやすいから

 

複層ガラスも熱を通しにくいので

外側のガラスだけ温まって

温度差が出やすいんです。

 

防火用だったり

断熱効果が優れていたり

 

機能性ガラスには

メリットもあるけど、

 

こういうデメリットも

あったんですね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

空き巣やケガを防ごう!熱割れの対処法と、今すぐできる予防法

 

MichaelGaida / Pixabay

 

熱割れを見つけたら放置せずに

修理や交換の

依頼をしたほうがいいです。

 

ガラスの強度が落ちているので

通常の状態よりも

割れやすくなっています。

 

地震や強風で突然割れたときに

近くにいたらケガをしてしまいますね。

 

それに、ワイヤー入りのガラスだと内部に

水分が入り込んで

ワイヤーが錆びてしまいます。

 

そのまま錆が浸食するとさらに

割れやすくなって危険ですよね。

 

業者さんが

すぐに来てくれないときは

 

ガムテープを乗せるように

そっと貼ったり

 

ダンボールで強風が当たらないように

しておくといいようです。

 

でも、これをすると割れていますよって

教えているようなものだし、

防犯的にはあまりよくないかな。

 

雨戸があれば閉めて置くのが

いちばん簡単で安全ですね。

 

ガラスの交換は安くみても2万円以上

大きなガラスや機能ガラスだと

もっと高くなります。

 

熱割れが起こるまえに

予防しておきたいですね。

 

今すぐできる予防法は5つ

 

・暖房や冷房の風が

窓に直接当たらないようにする

 

・カーテンやブラインドは

窓にくっつかないようにする

 

・窓際に物を置いたり

洗濯物を干したりしない

 

・窓ガラスにフィルムや

ポスターを貼らない

 

・ゴムパッキンが

切れていたら交換する

 

窓ガラスに温度差が

できにくいように

するのがポイントですね。

 

私がよくやってしまうのが

カーテンレールに洗濯物を干すこと

 

洗濯物に押されてカーテンも

窓にぴったり

くっついていることが多いです。

 

あと、窓にデコレーションシールも

貼っちゃっていました。

 

ダメだったんですね。

洗濯物干す場所を変えないと…

 

ゴムパッキンの交換は

結露がサッシの間に溜まって

 

凍ってしまうのを

予防するためです。

 

ちょっと面倒だけど

結露もちゃんと拭いた方が

よさそうですね。

 

 

まとめ

 

StockSnap / Pixabay

 

窓ガラスの熱割れって

ガラスが膨張する特徴と

温度差に関係があったんですね。

 

洗濯物を干したり、

デコレーションシールを貼ったり

 

窓ガラスに温度差ができやすいことを

今までしてしまっていました。

 

断熱性能の高い複層ガラスが

熱割れを起こしやすいのも意外

 

割れちゃったら

すごく高くつきそうだし

予防対策しっかりしておきたいです。


スポンサーリンク